フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

制作 : 小林弘人 解説  滑川海彦  高橋信夫 
  • 日経BP
4.08
  • (382)
  • (411)
  • (198)
  • (44)
  • (5)
本棚登録 : 3312
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822248376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Facebookの誕生から2009年までをザッカーバーグを追いかけながら綴った1冊。労作なのですが、いかんせん、すでに情報が古くて、今一つ沁みこまなかった。出版当時に読んでいたら、もっと楽しめたか。

  • 20歳そこそこの若者が、何度も繰り返され、提示額がどんどん上がっていく買収話に目もくれず「これは自分にとって一生もののプロジェクト」だと言い切り、様々な人のアドバイスを受けながらだんだんと経営者として成長していく様が生き生きと描かれていてとても面白い。信念のある経営者はブレなくて強いな。マーク・ザッカーバーグの信念は、情報の透明性が世の中をよりよいものにするということ。
    今やSNSのデファクトスタンダードとして君臨するといっても過言ではないFBだけど、成長過程では広告での収益に最初は全くこだわらず、まずは規模の拡大を目指したところ、サービスプラットフォームとなることを決めたこと、などの判断の積み重ねがあってこその現在の立ち位置なんだと思うと、唸ってしまう。

  • ザッカーバーグとその成功談、Facebookの存在は常に気になる。ソーシャルな世界に変えたのは、やはり彼だと思うから。しかもあの若さで!!
    映画の原作のほう(The Accidenal Billionaire)とは全く違う視点。エドゥアルド等との確執は初期の小さいエピソードに過ぎず、会社設立後から現在まで、その中でのFacebook社の軌跡や、ザッカーバーグのFacebook及びソーシャルメディアに対する考え方に重点を置いている。Facebookのコンセプトを読み、改めて見直した。
    ここでのザッカーバーグは「ラッキーだったギーク」ではない。敏腕でビジョンのあるビジネスマンだ。映画の設定としては面白いが、世の中を動かすのはaccidentでは無理だろう。

  • マーク・ザッカーバーグとfacebookの軌跡。人材、資金、買収。
    おもしろい。巻頭の主要人物一覧には助けられた。
    おおきくなると動きにくくなる・・・
    C0098

  • ザッカーバーグの理念、フェイスブックの成長の軌跡がわかる本。

  • 中央駅で購入する。非常に興味深い本でした。興味を持ったのは2点です。第1に、スタートアップです。この時点では、大したものを使っていないことです。プログラムのツールはPHPです。この選択は正しいと思います。JAVAは学生には不可能でしょう。性能、安定性ともに抜群です。でも、生産性が低すぎるのです。パールも同様です。JAVAに比べればましです。しかし、PHPと比較すれば、面倒です。MYSQLの使用もいいです。第2に、将来への不安です。本人も不安でした。周囲も不安でした。よく分かります。SNSは、差別化困難なのです。そのため、その他の仕事もやっています。問題は、ターゲット広告です。本当に、そんな力があるのでしょうか。どうも疑問なのです。他の媒体と比較すると、圧倒的に優位です。でも、という気がします。

  • 「自分の家の前で死んでいくリスのほうが、アフリカで死んでいく人たちのことよりも、たった今は重要かもしれない。」今やフェイスブック上での行動の一つひとつが、友だちにとってのニュースになる。

    映画「ソーシャルネットワーク」ではマーク・ザッカーバーグはけっこう態度の悪いオタクだったが、本書では頭は良く、しかし時には間違え、人の話を聞いてるのかどうかわからない少し謎の人物である。金銭的な事にはあまり興味を示さず、Facebookをどう育てるかにはかなり頑固で、広告が目だつデザインを嫌う。(とは言え現在のFacebookは広告がかなりうざい・・・)

    「もっとオープンになって誰もがすぐに自分の意見を言えるようになれば、経済はもっと贈与経済(お返しの経済)のように機能し始めるだろう。贈与経済は、企業や団体に対してもっと善良にもっと信頼されるようになれ、という責任を押しつける。」「本当に政府の仕組みが変わっていく。より透明な世界は、より良く統治された世界やより公正な世界を作る。」これがザッカーバーグの確信をなす信念らしいのだがそううまく働くのか?ともかく10億人を超える市民が参加する壮大な実験だ。

    2004年2月4日誕生、月末にはハーバード学生の3/4が登録した。例えば誰かと同じクラスを取るために。
    月末にはコロンビア、スタンフォード、イェール大を加え、6月にはある投資家が1000万ドルでの買収を提案した。
    このころ既にザッカーバーグは「われわれは世界を変えるんだ。」と言っている。

    ナップスターの創業者ショーン・パーカーとザッカーバーグが出会ったのは4月上旬、6月にはパロアルトで再会し、9月にザッカーバーグはパーカーを社長に任命する。映画に出てくるどんちゃん騒ぎや訴訟トラブルはちょうどこの頃で、同時期にパーカーは会社の体裁を整え、ザッカーバーグが株式の51%を持つ唯一の取締役となり、増資の際には新株が取得できるようにした。後に出資を受ける際にもザッカーバーグが取締役の任命権を持ち、Facebookをどうするかについては一貫してザッカーバーグが決めている。会社を売ったり、目先の広告収入に走らず規模の拡大に突き進めたのは結果としてこの時の決めごとが聞いている様だ。パーカーは成長したナップスターから出資を受けたベンチャーキャピタルに追い出された経験があり。ザッカーバーグも出資に対しては慎重だった。

    2004年秋には登録者20万人、会社の価値を490万ドルと評価したペイパル創立者のピーター・シールは50万ドルを貸し付け、後に10.2%の株式に転換された。シールが2009年に持ち株の半分を売却した時には数億ドルになったと見られる。
    創立1年後には買収、出資の話が立て続けに来て3月にはバイアコムが参加のMTVと統合するために7500万ドルでの買収を持ちかけるた(ザッカーバーグは売る気はなかったが)。

    同時期にワシントン・ポストは評価額を5400万ドルとして10%の投資を持ちかけていた。ワシントン・ポストCEOのドン・グレアムが取締役になる事を条件にザッカーバーグは受け入れようとするが、利益相反を理由にグレアムは取締役は受け入れなかった。そうこうするうちにパロアルトのベンチャキャピタル、アクセル・パートナーズが評価額7000万+1000万の投資を申し込む。条件はは良いアクセルの申し込みを「ぼくにはできない。ぼくはドンに約束したんだ」と泣きじゃくって受け入れようとしなかったザッカーバーグだが「マーク、きみの倫理的な悩みだが、私との約束なら気にしなくていい。彼らの金を使って会社を大きくしたまえ。幸運を祈っている。」と言うドンの言葉に助けられ最終的にはアクセルと投資評価額9800万ドルで合意した。

    2006年1月には再び買収を試みるMTVに対しザッカーバーグは20億ドルでも売らないと相手にしない。この時点では売り上げは通算で2000万ドルで利益は1ドルも上げていないのだが。(実際には8億ドルの投資で交渉していた)続いてヤフーが10億ドルでの買収を申し入れた。アクセル・パートナーズはこの申し入れを真剣に検討するようにザッカーバーグに強く主張し、社員の中にも賛成するものが増えていた。

    2006年9月にはFacebookにニュースフィードが搭載され同時にオープン登録が採用された。当初ニュースフィードは「うざい、ストーカー過ぎ、消えて良し」と反発を生んだが参加者がFacebook上で過ごす時間は間違いなく増えていた。オープン化は成功し2007年秋には5000万人のアクティブユーザーがいて、もしオープン化が失敗するようなら10億ドルで売るのが正解かもしれないと考えていたザッカーバーグは賭けに勝ち、評価額は150億ドルに跳ね上がった。投資を検討したのはグーグルとマイクロソフトだ。

    2012年にNASDAQに上場し本日の株価は44.42USD、時価総額は1000億ドルを超えている。SNSとしては後発で似たようなものもいくつか有ったなかで成功した原因はユーザー拡大を優先しながらもサーバーダウンをさせない程度に拡大ペースをコントロールしたことだろうか。直近のニュースでは若者のFacebook離れが進んでおりおじさん世代のSNSになっていってると言うがそれだけ普及したと言う事か。

  • 2013.8

  • マークザッカーバーグがどういうビジョンをもってFacebookを立ち上げたのかが良くわかった。一方で新たに付け加えた機能がユーザーから完全に拒否されながらも、その影響力の大きさをきちんと理解し、改良したザッカーバーグの先見性はすごい。しかし、今後世界全部をSNSが世界を完全に掌握するかどうかは、犯罪や政治的な要因からもどうなんだろう。将来的には権力者がその情報を持ったときに、管理社会を誘発するツールになりそうで正直怖さもある。

  • 本書は世界最大SNS、Facebookの沿革について書かれています。
    Facebookは2004年に学生向けにサービスをスタートさせ、今では10億人以上のユーザーを抱え、良くも悪くも様々な話題をふりまいてくれています。
    本書はマーク・ザッカーバーグだけでなく広範囲の人々へインタビュー取材していて、Facebookの歴史が忠実に描かれているように思います。

    読みのもとしては非常に面白いです。
    Facebookについて少しでも興味がある人ならオススメです。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)のその他の作品

フェイスブック 若き天才の野望 Kindle版 フェイスブック 若き天才の野望 デビッド・カークパトリック

デビッド・カークパトリックの作品

ツイートする