変革せよ! IT部門

著者 : 長谷島眞時
  • 日経BP社 (2016年5月19日発売)
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822236489

作品紹介

「軽薄なIT部門不要論こそ不要な議論」「ITを分からない経営者に喝!」「CIO(最高情報責任者)はIT部門を再生させる覚悟はあるか」――。元ソニーCIOが吼える!

 ソニーのCIOとしてIT部門を経営に資する組織へと変革した著者は、多くの企業で弱体化し経営や事業部門から省みられなくなったIT部門の現状に警鐘を鳴らす。ビジネスのデジタル化、つまりデジタルビジネスの成否が企業の将来を決める時代に、IT部門が今のままでは日本企業はグローバル競争で必ず負ける。

 そんな危機感からIT部門の再生・変革に向け、著者の技術者、そしてCIOとしての経験や知見の全てを語り尽くしたのが、この一冊だ。まず経営者を一喝。CIOが経営者に主張すべき5つの事を明確にした後、IT部門が経営やデジタルビジネスに貢献する組織となるための方策や、IT部員が“幸せ”に働くための道標を具体的に示す。

 著者がCIO時代に丁々発止とやり合った当時の経営者らとの対談や、“IT部門不要論”を展開する論客との対決も併せて収録した。CIOやIT部門の若手マネジャー、そしてITをもっと活用したいと考える経営者にとって待望の一冊!

変革せよ! IT部門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • IT部門やCIOに向けた応援メッセージとでもいうべき書籍です。

    これからの時代ITを経営の武器とするためには、安易にITを外部にアウトソーシングすべきではない、という主張には非常に共感が持てます。
    そういった意味でも、自社内のIT部門を経営戦略の一翼を担えるように生まれ変わらせなければならない、というのは正にその通りです。

    問題は、果たしてそのような考えを経営者が持っているのか?ということと、肝心のIT部門やCIOがそれに応える意識を持っているか?ということです。
    経営層とCIO(IT部門)との間ですでに信頼関係か築けている組織であればそう難しくは無いと思いますが、多くの企業ではそうではないというのが実情ではないでしょうか。

    企業におけるITに関わる人間として、道は険しいと言わざるを得ませんが、本書によって勇気を与えられたような気がします。

  • 新たにCIOやIT部門長へ就任した方に読んでもらいたい本。

    企業におけるIT部門の重要性を説き、IT部門関係者を鼓舞する内容になっていると思う。
    IT部門再生に関わる者として、問題意識やあるべき姿には共感する箇所が多い。
    しかし、これを実践できるCIO、IT部門長が少ないのも事実。収録されている対談のように、経営と1対1で腹を割って話す関係が構築出来ている人は、そもそも少ないのではないか。

  • IT部門は事業部門の御用聞き(すなわち言われたことをやる)になってはならないなどが述べられている。至って普通の内容でした。

全3件中 1 - 3件を表示

変革せよ! IT部門のその他の作品

変革せよ!IT部門 Kindle版 変革せよ!IT部門 長谷島眞時

長谷島眞時の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
リチャード・P・...
内田 和成
平野 敦士 カー...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

変革せよ! IT部門はこんな本です

ツイートする