経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点 教養としてのバブル熱狂と閉塞感の裏側

著者 :
  • 日経BP
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822237387

作品紹介・あらすじ

今の日本経済を正しく理解するために
過去の「転換点」を深く知る――
「日経ビジネス」の人気連載、待望の書籍化!

バブル経済、デフレ、人口減少・・・。
ビジネスの現場でよく使われるわりには深く知らない経済のキーワード。
学校で体系的に教わらない知識の盲点です。

教養として知らないと恥ずかしいだけではありません。
過去への理解が浅ければ、現状認識を誤り、仕事の成否に関わります。
本書では、そんな11のキーワードを歴史の転換点を探りつつ整理します。

【本書の特長】
(1)「テーマ別年表」
 11のキーワードすべてにテーマ別年表を用意。重点的に知りたい分野の流れを追うことができます。
(2)「図表」を豊富に用意
 地価や賃金などの推移のデータから、立体的に理解を深められます。
(3)「歴史の転換点」をしっかり明示
 アジア通貨危機と日本の賃金低下の関係など、断片的になりがちな知識の因果関係をクリアにします。
(4)各章に「ポイント」
 各章の冒頭で、要点を箇条書きにまとめました。

【主な内容】
 ● バブル経済・・・元日銀理事は、今も苦悩する
 ● デフレ・・・20年間で、日本人の賃金は平均14%下がった
 ● 人口減少・・・「少子化」の“初観測”は1992年
 ● 日米経済摩擦・・・繊維は生き残り、半導体は撃沈した
 ● 日本型経営・・・松下電器元社長は、香港の倉庫で驚嘆した  ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日経ビジネスの編集委員である著者がバブルやデフレといった現在日本の社会で問題となっていることについて経済に精通したその知識と経験から転換点と問題点を解説した一冊。

    本書を読むことでバブルや年金問題、少子高齢化、日米や日韓との外交などの問題を経済に精通した著者ならではの切り口で解説されており勉強になりました。
    また、ポイントや転換点や年表が書かれており、各キーワードが整理して理解できる内容になっており、理解が進みました。
    本書のなかでも他国の少子化対策のための国策や東芝や日立、自動車産業と半導体産業など明暗を分けた企業や業界のその理由も知ることも出来ました。

    政治や経済において確実に転換点がありそこから方向性が変わってきていることを本書を読んで感じるとともに、税負担感の改善や年金抑制など国家の施策が後手後手に回っていることも感じました。
    本書は経済史を様々な視点から捉えることのできる一冊だと感じました。

  • バブルはなぜ起こったか
    中高年の賃金は20年前から14パーセントダウン

  • ★バブル経済、デフレ、財政赤字、社会保険料の増大といった課題の要因を解説する。現状理解のためや今後のために重要な分析だし、教養として知っておくべき知識だが、失敗の歴史をこれだけ見せられるとさすがに萎える。

  • 東2法経図・開架 KW/2017//K

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

日経ビジネス主任編集委員/日経トップリーダー主任編集委員1981年大学卒業後、全国紙を経て88年に日経マグロウヒル(現・日経BP社)入社。日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員、13年から同誌主任編集委員。15年から日経トップリーダー主任編集委員を兼務。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。著書に『マネー動乱』(日本経済新聞出版社)、『日本電産 永守重信、世界一への方程式』(日経BP社)など

「2017年 『経済ニュースの「なぜ?」を読み解く11の転換点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村賢司の作品

ツイートする