イノベーションの知恵

  • 日経BP
3.84
  • (14)
  • (26)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248291

作品紹介・あらすじ

「世のため人のため」の共通善(コモングッド)経営に還れ!アメリカ流の分析的な経営学の限界を乗り越える野中「知識創造理論」の新たな展開を9つの事例で解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 類稀なリーダーにより奇跡的な成功を実現した「イノベーション」の実例を紹介しつつ、経営学的見地からの解釈を差し挟む構成。

    本著で紹介されているイノベーションのケースは以下の通りです。
    ・<a href="http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/">旭山動物園</a>
    ・<a href="http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/horikawa/">京都市立堀川高校</a>
    ・JR東日本・<a href="http://www.ecute.jp/">エキュート</a>
    ・トヨタ自動車・<a href="http://toyota.jp/iq/">iQ</a>
    ・霞ヶ浦・<a href="http://www.osekkaiz.com/asaza.html">アサザプロジェクト</a>
    ・<a href="http://www.musou03.org/">社会福祉法人むそう</a>
    ・<a href="https://www.saishunkan.co.jp/">再春館製薬所</a>
    ・徳島県上勝町・<a href="http://www.irodori.co.jp/">いろどり</a>
    ・<a href="http://www.gin-pachi.jp/">銀座ミツバチプロジェクト</a>

    どのケースも、読んでいるだけで元気になってくるような魅力にあふれており、それだけでも一読の価値があると思います。

    特に強く印象に残ったのは再春館製薬所の4500平米・1200人収容のワンフロア・オフィスですね。
    ちょっとこれは普通の会社では真似できないな、という感じです。
    その他、”アサザプロジェクト”や”いろどり”のような地域活性化系のケースも、地道な活動が大輪を咲かせた感が感動的です。

    で、差し挟まれる野中郁次郎氏の解釈編ですが、これがまた分かるような分からないような(笑)。
    ・「理論的三段論法」から「実践的三段論法」へ
    ・「モノ的発想」から「コト的発想」へ
    ・「考えて動く」から「動きながら考え抜く」へ
    ・「名詞」ベースでなく「動詞」ベースで発想する
    ・「見えない文脈」を見抜く眼力をつける
    ・偶然を必然化する

    例えば「実践的三段論法」とは、「目指すべき目的がある」「目的を実現するにはこんな手段がある」「ならば、実現に向け行動を起こすべきである」と結論を導き出すこと。
    正直、これを「論法」と言ってしまっていいのか?という感じではありますが、要するに大切なのは「行動する」ことであると。
    当たり前だけど、なかなかこれができないのですよね。

    「まとめ」の章では、リーダーに必要なのは「場のマネジメント」である、ということが提唱されます。
    これは納得です。
    いくら机上でうんうん唸っていてもイノベーションなど生まれない、綺麗にまとめようとしているうちはダメ、ってことですかね。

  • イノベーションを成し遂げた変革のリーダーに共通する、知の作法を徹底解明する。

    第1章 「理論的三段論法」ではなく「実践的三段論法」を身につける
    第2章 「モノ的発想」から「コト的発想」へ転換する
    第3章 「考えて動く」ではなく「動きながら考え抜く」
    第4章 「名詞ベース」ではなく「動詞ベース」で発想する
    第5章 結びつかないもの同士の「見えない文脈」を見抜く眼力
    第6章 偶然を必然化する

  • 「イノベーションの本質」「イノベーションの作法」に続くシリーズ(?)第三作。前二作同様、実際のイノベーションの事例をストーリーと解説という2段階で紹介していて、面白く、示唆に富む内容である。
    第三作の事例は主にソーシャルビジネスや公共事業が取り上げられている。しかし、そこから抽出されるイノベーションの要因や原動力は、ひろく一般企業にも応用可能な内容である。

  • 「時計時間:クロックタイム」と「適時時間:タイムリータイム」
      時計時間から離れ、適時時間で新たに構築する。
      二つの時間を融合する。

    「実践的三段論法」=目的x手段x行動

      自分の存在意義を問い直す。
      ひとつひとつの積み重ねが「奇跡」を生む。

    「モノ的発想」から「コト的発想」へ転換する。
      コト作りは常に変化し続けれねばならない。
    「考えて動く」ではなく「動きながら考え抜く」
    「名詞」ベースではなく「動詞」ベースで発想する。
    「分析的戦略」ではなく「物語的戦略」。見えない文脈を見抜く。
    「リアリティ」ではなく「アクチュアリティ」
    「決定力:デシジョン」ではなく「判断力:ジャッジメント」

  • 『失敗の本質』の野中郁次郎氏と『イノベーションの本質』『イノベーションの作法』の勝見明氏の両氏による、企業の先進事例を題材としたケーススタディが展開される。
    一即多 多即一の概念、演たく法 帰納法 、仮説と実証。イノベーティヴな取組みの背景には、関わる人を鼓舞する良い議論があると教えてくれる。
    そして良い議論の下地とは、関わる人が直感的にブレない「あるべき姿」を共有している環境であり、良い議論とはどのように「あるべき姿に変容していくか」が述べられる場と言える。
    「あるべき姿」は論理的であるとか説明的であるよりも寧ろ、キチンとイメージ出来るかという点が重要なのかもしれないと考えさせられる。

  • 9つの「知識想像論」の事例を紹介している一冊。
    旭山動物園や堀川高等学校そしてエキュートの事例が特に印象深い。
    既存にある当たり前を疑う事で、そこに新たなる価値を生み出したプロセスが記されている。既存にあるものに対してなにも考えずに受け入れるのではなく、「もっと良くならないか」「ここは変えたほうがいいんじゃないか」と常に別の角度から物事を見る事の大切さ・面白さを感じさせられた。

  • とてもわかりやすかった。

  • 骨のある本でした。各章の事例より学ぶことが多くありました。深さを身につけなくてばのぉー。

  • あわせて読みたい野中郁次郎『経営は哲学なり』。

  • 新しいビジネスの考え方が示されているような、そんなワクワク感がある。これを自分の今の仕事にうまく生かせたら、きっとなにか面白いことができるんじゃないかと。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

野中 郁次郎(ノナカ イクジロウ)
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。58年早稲田大学政治経済学部卒業。富士電機製造勤務の後、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院にてPh.D.取得。南山大学経営学部、防衛大学校、北陸先端科学技術大学院大学各教授、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院ゼロックス知識学特別名誉教授を経て、現在、一橋大学名誉教授、早稲田大学特任教授、日本学士院会員。知識創造理論を世界に広めたナレッジマネジメントの権威。2017年カリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクールより「生涯功労賞」を受賞。主な著書に『組織と市場――組織の環境適合理論』(千倉書房)、『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』(共著、ダイヤモンド社)、『知識創造経営のプリンシプル』(共著、東洋経済新報社)、『知的機動力の本質』(中央公論新社)、The Knowledge-Creating Company(共著、Oxford University Press)、Managing Flow(共著、Palgrave Macmillan)などがある。

「2018年 『野中郁次郎 ナレッジ・フォーラム講義録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野中郁次郎の作品

イノベーションの知恵を本棚に登録しているひと

ツイートする