社長が知りたいIT 50の本当

著者 :
  • 日経BP
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822237592

作品紹介・あらすじ

「本当はどうなのか」。“第四次産業革命”の話に納得していない社長から質問されたら説明できますか。革命とはAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)によって社会や経済が一変するという話です。
「うちの取り組みはどうなっている」。革命の話に共鳴した社長が聞いてきたら答えられますか。
「革命どころか、我が社のIT(情報技術)利用は失敗続き。これ以上損を出さないように」と命じられたらどうしますか。
社長の疑問に答えるためには「ITの本当」について日頃から考えておく必要があります。
本書はAIやIoTといった新しそうに見える話題から、情報活用、情報システムの企画、開発、運用といった積年の懸案に至る、合計50のテーマについて解説したものです。
単なる用語の説明ではなく、社長すなわち経営者や事業側の幹部が疑問に思う点と、情報システムのプロフェッショナルの回答例をまとめています。
社長や経営幹部と情報システムのプロが「ITの本当」を知り、協力できるようになるための一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 情報システム部門の責任者のための、社長からの想定問答集という趣旨の本だった。まあ、今の自分には直接要らないんですが、情報システム部門とは関わりのある身なので、助けるために使えたらとは思う。

  • 情報システムに関係していたら誰しもが経験する、上司やクライアントからのあらゆる「どう思う?」に対する考え方。最新知識や現場の情報をふまえつつ自分としての考えを常に考えて準備しておくことが必要。データマネジメントとソフトウェアの問題についてはよく現場で出るトピックかと思うため参考になった。

全2件中 1 - 2件を表示

谷島宣之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×