ミスミソウ 【三角草】 (1) (ぶんか社コミックス)

著者 :
  • ぶんか社
3.92
  • (84)
  • (77)
  • (75)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 669
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784821185757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホラーだけど悲しい

  • ホラー雑誌に描かれた問題作。どういう展開になるのか2巻が気になる。

  • ギャグもシュールもないホラーです。しかし絵柄は普段と変わらないので、他作品を読みつけている人には、トラウマ感が倍増すること請け合い(ヒロイン春花の父親とか……)。
    ヒロインとヒーローのあやうい美しさが、ガラス玉のような瞳とべったりと塗られた不安定な輪郭の黒髪から成っており、それが、舞台となる村の、真っ白な背景の中に置かれることで、非常に心が打たれます。
    ものすごくどうでもいいんですが、留美を個性派美少女に替えれば、案外アイドル映画の企画としても有りのような気がしました。ヒロイン役のプロモーションとしてとても優秀だと思う。

  • 必読!

  • まったくギャグなしです。
    完全にホラーです。
    押切先生、やっぱりこういう作品も書けたんですね。
    そして、書きたかったのかな?
    今までの作風が作風なので、すんなり入れるホラーです。
    ネットでの「カイキドロップ」では、このテのイラストもかなり書き下ろされていますし。
    とにかく、今後に期待です。

  • 田舎の学校に転校してきた春花は、陰湿ないじめの標的に。帯に押切蓮介初の本格ホラーとありました。ということでギャグではないです。ホラーとして楽しめると思います。

  • キた。

  • 精神的にくる。こういうのも書くのか…ゆうやみもシリアスだけど…

全64件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする