フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

制作 : 小林弘人 解説  滑川海彦  高橋信夫 
  • 日経BP
4.08
  • (382)
  • (411)
  • (198)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 3312
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中央駅で購入する。非常に興味深い本でした。興味を持ったのは2点です。第1に、スタートアップです。この時点では、大したものを使っていないことです。プログラムのツールはPHPです。この選択は正しいと思います。JAVAは学生には不可能でしょう。性能、安定性ともに抜群です。でも、生産性が低すぎるのです。パールも同様です。JAVAに比べればましです。しかし、PHPと比較すれば、面倒です。MYSQLの使用もいいです。第2に、将来への不安です。本人も不安でした。周囲も不安でした。よく分かります。SNSは、差別化困難なのです。そのため、その他の仕事もやっています。問題は、ターゲット広告です。本当に、そんな力があるのでしょうか。どうも疑問なのです。他の媒体と比較すると、圧倒的に優位です。でも、という気がします。

  • アメリカは特に成長している企業を見つけると、すぐに買収の話が持ち上がるが、フェイスブックもその一つであるが、
    CEOのマーク・ザッカーバーグは売る気配を全く見せない。このような世界展開になろうとは思っていなかった当初からいろんな困難やトラブルを乗り越えた今までを網羅してある一冊。

  • 途中でやめました

  • 2-3年前に読んだ本で、もう読まないから処分する前に少し書いておくことにしました。

    すっかりキャズムを越えた facebook ですが、日本ではやっぱり映画のヒットをきっかけに一気にひろまりましたね。家族も友人も facebook を知らない人はほとんどいなくなったほど。facebook がまだ日本でブレイクする前は、日本は匿名文化なので実名をベースとした facebook のようなソーシャルネットワークサービスは日本では受け入れられないという話や記事をよく見かけたものでした。それにも関わらず日本でも受け入られた facebook の魅力を知るにも本書は興味深い1冊です。

    ザ・フェイスブックと呼ばれていたころのストーリーや、ザッカーバーグやパーカーなど重要な人物を知ることもできるので、読み物としては面白いと思います。本書は、facebookの機能についても多く語られていますが、決して技術書ではありませんので、そこを期待するのであればお勧めはできません。

    ザッカーバーグは当初ザ・フェイスブックを「人間を登録する電話帳」とたとえた。「ザ・フェイスブックは単なる暇つぶしに過ぎない」という批判も受けていた。私が facebookに登録したころは、正直に言うとよく使い方がわからず、登録したはいいが、ニュースフィードやアプリとかポークとかもあまり使用していなかった。何かとっつきにくコンセプトとUIだなという印象を持っていたのを覚えています。いつからそう感じなくなったんだろう... そしてもう1つの大きな理由は、facebook 上での友達があまりいなかったのでネットワークもありませんでした。実際の UX としては、本書の中でも触れられていますが、とにかくスピードが遅かった。ザッカーバーグもここは認識していたようで、レスポンスが遅いとユーザーはだんだん離れていってしまうということもわかっていたので、そこはかなり投資をして対応したようです。実際に、何年か後には極端に遅くて使い物にならないと感じることはなくなりました。ちなみに(特に写真の表示が)遅いのが我慢できずに、すっかり使わなくなった SNSとしては、Path があります。

    facebookの急成長は色々な要素がありました。ユーザーが増加するごとにネットワークの効用が増し、それがさらに新しいユーザーを惹きつけるという具合に、当初からのザッカーバーグのコンセプトは大成功となったわけです。

    ちなみに facebook.comというドメイン名はアバウトフェイスという社員名簿政策ソフトウェアを販売している会社が所有していたが、2005年に20万ドルで買い取ったそうです。もともとは10ドルもしない価格だったのにね。

    facebookで今まで何度となく常に話題にあがっているのがやはりプライバシーの問題でしょう。当初は、ザッカーバーグがそう望んだ或はそれが正しいと信じていたような、積極的に多くの人にさらけ出すのが既定の設定でした。その辺りは、批判を受けるたびにうまいポジションに落としどころを見つけて改善してきたなと思います。しかし、このプライバシーの問題はゼロにはならないような気がしますが、かなり容易に制御できるようにはなりました。また、facebookの普及でメールアドレスや携帯電話の番号を交換しあうことが少なくなったのも事実です。

    2007年のf8イベントとともに facebook はアプリケーション プラットフォームとなったことが、facebook が他のサービスと大きな差別化になったと思います。f8から1年以内に、facebook のアクティブユーザー数は3倍増の 7000万人になったそうです。

    ビーコンの失敗とその過ちを認めたザッカーバーグの声明も懐かしいです。失敗は誰にでもあるので、失敗そのものよりもいかにリカバリーできたかで評価がより高くなるということもあり得るという例かもしれません。最初は難解に感じた facebook connect も普及すると facebook 効果はさらにスピードを増していきました。

    当初はザッカーバーグは広告を毛嫌いしていましたが、一旦広告収益を生み出すと急激な成長を成し遂げました。2008年の3億ドル弱が1年後にはほぼ100%成長で5.5億ドルとなったそうです。

    2009年にはSNSに費やした時間がついにメールを上回った。そして、facebookの新規ユーザーは毎日約100万人のペースで伸びていったそうです。こんなサービス聞いたことありませんよ... *1

    世界中の言語にfacebookが翻訳されたのですが、画期的だったのがクラウド翻訳を実施したことではないでしょうか。これにより、新しい言語の追加にかかる facebook の費用は事実上ゼロなのです。ローカライズというのは、とてもコストのかかるものですが、それをほぼゼロにしてしまったのは驚異的です。私のような凡人は、アイデアはいいけど、きちんとしたレビューを行わなければ、とんでもない日本語が出てきてしまい大変だとか保守的なことを言って、クラウド翻訳したとしてもゼロコストにはできないでしょう。リスクを取って新しいことをやるって大切なんですね。

    ザッカーバーグという人物をうまく表現しているのではと思わせる文があります。数えきれないほどの買収の話を持ち掛けられても、その金額に関わらず興味を示さなかったのもこういったことなのでしょう。


    オープン性と公平性を収益より優先させるというザッカーバーグの欲求は、彼が満足を先送りすることに長けているという証だ。あるいは、「彼はいつでも次を目指して努力している」と側近のある幹部が言う。

    「人にはたいてい安定期や節目があって、のんびり祝福したり達成感を味わったりすることがある。マークにはそれがない」

    グーグルは「邪悪になるな (Don't be evil)」と言い、フェイスブックは「ダサい奴になるな (Don't be lame)」だそうです。結局、ユーザーにとって楽しいプロダクトを作るということ目標にだけ集中し続けることが成功の秘訣なんですね。facebook が重視してきたソーシャルグラフは、確かに我々の生活を変えたと思います。もう会うことがないかも知れないという昔の知り合いに思わぬところで再開したり、私が入院しているときに同時にまったく別々の友人が入院していたことを知って、色々と共感しあえたりと、最近身近に起こった出来事だけでも facebook がなければ起こらずに終わっていたかもしれません。

    ジョーク交じりだが、「中国、インド、フェイスブック」という表現があるそうです。中国の人口が13億人、インドが12億人、フェイスブックのユーザーは6億人に近づいでいる。*

  • ページボリュームが多いだけに、マークザッカーバーグのことからFBのこと、友人、まわりの人なんでも事細かに書かれている。登場人物が多すぎて覚えきれないこともあるが、どういう道のりで今のFBになったのかがよくわかる。

  • 前半はFacebookの黎明のベンチャー時代の話、後半はFacebookが普及したのち、どのようにコミュニケーションのあり方を変えてきたか、という話。読んだ感想としては、こういうコミュニケーションのあり方はこれからもどんどん変化し続けていくだろうし、それをけん引する存在にFacebookがなれるだろうか、ということ。だが、若きCEOにはそのビジョンがあるように見える。

  • 「自分の家の前で死んでいくリスのほうが、アフリカで死んでいく人たちのことよりも、たった今は重要かもしれない。」今やフェイスブック上での行動の一つひとつが、友だちにとってのニュースになる。

    映画「ソーシャルネットワーク」ではマーク・ザッカーバーグはけっこう態度の悪いオタクだったが、本書では頭は良く、しかし時には間違え、人の話を聞いてるのかどうかわからない少し謎の人物である。金銭的な事にはあまり興味を示さず、Facebookをどう育てるかにはかなり頑固で、広告が目だつデザインを嫌う。(とは言え現在のFacebookは広告がかなりうざい・・・)

    「もっとオープンになって誰もがすぐに自分の意見を言えるようになれば、経済はもっと贈与経済(お返しの経済)のように機能し始めるだろう。贈与経済は、企業や団体に対してもっと善良にもっと信頼されるようになれ、という責任を押しつける。」「本当に政府の仕組みが変わっていく。より透明な世界は、より良く統治された世界やより公正な世界を作る。」これがザッカーバーグの確信をなす信念らしいのだがそううまく働くのか?ともかく10億人を超える市民が参加する壮大な実験だ。

    2004年2月4日誕生、月末にはハーバード学生の3/4が登録した。例えば誰かと同じクラスを取るために。
    月末にはコロンビア、スタンフォード、イェール大を加え、6月にはある投資家が1000万ドルでの買収を提案した。
    このころ既にザッカーバーグは「われわれは世界を変えるんだ。」と言っている。

    ナップスターの創業者ショーン・パーカーとザッカーバーグが出会ったのは4月上旬、6月にはパロアルトで再会し、9月にザッカーバーグはパーカーを社長に任命する。映画に出てくるどんちゃん騒ぎや訴訟トラブルはちょうどこの頃で、同時期にパーカーは会社の体裁を整え、ザッカーバーグが株式の51%を持つ唯一の取締役となり、増資の際には新株が取得できるようにした。後に出資を受ける際にもザッカーバーグが取締役の任命権を持ち、Facebookをどうするかについては一貫してザッカーバーグが決めている。会社を売ったり、目先の広告収入に走らず規模の拡大に突き進めたのは結果としてこの時の決めごとが聞いている様だ。パーカーは成長したナップスターから出資を受けたベンチャーキャピタルに追い出された経験があり。ザッカーバーグも出資に対しては慎重だった。

    2004年秋には登録者20万人、会社の価値を490万ドルと評価したペイパル創立者のピーター・シールは50万ドルを貸し付け、後に10.2%の株式に転換された。シールが2009年に持ち株の半分を売却した時には数億ドルになったと見られる。
    創立1年後には買収、出資の話が立て続けに来て3月にはバイアコムが参加のMTVと統合するために7500万ドルでの買収を持ちかけるた(ザッカーバーグは売る気はなかったが)。

    同時期にワシントン・ポストは評価額を5400万ドルとして10%の投資を持ちかけていた。ワシントン・ポストCEOのドン・グレアムが取締役になる事を条件にザッカーバーグは受け入れようとするが、利益相反を理由にグレアムは取締役は受け入れなかった。そうこうするうちにパロアルトのベンチャキャピタル、アクセル・パートナーズが評価額7000万+1000万の投資を申し込む。条件はは良いアクセルの申し込みを「ぼくにはできない。ぼくはドンに約束したんだ」と泣きじゃくって受け入れようとしなかったザッカーバーグだが「マーク、きみの倫理的な悩みだが、私との約束なら気にしなくていい。彼らの金を使って会社を大きくしたまえ。幸運を祈っている。」と言うドンの言葉に助けられ最終的にはアクセルと投資評価額9800万ドルで合意した。

    2006年1月には再び買収を試みるMTVに対しザッカーバーグは20億ドルでも売らないと相手にしない。この時点では売り上げは通算で2000万ドルで利益は1ドルも上げていないのだが。(実際には8億ドルの投資で交渉していた)続いてヤフーが10億ドルでの買収を申し入れた。アクセル・パートナーズはこの申し入れを真剣に検討するようにザッカーバーグに強く主張し、社員の中にも賛成するものが増えていた。

    2006年9月にはFacebookにニュースフィードが搭載され同時にオープン登録が採用された。当初ニュースフィードは「うざい、ストーカー過ぎ、消えて良し」と反発を生んだが参加者がFacebook上で過ごす時間は間違いなく増えていた。オープン化は成功し2007年秋には5000万人のアクティブユーザーがいて、もしオープン化が失敗するようなら10億ドルで売るのが正解かもしれないと考えていたザッカーバーグは賭けに勝ち、評価額は150億ドルに跳ね上がった。投資を検討したのはグーグルとマイクロソフトだ。

    2012年にNASDAQに上場し本日の株価は44.42USD、時価総額は1000億ドルを超えている。SNSとしては後発で似たようなものもいくつか有ったなかで成功した原因はユーザー拡大を優先しながらもサーバーダウンをさせない程度に拡大ペースをコントロールしたことだろうか。直近のニュースでは若者のFacebook離れが進んでおりおじさん世代のSNSになっていってると言うがそれだけ普及したと言う事か。

  • 2013.8

  • マークザッカーバーグがどういうビジョンをもってFacebookを立ち上げたのかが良くわかった。一方で新たに付け加えた機能がユーザーから完全に拒否されながらも、その影響力の大きさをきちんと理解し、改良したザッカーバーグの先見性はすごい。しかし、今後世界全部をSNSが世界を完全に掌握するかどうかは、犯罪や政治的な要因からもどうなんだろう。将来的には権力者がその情報を持ったときに、管理社会を誘発するツールになりそうで正直怖さもある。

  • 本書は世界最大SNS、Facebookの沿革について書かれています。
    Facebookは2004年に学生向けにサービスをスタートさせ、今では10億人以上のユーザーを抱え、良くも悪くも様々な話題をふりまいてくれています。
    本書はマーク・ザッカーバーグだけでなく広範囲の人々へインタビュー取材していて、Facebookの歴史が忠実に描かれているように思います。

    読みのもとしては非常に面白いです。
    Facebookについて少しでも興味がある人ならオススメです。

全458件中 51 - 60件を表示

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)のその他の作品

フェイスブック 若き天才の野望 Kindle版 フェイスブック 若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

デビッド・カークパトリックの作品

ツイートする