フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

制作 : 小林弘人 解説  滑川海彦  高橋信夫 
  • 日経BP
4.08
  • (382)
  • (411)
  • (198)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 3312
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぜ今まで読まなかったのかと後悔するほど面白かった。フェイスブックの黎明期と、それを取り巻くシリコンバレーのソーシャルネットワークの成功と没落を明晰なジャーナリズムで綴る。フェイスブックはローンチしてからすぐ使い始め、今では生活の一部となっている。当然フェイスブックが自分の精神や考え方に影響を与えているのだが、これを読むことによって自分のことがよく理解できた気がする。

  • 【閲覧係より】
    このサービスがハーバード大学在籍の若者たちの手によって開発されたことにまず驚きを隠せません!創業者であるザッカーバーグが、日々努力して作り上げた成功の軌跡です。同年代の成功者から刺激を受けてみませんか?
    ------------------------------------------
    所在記号:007.35||カク
    登録番号:10203707
    ------------------------------------------

  • 金にはこだわらず、より良いものを作ろうという精神はすごい。数百億のオファーを蹴るのは並外れている。
    ただ、長かった

  • facebookがこれほどまでに人気であるのはまさにザッカーバーグの考え方がすごいからであることが分かりました。
    facebookを始めてから読んで、facebook自体は実はあまり活用できていないのですが、これを読んでちょっと使ってみようと思いました。

  • ユーザーがイイと思う製品を創るという、損得関係なしに拘るザッカーバーグの姿勢は、故ジョブズ氏に似たところがある。そのこだわりがなければきっと、今のfacebookはないと思う。かといって、ビジョンばかりが素晴らしいだけではダメなのが、企業。収益面をサポートした多くの大人たちは、ザッカーバーグ並に称えられてもいいと思う。

  •  世界最大のソーシャルネットワークサービス、Facebookができて今に至るまでを描いた伝記。600ページ近くの大著であるため、さくっとその経緯についてしりたいなら、映画「ソーシャルネットワーク」を見たほうが速いし、面白いと思う(もちろん多少の脚色はあるが)。映画よりも描写が優れていると感じたのは、マーク・ザッカーバーグがどういったどういった人物であり、彼の行動規範は何に酔ったものであったのか、ということが精緻に何回も何回も描写されている。他にも、フェイスブックが世界、あるいはシリコンバレーに与えた影響、マイクロソフトとの広告に関する駆け引き、Facebookに参加できる対象を広げていく戦略、などは読んでいて非常に面白かった。何よりも一番感心したのは、マーク・ザッカーバーグが長期的な視点でいつも行動していて、それを曲げることがなかったこと。そして結果的にそれがFacebookをここまで成功させた要因になったことである。

  • 若きCEOの情熱に魅せられた。
    また、優秀な仲間の必要性と彼らを引き付けるための情熱の必要性を感じた。

  • 運のよさはもちろんあると思う。
    似たようなサービスは、それ以前にもあったのだ。
    ネット環境の変化や、人々のニーズ・・・。
    そのすべての条件がそろったときにはじまったという幸運。

    だけど、急速な成長が破滅を招いたという、フレンドスターなどの失敗例をみると、
    マーク・ザッカーバーグという人物が、現在のフェイスブックの位置を可能にしたのだと思う。
    綿密な成長戦略や、
    システム変更に対する利用者の不満に対する対応のしかたは、
    自分の作っているものの本質を知っていなければ、できるものではない。
    一貫した視点を持ち、そこを見失わないからこそ、進むべき方向に進んでいける。

    この本は、「なぜフェイスブックがここまで成長したのか」を知ることができる。
    それでもなお、「なぜ、人々はフェイスブックにハマるのか」を解き明かすことはできなかった。
    マークの透明性というものに対する考えを知ればなおさらだ。
    「アイデンティティは1つ」「透明になればなるほど人は誠実に行動する」という考えは、世界にすんなり受け入れられるとは思えないから。
    人は誰しもなりたい自分と、現在の自分の間で揺れ動いているのではないだろうか。
    人にはいいイメージを持ってもらいたい。
    隠しておきたい買い物や、趣味がある。それって普通のことじゃないのかな。

    マークはすべてを開示する方向を目指しているのだと思う。
    ただ、それは人々の本当に望むことなんだろうか。

  • フェイスブックの拡大について、競合サービスとの差がサーバー能力・資金の面からも時系列的に著述されているので分かりやすい。スマホから見ると遅いけど、この規模のサービスを提供するのは大変だなとつくづく感心する。

  • facebook の成り立ちから破竹の勢いで成長していく過程、そしてマーク・ザッカーバーグの考えなどが見れて面白かった。前半半分は面白くてどんどん読み進めれるが、後半半分は似たような話の繰り返しで大分だれてきたので蛇足に感じた。調べた情報を全部詰め込んでいるように見えたので後半部分はもう少しコンパクトにして欲しかった。

    全ページを通じて見えるザッカーバーグのお金のためにやってるんじゃないんだという姿勢、世の中をオープンにつなげるという強い信念に感銘をうけた。

    その他メモ:
    * 今では受け入れられている facebook の news feed 機能でさえリリース時は大反発があった。ストーカー機能だと大批判をうけた p.276
    * ヤフーにも売却しかけたことがあったこと
    * fb の写真投稿機能は高解像度のものを保存していない。機能も貧弱、それなのに断トツ一番の写真共有サイトになっている p.315

    追記 2016.05.05:
    Facebook初期の頃が非常によく分かる。スタートアップがどうすれば成功するのか、ほんの少しかもしれないが確実に参考になる部分がある。初心も思い出させてくれる。星4から5に変更。
    facebook以前に色んなソーシャルネットワークがあったことの記述も面白い。sixdegreesはossもなくオラクルに巨額の使用料を払ったりインターネットが電話回線であるなどタイミングが早すぎた。フレンドスターはサービスのスケールアップが追いつかず表示するのに20秒もかかったのが敗因であったなど。

全458件中 71 - 80件を表示

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)のその他の作品

フェイスブック 若き天才の野望 Kindle版 フェイスブック 若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

デビッド・カークパトリックの作品

ツイートする