ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

制作 : 山岡 洋一 
  • 日経BP
3.82
  • (114)
  • (172)
  • (130)
  • (19)
  • (9)
本棚登録 : 2051
レビュー : 165
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐らく書いてあることは真実である。多くのデータに基づいており、感覚的な話ではないと感じる。
    企業の衰退の五段階を知っておく意味はあると思う。ただ、自分の勤める企業が、偉大ではないとき、この本の内容をどう捉えたらいいのか、少し悩む。それは、良好な企業から偉大な企業への飛躍の法則もまた一緒。
    良好でなくても、偉大でなくても、良い方向へ進めるきっかけになったり、悪い方向へ落ちないための助けになったり、知って意識することが、よりよい結果につながる可能性はあるかも。

  • 自分の会社、あるいは部門がどこかの段階に当てはまっていないだろうか。たとえ、そうだとして次の段階に進まないよう、何が出来るか。

  • 偉大な企業も衰退する。
    衰退の5段階。
    気づいて手をうてればよし。
    しかし、一打逆転を狙っては逆効果。

  • 非常に痛いです。いちいち思い当たるので、読みながらサンドバック状態です。
    でもビジョナリ―カンパニー2と同じで、後付け講釈の疑いはある。
    「規律なき拡大路線」は、売上や利益や市場が拡大している局面において、渦中にいながら、過剰投資なのかそうでないのかが区別がつくのか。
    「リスクと問題の否認」は、信念に基づいた決断と区別がつくのか。
    もともときれいに場合わけできるものではなく、自己を振り返るための補助線として用いるには、その通りだと思う。自分自身の経験と照らし合わせても、たしかに失敗というのは、こういう段階を経ることは、良く分かる。
    経営は難しいね。

  • 第一作と比べるとなんか内容が薄い(多分第二作とも)。ストーリーからでなく、すぐに法則が出てくるところが物足りない。でも切羽詰まって一発逆転を狙うのは何となくギャンブルでへこんでいる時と相通じるものがある感じ。

  • 驕る平家は久しからず、と言う事ですね。
    でも好調な時って会社の中にいると、それが一過性なものなのかどうか気付くのはすごく困難。
    本当に自省になる本。まあそれ以前に自社の業績が悪く、既に第四段階〜第五段階まで来てしまってるのかも知れない。

  • いろいろな本に接してきましたが、やはり『ビジョナリー・カンパニー』は、特別ですね!

    今回、3では、衰退の五段階がテーマ。

    「どの組織も、いかに偉大であっても転落しうる。
     とりわけ強大な勢力がかならず頂点にとどまるとする自然の法則はない。
     誰でも転落しうるのであり、ほとんど誰でもいずれ転落する」

    って、転落したら、それは「ビジョナリー・カンパニー」とは言えないじゃん。



    ◇当初、このテーマ(偉大な企業の衰退)には違和感があったことも確か。

     しかし、読み終えて、このテーマを扱ったことにとてもしっくりきています。
     「シリーズ総括の書」との宣伝文句も妥当かな。

     ひとたびビジョナリー・カンパニーになったならば衰退しない、
     というのは幻想でした。

     いかにビジョナリーとはいえ、それが偉大を築くにあたって原動力となった
     規律を忘れ、そこから外れた行動をとったならば、衰退の道を歩むのですね。


    ◇実は、ビジョナリー・カンパニーで取り上げられた企業のいくつかが、
     さえない状態にあるのを目にするにつけ、心の奥底では、
     口には出せない疑問を持っていました。

     IBM復活劇の『巨象も踊る』(素晴らしい著書です)と、
     ビジョナリー・カンパニーとの関係はどうなのか。

     そんな、私の声なき声に、(見事に)答えてくれたのが本書。

     衰退の問題を扱ってこそ、ストーリーは完結するのですね。


     どんな組織も必ず衰退するでしょう。(これはほとんど間違いない)
     その時、いかにして回復するのかを教えてくれます。

     「一発逆転策にすがるサイクルから抜け出して
      一歩ずつ再建を進められる資源が残っていれば、
      進路を逆転させることができる」

     結局、本質的には1で述べてきたことと同じですね

     近道も魔法もない、ということですね。


    ◇ということで、来るべき衰退に備えて、本書は必読!と思うのですが、
     そもそも、その前に、偉大を築かねば・・・

  • 企業の衰退を5段階に分けて、事例を挙げながら解説。自省しながら読むとさらに興味深く読める。衰退から回復のためのポイントも指南。ボリュームのある本であるが、後半1/3は補足部分であるため、エッセンスは前半に集中。

  • ・なにもやらないで衰退、失敗して衰退だけでなく、やりすぎても衰退、っていうのもあるんだねぇ

  •  ビジョナリーカンパニーとビジョナリーカンパニー2で紹介された偉大な企業のなかでその成功が長く続かなかった企業があります。衰退がどのように起こるのか。かつては偉大であったが衰退してしまった企業を分析すると、5つのステップを踏むという共通項が見出されます。衰退を避けるためには、この5つのステップの早い段階で問題を食い止めることが重要となります。
     あなたの企業の業績が好調であり、それがいつまでも続くと考えていたら、既に衰退の第一段階は始まっています。ご注意ください。

全165件中 51 - 60件を表示

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階のその他の作品

ジム・コリンズの作品

ツイートする