ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

制作 : 山岡 洋一 
  • 日経BP
4.03
  • (499)
  • (393)
  • (405)
  • (13)
  • (9)
本棚登録 : 4709
レビュー : 377
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822242633

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 突拍子もないことが書かれているわけではないが、参考になる。
    キーワード: Level 5 Leader, Get Right People on the Bus First, Hedgehog Concept, Flying Wheel Concept

  • 上司に進められて読んでみました。'Good To Great'を達成した会社はどこが違うのか、という視点がテーマ。華々しくなく、これといった起点はその時点で感じず、実直に進めていった結果、実を結ぶというのです。本当に偉大とはそういうことかもと感じました。ただし、適切な人をバスに乗せる、こと自体が中小企業には難しいのでしょうが…

  • どうせ1巻の焼き直しだろう、と思って読まずにいたのですが、読んでみたら全然違いました。
    前作では「GREAT」な企業が「GREAT」であり続けるためにはどうしたら良いか、という主題だったのですが、この巻は「Not So Good」な企業が「GREAT」になるためにはどうしたら良いか、ということを主題にしていました。

    アプローチは前作と同じで、成功した企業と成功しなかった企業を複数選定し、両者を比較することによって成功につながる要素を抽出していく、というもの。
    「成功に欠かせないのはアイデアよりも適切な人間で構成されたチームである」というような結論には信憑性があり、考え方としてクリアです。
    他にも様々な知見が収められていて、参考になりました。

  • 業績(株価)を飛躍させ、維持し続ける事のできた企業と、
    そうでなかった企業との違いは何か?
    その違いについて分析された本。

    ハリネズミの概念における三つの円
    ・情熱を持って取り組めるもの
    ・世界一になれる部分
    ・経済的原動力になるもの

    会社の経営だけでなく、個人の人生、仕事についても
    応用できる部分だと思う。
    この三つの円に収まる仕事を見つける事ができたならば、
    飛躍した人生を送ることも可能になるのだと思う。

  • ・最初にバスに乗せる人を選び、次に目的地をきめる
    ・経済的原動力になるもの、世界一になれるもの、情熱を捧げれるもののスイートスポットを見つける

  • 経営の指針の1つになる。経営者の思考を辿る時に手がかりになる。

  • 謙虚で意思の強い指導者。適切な人材を選ぶ。単純・明快な戦略。世界一になれる分野に資源を集中し、情熱を持って愚直に取り組む。

  • 「『ビジョナリーカンパニー』は素晴らしい本だ。調査も素晴らしいし、文章も素晴らしい。でも、役に立たないんだ」。要は、ビジョナリー・カンパニーで紹介された企業は最初から偉大だった。だから役に立たないと。本書は、その反省のもとに「どうすれば偉大になれるか」について考察。起業したい人には、参考にしてほしい。

  • 不屈の精神・謙虚さ→リーダーに必要な資質
    適切な人材が企業にとって重要
    自分の強みを見極め活かす方法を考えることが重要

  • アメリカのビジネス書を読んでいると、やたらこの「ビジョナリー・カンパニー2」への言及が出てきます。
    「なんで2なの?1じゃないの?」という疑問とともに本著を手に取ったのですが、なるほど。1は偉大な企業についての分析、2は普通の企業が偉大な企業に変化した要因を分析したもので、確かに2の切り口の方が面白い。
    1を読まずに2から読んでいいのかな…とも思ったのですが、別に問題無さそうです。(読んでおくに越したことは無いのでしょうが)原題は「GOOD TO GREAT」でナンバリングされてません。

    何を売るかよりも「誰をバスに乗せるか(=誰と一緒に仕事をするか)」がまず大事、その上で考え抜いて単純明快な戦略を創り上げて進んでいく。行き当たりばったりでお買い得だからと企業買収をしてもダメってコトか。
    カリスマ経営者を外部から招聘した企業よりも、一見地味に見える生え抜きの経営者の方が偉大な企業になっていて、見かけの華々しさにとらわれても意味がない。地道に弾み車を回して、回し続けて勢いをつけていく取り組みが大事だと。

    さすが色々な本で言及されるだけのことはある名著。考えさせられます。ついつい自分の今の勤務先とも照らし合わせながら読んでしまいました。

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則のその他の作品

ジム・コリンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ルイス・V・ガー...
ロバート キヨサ...
ハロルド・ジェニ...
デール カーネギ...
ジャック・ウェル...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする