ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

制作 : 山岡 洋一 
  • 日経BP
3.82
  • (114)
  • (172)
  • (130)
  • (19)
  • (9)
本棚登録 : 2051
レビュー : 165
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248178

作品紹介・あらすじ

メルク、モトローラ、HP…。かつて取り上げた偉大な企業は、なぜ衰退したのか。転落を阻むポイントは何か。克明な調査・分析で明らかになった「偉大な企業」衰退の真実とは。シリーズ総括の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・偉大な企業が衰退に向かう時、次の5段階を経ることが多い。

    ①第1段階「成功から生まれる傲慢」
    衰退への第1段階が始まるのは、企業が傲慢になった時。成功したことにより、自分たちの長所と能力を過大評価し、その結果、当初に成功をもたらした真の基礎的要
    因を見失ってしまう。

    ②第2段階「規律なき拡大路線」
    傲慢から生まれるのが、規律なき拡大路線である。規模を拡大し、成長率を高め、世間の評価を高めるなど、経営陣が「成功」の指標と見なすものは何でも貪欲に追求する。

    ③第3段階「リスクと問題の否認」
    拡大路線を続けていると、様々なリスクや問題が生じる。だが、外見的には業績が良いことから、良いデータを強調し、悪いデータを小さく見せたり、都合良く解釈したりする。つまり、問題を直視せず、リスクや問題を否認する。

    ④第4段階「一発逆転策の追求」
    衰退が誰の目にも明らかになった時、問題は、指導者がどう対応するかである。一発逆転狙いの救済策にすがろうとすると、衰退への道を急速に進むことになる。

    ⑤第5段階「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」
    一発逆転狙いの方策に何度も頼るほど、悪循環に陥る。財務力が衰え、士気が低下していく。その結果、身売りを決める場合もあれば、衰退して凡庸な企業になる場合もある。極端な場合には企業が消滅する。

  • 衰退への五段階が怖い程、説得力があります。
    ただ、悲観ではなく大いなる教訓として読みたい本です

  • 優秀な経営者は教えるのでなく常に学ぼうとする
    信頼できるものは肩書きでなく、何の責任を負っているかで自らを説明する
    企業はイノベーション不足より、リスクを取りすぎて転落するほうが多い
    本業への熱意と回転が不足すると危険

  • 再読。

    私にとっての教科書は、この1つ前の『ビジョナリー・カンパニー② 飛躍の法則』

    「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」
    「まずはじめに、適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、つぎにどこへ向かうべきかを決めている」

    この格言が私の、座右の銘の1つ。

    逆に、何が企業を衰退に向かわせるのか、の逆説的な観点で、本書を再読。ここのところの、自分の周りの負のサイクルを象徴するような選び方だが。。。

    成功から生まれる傲慢、規律なき拡大路線、 リスクと問題の否認、 一発逆転策の追求、屈服と凡庸な企業への転落か消滅・・・

    どれも当たり前といえば当たり前のこと。それがどんなに一時は成功をおさめた有能な人でさえも、見えない環境になってしまう、ということが恐ろしいこと。。。

    決して目からうろこの示唆というわけではないのだが、この結論を導き出すために、多くの研究と検証から成り立っているのは、このシリーズのすごいところではある。

  • 前2作で取り上げられたエクセレントカンパニー達のうち、事後的に衰退した企業を取り上げ、その法則を抽出し説明した本。衰退の5段階と言ってもプロダクトライフサイクルのように成長段階からの5段階となっている。外部からの経営者の招聘や衰退段階での奇抜な戦略の実行等、本の内容自体には納得感はある。前2作を踏まえても、堅実で見栄をはらない実直な経営を継続することが偉大な企業になるためのコツなのだろうと理解している。時代が変化しても変わらない普遍の要素もあるであろうが、そうでない部分も多分に存在することが、本シリーズが4冊にもなっている背景であり、また、企業経営の面白いところなのであろう。

  • ビジョナリーな会社の衰退していくさまを、5段階に分け、それぞれの特徴と、それから回復した方法を丁寧に分析。結論としては、ビジョナリー・カンパニーで著者が指摘していることと同じで、華美に走らず、正直な仕事をしなさい、と読み解きました。

  • 『失敗の本質』と合わせて読みたい。
    そして、前書きにある「周囲の世界が制御できない混乱状態に陥ったとき、勝利を収めるには何が必要かの研究」が、
    第4弾ということになるのだろうか。[more]

    【読書メモ】
    ・ つぎの著書のテーマ、周囲の世界が制御できない混乱状態に陥ったときに耐え抜き、勝利を収めるには何が必要かの研究(同僚のモーテン・ハンセンとともに取り組んでいる六年間のプロジェクト)が最終段階に入ったなかで、気分を変えるために書いてみようと考えたのである。しかし、強大な組織がいかにして衰退するのかという問いは、長さに制約のある記事では扱いきれず、この身近い本になった。 p7
    ・ わたしは組織の衰退を、段階的な病のようなものだと考えるようになった。初期の段階には発見するのが難しいが、治療するのはやさしい。後期の段階には発見するのは簡単だが、治療は難しい。 p24
    ・ 調査スタッフには、「今度はフォースの暗黒面を調べよう」と冗談をいった。 p36
    ・ 事実は逆になっているのに、企業が衰退するとき、イノベーションの欠如と自己満足が原因になることが多いと直感的に感じるのはなぜなのか。この疑問への答えとして、二つの点を指摘できる。第一に、偉大な企業を築いてきたものは、そもそもDNAのどこかに、意欲と情熱と猛烈さをもち、進歩への癒しがたい欲求をもっている。/第二に、人は誰しも、他人が没落したのは自分にはない性格上の欠陥があるためだと考えたがり、自分も同じように転落しうるという恐ろしい可能性を認識しようとしない。。「あの人たちが転落したのは怠惰になり、自己満足に陥ったからだ。わたしは信じがたいほど熱心に働いているし、情熱をもって変革し、革新し、指導しているのだから、性格上の同じ欠陥はない。わたしは安全だ。転落することなどありえない」というわけだ。 p92
    ・ 警戒信号として何よりも重要な現象を一つだけ選ぶとするなら、主要なポストのうち、適切な人材が配置されているものの比率の低下をわたしは選ぶ。 p103
    ・ 不適切な人材と適切な人材の違いでとくに目立つ点の一つは、不適切な人材が自分はこれこれの「肩書き」をもっていると考えるのに対して、適切な人材が字部んはこれこれに「責任」を負っていると考えることである。 p103
    ・ データが曖昧か矛盾している状態で高リスクの賭か決定を行うとき、以下の三つの問いをたてるべきだ。/一 良い結果になったときに何が得られるのか。/二 きわめて悪い結果になったときに、どのような打撃を受けるのか。/三 その打撃に耐えられるのか。確かに耐えられるのか。 p129
    ・ 問題にぶつかったとき、転落の瀬戸際にあると気づいたとき、生存本能によって、そして恐怖心によって、生き残るためには絶対にとってはならない行動を反射的にとってしまうことがある。必要なものとは正反対の行動をとり、もっとも恐れている結果を引き起こすリスクをおかすことになる p163
    ・ (チャーチル、母校卒業式の式辞)「これが教訓だ。決して屈服してはならない。決して屈服してはならない。決して、決して、決して、相手の大小を問わず、強弱を問わず、決して屈服してはならない。名誉と良識の確信に対してでないかぎりは屈服してはならない。力に屈服してはならない。敵の力が圧倒的だと思えても、屈服してはならない」/決して屈服してはならない。戦術は変える意思をもたなければならない。だが、基本目的をあきらめてはならない。 p204
    ・ 失敗とは外的な状態ではなく、心の状態である。成功とは、倒れても倒れても起き上がる動きを果てしなく続けることである。 p205
    ・ 適切な人材は「窓と鏡」の成熟した思考様式をもっている p255
    ・ 

    【目次】
    1.静かに忍び寄る危機
     危機の瀬戸際にあって気づかない
    2.衰退の五段階
     調査の過程
     調査結果−五段階の枠組み
     脱出への道はあるのか
    3.第一段階 成功から生まれる傲慢
     傲慢な無視
     何となぜの混同
    4.第二段階 規律なき拡大路線
     自己満足ではなく、拡張しすぎ
     成長への固執
     パッカードの法則の無視
     問題のある権力継承
    5.第三段階 リスクと問題の承認
     方針の誤りを示す事実が積み上がるなかで大きな賭けにでる
     喫水線下のリスクをおかす
     否認の文化
    6.第四段階 一発逆転策の追求
     特効薬を探す
     パニックと必死の行動
    7.第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
     戦いをあきらめる
     選択肢が尽きる
     否認なのか希望なのか
    8.充分に根拠のある希望
    付録1 衰退企業の選別基準
     出発点
     基準一−設立以来のいずれかの時期に偉大な企業であったこと
     基準二−偉大な企業から凡庸な企業かそれ以下に転落したこと
     基準三−その他の除外理由
    付録2 比較対象成功企業の選別基準
    付録3 ファニーメイと2008年の金融危機
    付録4A 自己満足仮説の間違いを示す事実の一覧
    付録4B 一発逆転策の追求を示す事実
    付録5 主要なポストに適切な人材の条件
    付録6A IBMの衰退と回復
    付録6B ニューコアの衰退と回復
    付録6C ノードストロームの衰退と回復
    付録7 良好な企業から偉大な企業への飛躍の法則 −枠組みの要約
     第一段階 規律ある人材
      第五水準のリーダーシップ
      最初に人を選び、その後に目標を選ぶ
     第二段階 規律ある考え
      厳しい現実を直視する−ストックデールの逆説
      針鼠の概念
     第三段階 規律ある行動
      規律の文化
     第四段階 偉大さが永続する組織をつくる
      時を告げるのではなく、時計をつくる
      基本理念を維持し、進歩を促す

  • 規律の維持
    危機感ではなく緊迫感
    結局のところ、平時からやるべきことをやり、
    危機においてもブレないこと

  • 身につまされる話が多い。

  • 衰退には五段階ある。
    ①傲慢になる
    ②規律なき拡大戦略に走る
    ③リスクと問題の否認
    ④一発逆転を狙う
    ⑤屈服と凡庸な企業への転落・消滅

    成長時に衰退の種があり、衰退時に成長の種がある。
    成長するためには一発逆転はない。
    コツコツと積み重ねることが重要。そのために会社の文化が背骨になる。会社の文化を変革させ、成長軌道に乗せるにはどうしたらよいのだろうか?最初に定着させたものから変化させることは難しいのだろうか?

全165件中 1 - 10件を表示

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階のその他の作品

ジム・コリンズの作品

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階を本棚に登録しているひと

ツイートする