私たちは繁殖している (1) (ぶんか社コミックス)

著者 :
  • ぶんか社
3.30
  • (10)
  • (17)
  • (56)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 192
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784821193981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 友人のおすすめで。
    妊娠・出産エッセイマンガ。
    開き直ったエロ具合と、子どもに対する愛情が、どっちも自然体で描かれてて面白い。中村うさぎに通じる率直さ。珍しいもの好きなら読んでみても良いんじゃーないでしょうか。自己責任だけどw
    この人の絵、色気があって好きだな~

    12巻まであるなら読み応えあるなあ。なぜか図書館に並んでるので、気ままに借りて読みたいものです。

  • 何か孕んでみたい夜に。

  • 下品なエピソードもあって、凄く共感したわけではないけど、でも面白かった。自然体で良い。こんな風に肩の力を抜いて育てられると、ストレスが無くて子どものびのびできるのかなーっておもった。うちの親は、こうあるべきっていう信念の強い人だったから。
    実際のところ、このお子はどんな大人に育ったのか気になる。

  • 赤ん坊に黄疸が出て医者に母乳をやめるように言われた作者はどうしたか?動物が動物を育てるのに自分の身体を信じずしてどうする!?

  • おもしろい( ´ ▽ ` )
    はちゃめちゃなようで、子育ての核心を突いているところもチラホラ。

  • 妊娠、出産、育児の漫画です。
    私はお子さまには、全然関係ないのですけど、姪っ子ができたときを思い出しました。

    普通じゃないところが面白いですね。
    さすが内田春菊。

  • 2010.8.11 紹介

  • 帯表
    あなたの育児は正しい!!
    出産・育児に対する不安や悩み解消!
    この一冊でもう迷いません!!
    子育てマンガ
    帯背
    子育てマンガの決定版

  • 作者は「育児漫画ではないしフィクションです」と断言しているが、育児漫画と言っていい内容の濃さ。参考にするのは危険だが、こんな妊婦・育児があってもいいじゃないと思わせてくれる一冊。
    形にこだわった育て方より愛情あふれた我流なのよね。

  • 自分自身、お産が近くなってきたこともあり、妊娠中に読んでおもしろかった&役立った本を紹介したくなりました。

    この本は内田春菊さんの妊娠・出産マンガです。
    たいていの妊娠・出産本はわりに母性を強調したものが多いですが、ここにはそういうのはいっさいなし。 自然体で楽しく育児をしている様子が描かれている中に、たまにヘビーでブラックなエピソードもあり、さらに、何かがあったときに産科の医師に相談しないと聞けないようなちょっとした小話もあり、イメトレ&ストレス解消&ためにもなる(自分の症状と関係なかったら関係ないんですけれどね^^;)マンガだと思います。


    この本との出会いは、タイトルに色の名前がつく前のハードカバーだった頃で、独身時代からけっこうヘビロテで読んでいました。今から思えば当時の私は、いつか経験する妊娠・出産について(あくまで体験談として)少しずつイメージしていたんですね。


    そしてピンクの巻では妊娠だけでなく、作者が体験した流産や子宮外妊娠についても描かれており、一妊婦の体験談として読めるようにもなっています。


    ただ、悲しいかな、このシリーズで私がお勧めできるのはタイトルのあとに色の名前がついている巻のみです(ほかにブルー、レッド、グリーンがあります)。
    それ以降に出版された巻(文庫化されたものにはバトルというものがあり、大判で出版されている6・7・8巻に相当する巻のこと)は、育児の話も多少あるのですが、内容の多くは義父や義母、その他身内になった方たちに対する悪口のオンパレード。私は6巻を読んでさすがに辟易してしまったので7・8巻は未読ですが、呼んだ方のお話を聞くと私が辟易した6巻よりひどい内容になっているとのこと。
    読まれるならその辺を覚悟していただいたほうがいいと思います。


    でも、5巻まではおもしろい内容になっていると思いますので、そこまでならオススメできます。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年長崎県生まれ。漫画家、小説家、俳優、歌手。1984年に漫画家デビュー。1994年『私たちは繁殖している』『ファザーファッカー』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。その他の作品に『南くんの恋人』『あなたも奔放な女と呼ばれよう』など。私生活では4人の子どもの母親(夫はいない)。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡崎 京子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×