ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になる

制作 : モートン・ハンセン共著  牧野洋 
  • 日経BP
4.13
  • (93)
  • (99)
  • (39)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 1214
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822249236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不況だった
    とか、
    不運だった
    とう要素に関係なく成功する企業がある。そういった外的要因の大きな変化も全ておりこんで準備したものだけが到達できる"偉大さ"についての話。

    予測できない要素があるのは当たり前、良いときがあれば悪いときもあるのも当たり前。良いときに自分のキャパシティを越えて守備範囲を拡張しすぎない、良いときにこそ悪いときの備えを怠らない。

    当たり前なのだけれども、それができる人とできない人がいるから大きな差がつく

  • ・外部環境のせいにしない
    ・きたる不運に備える。人生不確定
    ・自分の意思で偉大になる

    ・一貫した価値観を持つ
    ・外部環境の変化に影響されない、マイペース
    ・常に備える、リスクヘッジを考える。動くと決めたら迅速に。アムンゼンのように準備を怠らない
    ・幸不幸は成功と関係ない
    ・大胆、未来を予測する力入らない。ビジョナリはいらない。未来を予測し備えよ、はうまくいかない。ビル・ゲイツはos2がうまくいくかどうかは自分に予測できないことを理解するほど頭がよかったからwindowsで成功した
    ・イノベーションは必須ではない。イノベーションが起きたときにそれをスケールさせることが大事
    ・死なないことは必須
    ・大砲を打つ前に鉄砲で低リスクで試してから大きく投資

  • 偉大な企業とそうでない企業の違いは何か、という一貫したテーマを追求し続ける著者の最新作。より不確実性が増した今日の経営環境においても揺らぎない高業績を長年維持している7つの企業と、同業種・同環境において成功しなかった企業との比較により、偉大な企業(10x型企業)に共通する要素を新たに導出している。

    本書によれば、突出したイノベーション力をテコに、果敢にリスクテイクし、猛スピードで突っ走るという成功企業のイメージは、実は一時的・限定的な側面に過ぎず、より長期的・多面的な分析から浮かび上がる真に偉大な企業は、むしろ強い自制や地道な実験、周到な準備などによって可能な限りリスクを最小化した上で、確実に勝てるゲームにのみ投資しているという。

    ただし、単に保守的な経営が成功するということではない。守るにせよ攻めるにせよ、常に最適な行動ができる偉大な企業の根本にあるのが、本書の副題でもある「自らの意志」、つまり主体性である。偉大な企業は長年にわたり、どのような状況下でも常に主体的に考え、非常に高い次元において様々なトレードオフを解決し続けている。言われてみれば当たり前のように聞こえるが、結局のところ、偉大な企業をそう簡単に模倣できない要因はそこにあるのだろう。

  • 企業だけでなく、自身が「10X」テンエクサーになるための方法がまなべる良書

  • 20150103
    [Great by Choice] by Jim Collins and Morten T. Hansen: 2011

    ビジョナリーカンパニーシリーズ4部作の完結編。圧巻は「運の分析」の章で、不確実性の中での飛躍という本書テーマの核心をついている。第1作初出から17年、主要75社を対象にのべ六千年以上にわたる企業史を網羅する骨太の分析に脱帽、それを人間味溢れるエピソードで楽しく綴る筆致に心躍る。論旨に一貫してぶれるところなく、完結編に相応しくシリーズの整合性、相互補完性にも言及した。美しい。推薦して下さった中西さんに感謝したい。

    ー「われわれは未来については絶対に何も分からない」経済学史研究家ピーター・L・バーンスタイン

    ー未来を予測する最高の方法(ひょっとしたら唯一の方法)は、自ら未来を創造することなのだ (ピーター・F・ドラッカー)

    ー「あらゆる状況を想定して準備しておけば勝利が訪れる。これを人々は幸運と呼ぶ。事前に必要な予防策を講じるのを怠れば失敗は確実だ。これを人々は不運と呼ぶ」ロアルド・アムンゼン著 「南極点征服」

    ー狂信的規律、実証的創造力、建設的パラノイア。これに命を吹き込む、レベルファイブ野心。

    ー規律とは、本質的には「行動の一貫性」である。

    ー「常に恐怖を感じて経営すべきだ。ただし、恐怖を表に出してはならない。個人的にはいつも失敗した場合のことを考えている」ビル・ゲイツ

    ー死線にぶつかったら旅は終わり、ゲームオーバーだ。

    ー「早く行動すべきか、それとも遅く行動すべきか」ではない(中略)「リスク許容度が変わるまでどのくらいの時間があるか?」が鍵。

    ー決定的な瞬間を認識する能力: 状況が変化すればそれが好機であれ危機であれ、当初計画を破棄したり、仕事の焦点を変えたり、優先順位を入れ替えたりしなければならない。変化察知のためのズームアウトと、行動のためのズームイン。

    ーSMaCは、具体的である(Specific)整然としている(Methodical)そして(and)一貫している(Consistent)。戦略上の概念を現実の世界へ適用するための業務手順であり、単なる戦術以上に永続性のある実践法一式ともいえる。

    ー登山に付き物のリスクに対する最大の備えは良きパートナーと組むことだ。

    ー成功をもたらすのは運ではなく人間である。基本的な質問は「あなたは強運の持ち主か」ではなく「あなたは高い運の利益率を達成しているか?」であるべきだ。

    ー「わたしを殺さないものは、わたしをいっそう強くする(what does not kill me, makes me stronger)」ニーチェ

    ー「絶望的な状況に置かれても、そこから希望を見出すよう固く決意すべきである」作家F・スコット・フィッツジェラルド

    ーわれわれは結局、目の前で起きる出来事のほんの一部に対してしか影響を及ぼせない。しかしわれわれには、どのように決断・行動するのか選択の自由がある。自分の意思で偉大になる自由がある。

    ーどんな大恐慌がいつ訪れるのか、誰も確信を持って予測できない。しかしわれわれは、「何らかの大恐慌がいつか訪れる」と確信を持って予測できる。

  • 読み物としても面白くビジョナリカンパニーがどのような特徴を持っているかを実例や登山や冒険も引き合いに出しわかりやすく述べられている。
    1作目から3作目との整合性についても触れられておりより理解が深まる。

  • このシリーズは経営者のみならず、事業家になりたいひとは必読の本と言えます。是非蔵書に加えて下さい。

  • 自分の利益のためじゃなくっていう、自分の考え方は大丈夫っぽい。
    あとは、行動を伴い続けられるかだなぁ。

  • VCの第4作は「不確実かつ不安定な環境下で偉大さを実現した企業の特徴」がテーマ。
    シリーズの1と2と立て続けに読んだ時の衝撃があまりに大きかったため、その時ほどのインパクトはありませんでしたが、良書であることに違いはありません。

    --------------------

    偉大な企業(10X企業)のリーダーは、取り立ててリスク志向で大胆、創造的というわけではない。
    イノベーションが成功の鍵というわけでもなければ、運に特別恵まれているわけでもない。

    10X型リーダーの行動における特徴は、以下の通り。
    1.狂信的規律:一貫した価値観・目標・評価基準を持ち、行動がぶれない。
    2.実証的想像力:不確実な状況にある時、科学的に実証できる根拠に頼る。観察・実験し、事実と向き合う。
    3.建設的パラノイア:常に最悪の状況を想定し、準備・有事対応策を怠らず、安全余裕率を高める。

    それに伴い、企業が取る行動パターンは以下のようにまとめられる。
    1.「20マイル行進」:状況が悪い時も良い時も着実に同じ距離を前進する
    2.「銃撃に続いて大砲」:小さな実験を積み重ねてから大きな勝負に出る
    3.「死線を避けるリーダーシップ」:常時「もしこうなったら?」と(ズームアウト、ズームインしながら)自問する
    4.「SMaCレシピ」:具体的であり、整然、そして一貫した姿勢をとり続ける

    これらの行動パターンの実行する上で不可欠となるのが「レベルファイブ野心」である。
    人を魅きつける野心を持ち、世界を変革しようとする大きな目標を持っているリーダーであることが、混沌とした現代社会の中で秀でた企業になるための条件となる。

    --------------------

    成功の秘訣は環境でも、運でもなく、結局は「人」ということでしょう。
    企業経営、起業だけではなく、VCシリーズは個人の生き方にも大きな示唆を与えてくれます。

    4冊を一通りを読んでみて、各巻を評価するなら(好きな順番を付けるとするなら)「2>1>>>4>3」という感じでしょうか。1&2があまりにも良すぎました。

  • どんな企業にも(そして、人生にも)幸運と悪運がある。
    幸運を最大化し、悪運の影響を最小化するために必要なことは?を述べたほん。

    突出した天才がいても、ただの天才で終わるパターンは多く、非凡な凡才が成功するパターンも多い。

    なにをみて、なにを軸にしてコツコツやるかが重要であって、コツコツやることそのものに価値があるわけではない。

全97件中 21 - 30件を表示

ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になるのその他の作品

ジム・コリンズの作品

ツイートする