ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

制作 : 山岡 洋一 
  • 日経BP
4.03
  • (499)
  • (393)
  • (405)
  • (13)
  • (9)
本棚登録 : 4708
レビュー : 377
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822242633

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • bookloversで神田正典さんがおすすめ
    全米の全企業からさらに優良企業(good)を1500社程度に絞り、そのなかから、15年にわたって株式運用成績が3倍を超えるという厳しい基準(Great)に残った11社について、なぜGreat足り得たかを分析した本。
    肝腎要の基本原理を見切って、そこに愚直に注力していること(ハリネズミの戦略)、人を選んでから目標を選ぶ(第五水準のリーダーシップ)に大きな特徴があることを分析している。
    企業の経営者としてどうあるべきかを考えたいときに一読するのも良いかもしれない。
    ただ、アメリカ的な成功(金基準)なので、幸せと直結するかどうかは、慎重になる必要がある。(もう少し読み込みが必要かもしれないが)

  • 残念ながら弊社はまだGoodですらないかもしれないが、偉大な企業の特質を押さえておいて当然損はない。

  • 良い企業が偉大な企業になるためには、その共通要素はなんなのかということを莫大な調査のもと明らかにしたものをまとめた本。もちろん簡単ではないが、参考になる部分は少なくなく面白い。

    <メモ>
    ・第五水準のリーダーシップ 個人としての謙虚さと職業人としての意思の強さを兼ね備えたリーダー。
    ・最初に人を選び、その後に目標を選ぶ。
    ・厳しい現実を直視する。(勝利への確信は失わない)
    ・ハリネズミの概念
    ・規律の文化 規律ある人材に恵まれていれば階層組織は不要なはず。規律の文化と起業家の精神を組み合わせれば、偉大な業績を生み出す魔法の妙薬になる
    ・促進剤としての技術 
    ・はずみ車と悪循環 巨大で重い弾み車を一つの方向に回し続けるのに似ている。
    ・ハリネズミの概念 情熱を持って取り組めるもの+経済的原動力になるもの+自社が世界一になれる部分 この三つが重なる部分に資源を集中させる。
    ・中核事業で世界一を目指す。

  • この本を読むきっかけが何だったかを思い出せない。マインドフルネス関係でやたらと引用されていたんだっけ?

  • ・良好(グッド)は偉大(グレート)の敵である。偉大だといえるまでになるものがめったにないのは、そのためでもある。

    ・飛躍を指導したリーダーは万事に控えめで、物静かで、内気で、恥ずかしがり屋ですらある。個人としての謙虚さと、職業人としての意思の強さという一見矛盾した組み合わせを特徴としている。

    ・偉大な企業への飛躍を指導したリーダーは、まずはじめに新しいビジョンと戦略を設定したのではなく、最初に適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、適切な人がそれぞれにふさわしい席に座ってから、どこに向かうべきかを決めている。「人材こそがもっとも重要な資産」という格言は誤り。人材が最重要の資産なのではなく、適切な人材こそがもっとも重要な資産なのだ。

    ・第5水準の指導者は成功を収めたときは窓の外を見て、成功をもたらした要因を見つけ出す(具体的な人物や出来事が見つからない場合には、幸運をもちだす)。結果が悪かったときは鏡を見て、自分に責任があると考える(運が悪かったからだとは考えない)。

    ・偉大な企業になるには、3つの円(経済的原動力になるもの、自社が世界一になれる部分、情熱をもって取り組めるもの)が重なる部分を深く理解し、単純明快な概念を確立する必要がある。その際のカギは、自社が世界一になれない部分はどこかを理解すること(世界一に「なりたい」分野ではない)。

    ・経済的原動力になるのが何かを見つけ出すには、最大の影響を与えるひとつの分母を探し出すべき(企業ならX当たり利益)。

    ・規律の文化には二面性がある。一方では一貫性のあるシステムを守る人たちが必要だ。しかし他方では、このシステムの枠組みのなかで、自由と責任を与える。

    ・飛躍した企業は技術の流行に乗るのを避けているが、慎重に選んだ分野の技術の利用で先駆者になっている。技術は適切に利用すれば業績の勢いの促進剤になるが、勢いを作り出すわけではない。

    ・技術の変化にどう対応するか、動機の違いを見事に示す。偉大な企業は思慮深く、創造性豊かに対応し、自社の可能性を実現したいとの動機によって行動する。凡庸な企業は受身になって右往左往し、取り残されることへの恐怖によって行動する。

    ・偉大な企業への飛躍は、外部からみれば劇的で革命的だと見えるが、内部からみれば、生物の成長のような積み重ねの課程だと感じられる。最終結果がどれほど劇的であっても、偉大な企業への
    飛躍が一気に達成されることはない。決定的な行動、壮大な計画、画期的な技術革新、たったひとつの幸運、魔法の瞬間といったものはない。

    ・第5水準のリーダーたちが行った経営の本質は、「適切な人材」の選別、確信と現実直視、世界一戦略、規律文化の醸成に集約される。彼らの戦略は「どんな困難にぶつかっても最後には必ず世界一になれるのだという確信をもつと同時に、自分がおかれている現実を直視する」ということと、「規律ある人々との徹底的な対話を通じて自分たちが世界一になれる分野となれない分野を見極め、なれる分野にエネルギーと情熱を傾注する」という2つの原則を軸に構成されている。そして同時に、事業の原動力として最も重要な数値をわかりやすく指標化し、それを基に事業展開する体制を作り上げている。未来を信じると同時に現実を直視し、自らの強みと弱みを熟知した上で、単純で実行可能な戦略を地道に行動に移すことを第5水準のリーダーたちは着実に実践した。規律の文化と起業家精神を併せもつことが、偉大な業績の原動力となる。規律の文化=型。型は人を枠にはめるが、すぐれた型を体得すれば、動きに無駄がなくなり自由が保証される。型は獲得するだけで終わりではない。型には不断のフィードバックを通じて革新し続ける「守破離」という自己超越プロセスが組み込まれている。このような意味で、グレートカンパニーに飛躍した企業では優れた型が共有されていたということには納得がいく。偉大な企業を創造した経営者はカネ以外の社会的な使命感によって経営を行い、その結果資産を得たのでありその逆ではなかった。アメリカ型の経営というと、我々はすべてを分析的に捉え、「競争に勝つ」という相対価値を飽くことなく追求する経営スタイルを連想しがちだが、グレートカンパニーになった企業の指導者たちからは、一貫して「社会に対する使命」という絶対価値を追求する強い意志力が伝わってくる。 by野中郁次郎氏

  • 一度読んだだけでは良さがよくわからない。もっと読み込んでみないと。

  • 偉大な企業に共通する特徴の研究。
    個人レベルでは真似しづらい。

  • 約20年前に読んだものの続編だけど、話としての続きがある訳ではない。まあ普通にいい程度の会社がどうやって偉大な企業に変わったかをまとめたもの。これも渋澤健さんが講演の中で触れておられた本で、15年前に書かれている。結局、これがってことはないと云う結論に感じた。まあ、こうすればいいなんてもんは存在する訳ないと思うので当然ですが。

  • ・針鼠、世界を狙える仕事をやる
    ・優秀な人材のみをバスにのせ、他は下ろす。それから行き先を考えれば良い
    ・官僚制度は無能な人材が仕事をするために必要。有能なひとであれば官僚制度はいらない、規律が自然にうまれる
    ・偉大でありたいと思えることをやるべき。がんばれない、偉大になるべきかわからない、というのはやっている仕事が間違っている。世界を狙える仕事をやるべき

  • 参考にはなったが、駄目な企業をどう復活するかの話も聞いてみたい

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則のその他の作品

ジム・コリンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
板倉 雄一郎
ハロルド・ジェニ...
ジャック・ウェル...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする