フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

制作 : 小林弘人 解説  滑川海彦  高橋信夫 
  • 日経BP
4.08
  • (382)
  • (411)
  • (198)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 3312
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・アイデアはパクリでも運用はオリジナル。それが勝つ。
    ・シリコンバレーでソーシャルは時流と見なされてた.みんな気づいてた.
    ・自分と家族が自腹のお金をだしてた.それだけのコミットが必要.
    ・グーグルはコンピュータ中心,フェイスブックは人間.

  • 映画とは違い、緻密で膨大な取材を元に書かれたフェイスブックの生い立ち。何度も岐路に立たされながら、その度強力なメンターを得て成長していくマーク・ザッカーバーグは、筆者によって、終始好意的に描かれる。長期的視点、純粋で性善説的な考え。ビジネスを抜きにして常に本質的であろうとする姿。投資家とのやり取りで、「フェイスブックは売らない、これ以上すごいサービスは二度と考えつかないから」という彼の言葉に、作り出したサービスに対する愛情のようなものに、共感するものがあった。結構一気に読み進んだ。ギーク、ビジネスマン、どちらの側でもかなり面白いと思う。そして最後に彼は帝王の孤独を見せる。これが創作であればよいのに。

  • フェイスブックを作った創業者を語る。すごいな〜。自分の夢を追い求める力。でも、これから将来もフェイスブックはこのまま拡大するのだろうか?なんで日本では拡大しないのかな?

  • 映画はこの本に出会うためのアプローチにすぎないといっても過言じゃない。なぜFacebookは成功したか、最も正解に近いだろう答がここにある。

  • 今年に入り本格的にFBを使い始めたこともあり、興味が沸き手に取ってみた。一気に読めた。今年読んだ本でも1-2を争う面白さ。

    「我々の会社はガスや水道と同じ公益事業である」
    「FBの最終目的は人々が置かれた世界をよりよく理解する手助けになることだ」
    なるほど。

    贈与経済という概念は初めて知った。

    またプライバシーに関する考え方は非常に考えさせられた。
    「2種類のアイデンティティーを持つことは、不誠実さの見本だ」
    「現代社会の透明性は、一人が二つのアイデンティティーを持つことを許さない」
    この辺のバランスは非常にナイーブだ。実際にFBを使っていても、もちろんすべて
    の情報をあげているわけではないし、自分なりに取捨選択している。それをどう考えるか。
    最終的は自らの選択になるわけであるが。

    これらを(特にプライバシーに関して)理解してFBを使うより深みが増すような気がする。

    非常に刺激的な本であった。

  • 綿密な取材に基づきfacebookという企業を紐解く。ベンチャー物語としても社会論としても読める。金銭でなく提供価値を追究するビジネス、かっこいい。

  • なかなか読み進めるのが難しかったが面白い。産業革命に匹敵することが今起こっている。

  • 請求記号 547.48/Ki 54

  • 読むまでに数年かかった積んどく本。積んでてよかった。Facebookが世界のインフラになった今だからこそ、実感と共に読めたと思う。世界が生まれる、歴史が始まる、まさにその瞬間に立ち会うような興奮。

全458件中 21 - 30件を表示

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)のその他の作品

フェイスブック 若き天才の野望 Kindle版 フェイスブック 若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

デビッド・カークパトリックの作品

ツイートする