ミスミソウ 【三角草】 (1) (ぶんか社コミックス)

著者 :
  • ぶんか社
3.92
  • (84)
  • (77)
  • (75)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 669
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784821185757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック

  • 「僕だけがいない街」毒充満悪意凝集版。

    雪に埋もれた町、という舞台について。
    地図が見えなくなる。ましてや同じ中学の集う町。
    出会えばそこが名前通り舞台になり、必然的に事件。
    地図や地理を意図的に曖昧にすることで、夢幻劇の相を持つことになる。

  • 雛見沢症候群を彷彿とさせる村の人間たちの狂いっぷり。主人公の復讐ターンはスカッとさせられるけど佐山にはもっと痛い目見て欲しかった…。「田舎っていいよね」と根拠のない漠然とした憧れを持つ都会人に自信を持ってオススメしたい。

  • 廃校寸前の田舎の中学校に転校してきた主人公が、壮絶ないじめにあい、家を燃やされ家族を失ってしまう、というところから始まる悲惨なお話し。その後、被害者と加害者と関係者の絶望的な心の闇が、これでもかと描写され、救いのない結末を迎えることとなった。ぶんか社コミックス全3巻。新装版も出ており、アクションコミックス全2巻(上下巻)。

  • ひいいぃぃぃぃドス黒い。これでもかと漆黒に塗り潰されたドス黒さ。久し振りに読んだけどこの漫画を何年も開いていないのが察せられるぐらい胸糞。
    いじめもそうだが、喜々として家族を焼き殺してしまうクラスメイトの軽さと慕い、慕われていた妹の変わり果ててしまった姿、家族の死の重さが漂う空気の凄まじさ。
    あと、妹の焼け焦げてしまった姿を念入りに描写する容赦しないあたりに著者は正気かと。
    っていうか、「でろでろ」からこれが来たからその当時、凄い衝撃受けたよな。
    そして、今はハイスコアガールと振れ幅の広さといい、早筆も重なって類稀なる才覚ですね。

  • ハイスコアガールから押切先生を知って、他の作品もと手に取った作品ですが・・・。
    同じ心構えで読むと痛い目を見ることがわかりました!(iДi)
    酷いいじめ描写が見ていて辛いです。
    次巻から反撃が始まるのかな・・・。とりあえず読んでみます。

  • 全3巻、完結。完全版あり。

  • ウワアアア!救えない漫画!残酷すぎるよーorz嫌いじゃないけど。裏切られる展開は多めでよかった^^

  • 完結全3巻

  • 暗い救いようがない話。絵があまり綺麗じゃないのにビクッとさせる怖さがあるのはすごいと思った。

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ミスミソウ 【三角草】 (1) (ぶんか社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする