フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

制作 : 小林弘人 解説  滑川海彦  高橋信夫 
  • 日経BP
4.08
  • (382)
  • (411)
  • (198)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 3312
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248376

作品紹介・あらすじ

ユーザー数が5億人を超え、会社の時価総額が2兆円を超え、グーグルを驚かす存在となった巨人、フェイスブック。同社を率いるマスコミ嫌いのCEO、マーク・ザッカーバーグからの信頼を勝ち得た元フォーチューン誌のベテラン記者が、徹底取材からフェイスブックの真実を初めて明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先に読んだ本「facebook」で、Facebookと マーク・ザッカーバーグのことはあらまし解ったが、「フェイスブック 若き天才の野望」も読んでみることにしました。
    上記の本とは比較にならないすごい内容の本です!

    概要は「あとがき」、「訳者あとがき」、「解説」にわかりやすく書かれています。
    かなり長い(厚い)本で、最初は読むのに時間がかかったけれど、
    途中からは難しい話も多いのに、集中して読み進められたのは、筆者の文章のすごさでしょう。

    Facebookが生まれるときから、ずっとの変遷が詳細に書かれています。
    ザッカーバーグがどんな人か、Facebookは、何を目指しているのか。
    本の前半では、できたばかりのFacebookが大きくなるための資金調達、
    協力してくれる人たちとの関わりが、ほぼ時系列で語られ、
    寮の同室・隣人から世界のIT巨人の登場まで、グイグイ惹きつけられていく。

    途中では問題点が語られ、それに対処していくFacebookの様子もリアル。
    大きな長期的展望で巨大化するFacebookは、いまも変貌しながら私達(世界)を取り込んでいる。

    いつサービスに変化が起こったり、トラブルが起きても困らないように、
     自分の情報は自分で守る必要はありますね。

    2012/5/2 予約 9/1  借りる。 9/4 読み始める。9/21 読み終わる。

  • 今更ですが... でも、今、読んでも勉強になりましたよ。^^

  • ユーザー数が全世界で20億人を超える驚異のソーシャルネットワーク「facebook」。その創業者であり,CEO(最高経営責任者)でもあるマーク・ザッカーバーグは何を思い,何処を目指し,突き進み続けるのか。マスコミ嫌いの彼に信頼された著者が描く渾身の一冊です。

  • フェイスブックの成り立ち、立ち上げのそれぞれのステージでどのように判断してきたか、何を軸として大事にすべきかが理解できた。ビジネスモデルの解説そのものは、他の本の方がわかりやすいと思った。

  • Facebookの歴史について書かれた書。
    Facebookについて書かれた本として初めて読んだ。
    Googleはサーバ構築等の面でハードウエア会社の側面があるが、
    Facebookは完全にソフトウエア会社である。
    買収話が多く書かれており、常にそういう環境にあることが分かった。
    マークザッカーバーグはじめとする登場人物は若く、とても刺激を受ける。
    人が生きて行く上で環境が大切であることはよく分かる。
    映画ソーシャルネットワークも見てみたい。

  • 図書館で借りて読了。フェイスブックをつくったマーク・ザッカーバーグという個性的な人物がきわめて興味深い。フェイスブックは、ハーバード大学の学生同士が交流するための顔写真つきのリストからスタートした。彼はただ、自分がかっこいい(クール)だと思うものをつくってユーザーに楽しんでもらいたいと考えているだけであり、金を儲けようとはいっさい考えていない。しかし、ネットワークが大きくなるに連れて周囲が彼を放っておかない。ベンチャーキャピタル、Google、Microsoft・・・。どんなに大金を目の前に積まれても、マークの信念は微動だにしない。見見苦しく画面を占有するネット広告やバナーは大嫌い。クールでないし、ユーザーが使いにくくなってしまうからだ。フェイスブックはすでにきわめて多くの国々に受け入れられ、数億人をつなぐネットワークとなっているが、いまだ発展途上である。今後どのような方向に進んでいくかはわからないが、少なくとも、クールなものを作りつづけていきたいというマークの信念だけは、これからも変わらなそうだ、と感じた。

  • ●あんまり楽しめなかった、というのが読後の感想。
    ●本書はフェイスブックの成り立ちとそこからの発展の経緯を著したドキュメンタリーである。

  • マーク・ザッカーバーグがフェイスブックを創設してから現在に至るまでの歴史を記したもの。利益よりもオープンで透明な情報共有ツールを追求する姿に感銘を受けた。ザッカーバーグは、世間知らずで怖いもの知らず、負けず嫌いで大胆、生意気であると書かれている。やはり特別な人間なんだと思う。映画「ソーシャル・ネットワーク」を見たくなった。印象的な記述を記す。
    「非常に力のある創業者兼CEOだけが、巨大で永続性のある会社を作れる(マーク・アンドリーセン)」p467

  • wired・経済とビジネス・1位

    mmsn01-

    【要約】


    【ノート】
    (wired)
    ネットビジネスにおける最大のアイコン、天才ザッカーバーグのヴィジョン「究極の透明性」と、それを実現するための苦闘を活写した、必読のノンフィクション。

    ※全体で9位

    ◆ユーザーからのコメント
    ひとつのアイデアが巨大なビジネスに変身する瞬間。才能、カネ、志、欲望、運、人材が偶然集まり必然に変わるとき/これ、一気に読んでしまった。成毛さんが書評書いてたし/起業するならmust read!/日本語版の題名は疑問。facebookと創始者の思想を知るには現在のところ決定版

  • ・アイデアはパクリでも運用はオリジナル。それが勝つ。
    ・シリコンバレーでソーシャルは時流と見なされてた.みんな気づいてた.
    ・自分と家族が自腹のお金をだしてた.それだけのコミットが必要.
    ・グーグルはコンピュータ中心,フェイスブックは人間.

全458件中 1 - 10件を表示

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)のその他の作品

フェイスブック 若き天才の野望 Kindle版 フェイスブック 若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

デビッド・カークパトリックの作品

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)に関連する談話室の質問

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)を本棚に登録しているひと

ツイートする