渡邉美樹のシゴト進化論

著者 :
  • 日経BP社
3.56
  • (10)
  • (4)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822246549

作品紹介・あらすじ

カネ儲けよりひとのシアワセを考えたほうが、仕事は必ずうまくいく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1,世界中の有難うを集めよう。お客様に、仲間に、感謝される仕事を考えて実行しよう。それが品格の有る人間形成に繋がり、サバイバルにもなる。
    2,リーダーは性格が明るくて、人に好かれなければダメ。もう一度逢いたいね。という人間になる事。
    3,身近な人間が成功すると、彼が出来るなら自分でもという自信が生まれ、好循環が生まれる。
    4,121%の目標値を置いてクリアし続けると、10年後には、700%になっている自分が居る。
    5,どんな仕事にも、デッドラインを決める。その日までにやる事をやり尽くして、全力投球して駄目だったら諦める。ずるずる時間を掛けない。悪い流れをプラスに変えるにはすごいパワーが必要となる。ピンチの時には悩んでいる暇は無い。
    6,夢は、夢パッドに書き、期限を入れて持ち歩く。ふとした時に見返すようにする。
    7,アイデイアは、怒りと愛情・感動・喜び から生まれる。
    8,話す技術の向上 反省をまずする事。準備をし、書いてみて、口に出してみる事。聴いてみると最高。
    9,20代は一番元気で活力の有る年代。一身フランに仕事をして30歳までにプロになる。そうすると30台はバランス良く仕事が出来るようになる。60歳になったらボランテイア活動で社会貢献。
    10,安いい物には理由がある。理由をとことん突き詰めて納得してから購入する事。
    11,損得ではなく、善悪で判断することが品性。 物事の判断を間違える時は、損か得かが絡んでいる事が多いので注意。

  • 日経ビジネスアソシエを当時よく読んでいたのでその一貫で買いました。
    都知事選を巡って色々この方もたたかれがちなのですが、
    基本的には良いことが書かれていますので偏見なくして色んな方に読んで欲しいですね。
    完璧な組織というものはないので、色々ボロが出てきてしまいますが(著者の企業においても)、一企業として成功した経営者の、仕事論には違いないので、こういう方だからこそ成功したのだと勉強になります。
    勉強になったからといってすぐ自分に反映するわけではないのですが、時々読み返して自省する、そういう書です。

  • 09/12/2
    夢を持つ。夢に日付。間違ったことは続かない。
    部下のことを好きになる。

  • たくさんのありがとう

  • ワタミ社長の本です。
    んー共感できないというかしっくりこないというか・・・
    渡邊社長を否定する訳ではないのですが・・・

  • 08/07/11
    完読

  • 私が尊敬する渡邉美樹さんの最新著書。
    「カネ儲けよりひとのシアワセを考えたほうが仕事は必ずうまくいく!」
    の表紙にぐっと来て一気に読めました。

  • なんか読んでると、勇気がわいてくる。だから社長本とか好きなんだろうな。。。

    • ryutekiさん
      なんか読んでると、勇気がわいてくる。だから社長本とか好きなんだろうな。。。
      なんか読んでると、勇気がわいてくる。だから社長本とか好きなんだろうな。。。
      2008/04/29
全9件中 1 - 9件を表示

渡邉美樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ハロルド・ジェニ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする