ミスミソウ 【三角草】 (3) (ぶんか社コミックス)

著者 :
  • ぶんか社
3.98
  • (49)
  • (45)
  • (36)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 403
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784821188178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全3巻、一気に読んだ。

    決して後味の良くない悲劇だが、これを狂気と言ってしまうセンスは僕にはない。その理由は単純で、誰もおかしくないからだ。

    人が無慈悲に残酷に殺される。それは漫画と言えども目を背けたくなることである。

    しかし、この漫画で殺人を犯す人間に、理解不能な壊れた人間などいない。壊れていないからこそ殺さざるを得なかった。

    殺人を肯定するつもりはないが、それが事実であれ虚構であれ、悲劇と言うより他に言葉は必要ない。

    なぜ殺したのか。誰が悪いのか。もっと他に解決方法はなかったか。そんなことに直結してしまう短絡思考こそ、イカれてはいまいか。

    人が殺され、命が奪われた。そこで真っ先にするべきことは、悲しむという行為だ。

    心の底から悲しむこと。ただ悲しむこと。それができない人間は、いつか人を殺す。あとは単なる確率の問題だ。

    春花が最後に雪原へ放つ、たった四文字のひらがなは、すべての罪を代弁する。

    なんて悲しい物語なのだと、僕は思った。

  • 3巻で登録。こんなマンガみたことなかった。これを描き切った押切先生は本当にすごい。登場人物の表情がいちいち怖い、切ない。
    しょーちゃんが出てくるところはほとんど涙ぐんだ。
    まさかの相場くんの"変態っぷり"に背筋が凍った。そして春花がどこまでいっても美しい。最後、あの人を倒すために振り返り、想いを巡らせて目に涙を浮かべる場面、家族に想いを馳せるシーンは本当に辛かった。
    救いがない。「あの時ああなってれば……」と、しても何も意味がないのに悔んでしまう。
    人には推薦しにくい(実際1人にすすめて「鬱になった」と言われた)けれど、読めば普段自分が"人の気持ち"や"家族"をどう見ているか考え直す機会になると思うので、是非。
    テーマソング:Insomnia/the HIATUS
    Antibiotic/ 〃

  • 虐待や苛めに歪む子供たちを描いた作品がこれほどまでに描かれるのは、現実にそう言う子供が見えない所で苦悩し、絶望しているからだろう。

  • 「僕だけがいない街」毒充満悪意凝集版。

    雪に埋もれた町、という舞台について。
    地図が見えなくなる。ましてや同じ中学の集う町。
    出会えばそこが名前通り舞台になり、必然的に事件。
    地図や地理を意図的に曖昧にすることで、夢幻劇の相を持つことになる。

  • 凄まじい負のパワー。
    負が負を呼ぶって言う、超負の連鎖地獄。
    「サユリ」と違い超常現象ではなく人間そのものの悪意の話なのである意味こっちの方が怖いです。
    登場人物全員と言っていいほどの負のパワーに圧倒されます。
    毒度:★★★★★

  • 3巻にて友人相場晄の家庭が明かされる。彼の両親は共依存関係に陥っており、彼は暴力を振るう父親から母親を引き離した。しかし共依存症者である母親を救うことができずに、彼自身が依存症者となってしまう。シリーズを通して、無力な子供と、大きな影響を与える家庭環境。これにどう向き合うかが大切である。親が悪いとしてはいけないとは言うが、(統合失調症の遺伝と環境に関する知見からしても)善悪抜きにして、原因を抱えるのはやはり家庭なんだな、と。

  • この突き放しである。この突きつけである。誤魔化すわけでもなく、濁すわけでもなく、ぼやかすわけでもなく、まざまざとこの目を覆いたくなる惨状、とち狂ってしまった世界を描き切った著者に感服。
    この何も生まない、生ませない現状とこう進むしかなかったのかという後を引く後悔の念が渦巻く中でのこう進むしかなかったやるせなさが胸を引き裂かんばりに襲う。
    はぁーこんな未来しかなかったのかね。ほんと、この哀切はやるせない。

  • やっぱり救いようは無いけれど
    しっかり受け入れられるエンディングです。(´・ω・`)

    なかでも登場人物の心情描写がかなり響きました。
    各キャラ不幸でどうしようもないけど、幸せになりたい。
    そう感じさせる部分が読んでいて泣けます…(´;ω;`)

    単なるグロ漫画だけで終わらせるのは勿体ない作品です。
    覚悟のある方はぜひ!

  • 表紙から悲しいお話かな?と思ったら猟奇的なお話でした。
    田舎の閉鎖的な空間にて、主人公への苛めがエスカレートして家族にまで被害が及び、主人公が復讐に走るお話です。
    いじめる脇役にもそれぞれ個性があって、救いがない話なんですけど読了感はそこまで悪くはないです。絵が個性的ですきです。

  • 寒い冬が終わり、春が訪れるまでの描写が美しすぎて、この漫画で完璧に押切漫画に惚れました

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする