ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

  • 日経BP
4.06
  • (564)
  • (438)
  • (426)
  • (14)
  • (10)
本棚登録 : 5907
感想 : 423
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822242633

作品紹介・あらすじ

『ビジョナリーカンパニー』の著者が7年ぶりに書き下ろす飛躍企業11社の秘密。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経営者の自伝や一般的なビジネス書とは異なり、データを元に分析した内容と、その分析に至るまでの過程が書かれている。勉強になる話が多くて面白い。

    以下、本書より抜粋。
    「結果が悪かったとき、窓の外ではなく鏡をみて、責任は自分にあると考える。他人や外部要因や運の悪さのためだとは考えない。」

    「運転手には、『サーキット・シティの従業員のうち、顧客に最後に接するのが君だ。制服を支給する。髭を必ず剃り、身体をいつも清潔にしていなければいけない。プロになってほしい』と話した。」

    「バスから降ろすべきかではなく、採用すべきかが問題だと想定した場合、その人物をもう一度雇うだろうか。その人物がやってきて、素晴らしい機会があるのて会社を辞めると話したとするなら、深く失望するだろうか、それともそっと胸をなでおろすだろうか。」

    「最後にはかならず勝つという確信、これを失ってはいけない。だがこの確信と、それがどんなものであれ、自分がおかれている現実のなかでもっとも厳しい事実を直視する規律とを混同してはいけない。」

    「針鼠の概念と3つの円。情熱をもって取り組めるもの。自社が世界一になれる部分。経済的原動力になるもの。」

    「高収益をあげた年には社内の全員が潤う。」

    「ほんとうに問題なのは、『なぜ偉大さを追求するのか』ではない。『どの仕事なら、偉大さを追求せずにはいられなくなるのか』だ。『なぜ偉大さを追求しなければならなのか、そこそこの成功で十分ではないのか』と問わなければならないのであれば、おそらく、仕事の選択を間違えている。」

  • 前書『ビジョナリーカンパニー』の続編として出版されているが、内容としてはこちらが前編と言える。前書が扱ったのは偉大な実績をあげている企業を、偉大さが永続する卓越した企業にする方法であるが、本書では良い組織を偉大な実績を持続できる組織に飛躍させる方法を扱っている。

    本書は企業の変化の過程を3つの大きな段階に分けて考えている。そして、各段階それぞれに2つの主要な概念を含んでいる。
    ①規律ある人材
    ②規律ある考え
    ③規律ある行動
    この3段階を継続した行動で推し進めることで偉大な企業へと進化する。

    その中でも第5章が最も印象的であり、②に関連する針鼠の概念は個人の考え方としても応用ができる。
    針鼠の概念とは、ある3つの円が重なる部分に関する理解から導きだされる、企業の資質である。
    ・自社が世界一になれる部分はどこか
    ・経済的原動力になるものはなにか
    ・情熱をもって取り組めるのはなにか
    この3つの円を深く理解することで針鼠の概念を確立できる。
    針鼠の概念は企業だけでなく個人としても同様だ。
    自分が働くうえで、持って生まれた能力にぴったりか、それで十分に稼げるのか、情熱をもって取り組めるのか(これが1番難しいか)、これらを考えることが自分の生き甲斐、天職を見つける大きなポイントになるのではないかと思う。

  • 学生時代にこの本読んだことがあるんですが、
    その時は自分の心が準備できていなくて、
    今一つピンとこなかったのです。。
    今回、社内研修の指定読書だったので、
    もう一度チャレンジすることになりました。

    前回読んだ時は、「誰バス」の話しか記憶に残っていません。。
    (そういう人、結構多いのではないかと思います、笑。)

    この本が偉大な本であることは疑いようがないのですが、
    改めて再読してみて、以前の自分よりは
    より心にしみてきたのではないかと思います。

    キーワードで言うと、
    ・第五水準のリーダーシップ
    ・だれをバスに乗せるか
    ・厳しい現実を直視
    ・針鼠の概念
    ・システムを管理
    ・新技術にふりまわされない
    ・弾み車
    この辺りが(乱暴に言うと)ビジョナリー・カンパニー(偉大な会社)への道ではあるのですが、
    中々上手にキーワードにしたなぁ…と感心する一方、
    本を読まないと何のことを言っているのか意味不明だと思います。

    一方、結構キーワードが抽象的過ぎて、
    例えば「針鼠の概念」って言いたいことはよく分かるけど、
    実際に「世界一になれる領域」を探すのは並大抵のことではない…。
    「誰バス」も日本企業では(或いは自分のチームでは)、実践することは相当なハードルがある。
    だからこそ、ビジョナリー・カンパニーになれる企業は限られているのだろうけど。。

    という訳で?、ビジネスマンなら、一度は読むべき本かもしれません。
    読んだところで、実践できるわけではないけれど、
    それでも読んだ方が良い一冊なんだと思います。

  • 前作に続き良本

    GOOD TO GREATに飛躍するための要諦がファクトをもとに分析され、述べられている

    特に印象的なのは、会社として何をするかを決めるより、誰とするかが大切であるということ。変化に対応して、継続的に成長する組織においては、"適切な人員整備"が何よりも大切とのこと

    その他学びは多い

  • 第五水準の指導者に導かれたい。
    でも私はバスから下されないか心配になりました。

  • この1冊も、私の中ではリーダーシップについて深く考えさせてくれる、座右の1冊。

    近著のビジョナリー・カンパニー④で、この考え方を発展させているが、すべてここで述べられているコンセプトに基づいている。

    その中でも、常に立ち返っている考え方は、以下のコンセプト。

    『第五水準のリーダーは、職業人としての意志の強さと、個人としての謙虚さという、矛盾した性格を持ち合わせている』
    個人としての謙虚さ
    →驚くほど謙虚で、世間の追従を避けようとし、決して自慢しない
    →野心は自分個人にではなく、企業に向ける。次の世代に一層の成功を収められるように、後継者を選ぶ
    →鏡ではなく、窓を見て、他の人たち、外部要因、幸運が会社の成功をもたらした原因だと考える
    →静かな決意を秘めて行動する。魅力的なカリスマ性によってではなく、主に高い水準によって、組織を活性づかせる

    『まずはじめに、適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、その後にどの方向に行くかを決めることである』

    『偉大さを導く姿勢のカギは、ストックデールの逆説にある』
    →ポジティブ:どれほどの困難にぶつかっても、最後には勝つ、という確信を失ってはならない
    →ネガティブ:それがどんなものであれ、自分の置かれている現実の中で、最も厳しい事実を直視しなければならない

  • 突拍子もないことが書かれているわけではないが、参考になる。
    キーワード: Level 5 Leader, Get Right People on the Bus First, Hedgehog Concept, Flying Wheel Concept

  • 規律の重要性。まず適切な人をバスに乗せてから役割を振る。第五水準の視点。
    これらのことがとても論理的に書かれている。
    また読み返したい本。独立を目指している人は読むべきだと思う。

  • 1より2の方が役に立つと教えてもらったので読んでみました。結論から言うと、おっしゃる通り一般的には本書、2の方が具体的であり実際のビジネスに活かしやすいでしょう。こっちを読んでから1を読んでも良い気がします。
    本書の中でも語られている通り、2では「ビジョナリーカンパニーになるのに必要な要素とは?」という部分に焦点をあてられており、1では「ビジョナリーカンパニーがビジョナリーたる所以は?」という部分に焦点があてられています。
    1と2、どちらも読みやすくテンションが上がってくる良書なのですが1を読んだ際は「ふーん」という感触が多かった気がします。BHAGとか基本理念という話をされても、社会人2年目の自分には少しイメージが大きすぎた気がします。
    それに比べると本書2はかなり具体的な部分に突っ込まれて書かれており、各論において明日から試してみようと思えるほど新鮮なネタにあふれております。特に針鼠の概念の部分はとても参考になる内容で溢れていた。普通に読むと当たり前のような単純な事に思えるのだが、実際に出来ているかというと甚だ怪しい。1を改めて読み、本書の概念をまたしっかり身につけたいと思う。

  • はりねずみや弾み車の法則、バスから降ろす話 等々、たくさんの気づきを得た。
    弾み車の法則は引き寄せと同じだな。

全423件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』(Built to Last、ジェリー・ポラスとの共著)をはじめとする世界で1000万部超のロングセラー『ビジョナリー・カンパニー』シリーズの著者。米コロラド州ボールダーの研究ラボを拠点に四半世紀以上にわたって偉大な企業を研究、経営者から絶大な支持を集める。2017年にはフォーブス誌の『現代の経営学者100人』にも選出された。著書に『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』(Good to Great)、『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』(How the Mighty Fall)、『ビジョナリー・カンパニー4 自分の意思で偉大になる』(Great by Choice、モートン・ハンセンとの共著)。

「2021年 『ビジョナリー・カンパニーZERO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジム・コリンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
板倉 雄一郎
デールカーネギ...
デールカーネギ...
柳井 正
大前 研一
水野 敬也
ルイス・V・ガー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×