ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になる

制作 : モートン・ハンセン共著  牧野洋 
  • 日経BP
4.13
  • (93)
  • (100)
  • (39)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 1217
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822249236

作品紹介・あらすじ

ピーター・ドラッカーの後継者とされるジム・コリンズ。コロラドの山中に研究ラボを設け、これまでに長い年月をかけて「偉大な企業」「偉大な指導者」の条件を追究してきた。
今回は初めて外部環境を変数に入れ、不確実でカオスのような時代に他を圧倒して成長している偉大な企業7社を導き出した。
10X型企業がそれだ。10X型企業とは同業よりも最低10倍以上のパフォーマンスを上げているスーパー・エクセレント・カンパニーのことだ。その10X型企業の特徴を同業の有力企業と比較する「一対比較法」で鮮明に描き出した

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • P.96 なぜ一定のペースで成長しなければならないのか
    これは一貫性の問題なのか。不確実な状況下であるから一定の規律を維持することが、成功の確率を高めるということか。P.102の記述をみるとそうらしい。一定の定量的な目標は文化や規律を維持せしめる。つまり、狂信的規律を具体化したものが二十マイル更新である
    若干ドルコスト平均法的な雰囲気がある


    ・そのうち内容をクイズレットに入れようと思う。

    読んでいると、
    失敗した企業も10exer 的な行動を避けるという意味で共通性が見出せる。
    では、なぜ彼らはそのような意思決定をしたのか。
    一定の合理性に基づいて行った判断が破滅へと繋がっている。

    両者は自身の合理性に基づいているという意味では同じなのだろうか。
    それとも、自身の規律を自身の合理性以外を事由に変えてしまったのだろうか。

    なんとなく、モデル企業の経営者は頑固そうだから、後者が理由になりそうだが。

    企業ではなく、経営者に焦点を当てた研究があっても面白いかもなぁ。

    ただ、内容は文句なく面白い。
    事例が多くするする読める。

    ★マイナス1は、目からウロコ感がなかったから。
    結構普通のことをみんなやっている。

    それが難しいということなんだろうが。

  • 今回は企業が偉大になる為の要素を、比較企業とともに分析している。
    前作が、企業の衰退へ向かう流れを分析し自分の立場と照らし合わせ暗い気持ちになったが、今回は同じような企業でありながら偉大になって飛躍する
    点にスコープがあたっていて、興味深い。


  • 環境認識、前提の置き方は非常に参考になるのだが、1, 2 ほどのインパクトが得られない...

  • 10X成長型企業の経営の在り方を紐解く第4弾。経験値を積み重ねていく中でいかに経営判断の精度を上げていく試行を小さく回していく習慣づけがあるか、がとにかく問われている様に感じた。継続的に新たな試行を繰り返すには、創造性と狂信的規律の両立が求められると。

  • 相変わらずすばらしい内容。特に今回は、南極探検のアムンゼンとスコットを例に挙げながら、完璧を目指した計画作りと、一定のリズムを守った堅実な企業経営の重要性を解く(他にも重要なプラクティスあり)。これは起業経営のみならず、どんな組織にも当てはまる重要なプラクティスだろうと思う。

  • 第1章 不確実性の時代に飛躍する
    第2章 10X型リーダー
    第3章 二十マイル行進
    第4章 銃撃に続いて大砲発射
    第5章 死線を避けるリーダーシップ
    第6章 具体的で整然とした一貫レシピ
    第7章 運の利益率
    エピローグ 自分の意志で偉大になる

  • ビジョナリーカンパニーの4冊目。3冊目がでたのが2年くらいまえなので、かなり早いスピードだな。3冊目のなかでもこの本の話しがあったので、同時並行でプロジェクトをやっていたんだろう。
    それにしても、このシリーズのスゴさは、実証の方法論的なソフィスティケーションと徹底的な調査を踏まえつつ、事前の予想、当たり前の結論とはかなり違う答えを見つけ出す事だ。
    これは驚くべき事で、通常、調査を徹底的にやると訳が分からなくなって、調べなくても分かっていることしか言えないことになることが多いからだ。
    今回は、先行きが見えないなかで、企業はどうやって成長するか、というのがテーマ。これは今自分が直面している状況にぴったりフィット。とても参考になった。
    この本の答えは、外部環境とは関係なく、人間の意志によって、未来は創れるということ。
    くどいようだが、こういう結論が、徹底的に実証的な研究からでてくというのは本当にスゴいことだと思う。

  • 10x(テンエクサー)型リーダーの特徴
    1、狂信的規律
    一貫した価値観、一貫した目標、一貫した評価基準、一貫した方法をはじめ、徹底した「行動の一貫性」をします。
    長い時間を経ても行動がぶれない。
    2、実証的想像力
    不確定な状況に直面するとき、科学的に実証できる根拠を頼りにする。自らじかに観察し、実験を重ね、具体的な事実と向き合う。
    実証的な基盤をしっかりと築くからこそ、大胆で創造的に行動できる。
    3、建設的パラノイア
    良いときでも悪いときでもガードを崩さない。潜在的脅威や環境変化がないか監視するため、常に高感度なアンテナを張っている。
    警戒心や不安をテコに行動する。最悪な状況を想定して日頃から準備を怠らず、有事対応策を練り、衝撃緩和の仕組みをつくり、安全余裕率を高める。
    4、レベルファイブ野心
    1〜3を活性化させるのがやる気を起こす原動力「レベルファイブ野心」。
    自己を超越した大義を達成したり、偉大な企業に育てたりするのに不可欠な情熱である。


    狂信的規律(20マイル行進)
    良い20マイル行進の特徴
    ①明確な工程表
    ②自制心
    ③企業ごとの独自仕様
    ④他力本願ではなく自力達成型
    ⑤ゴールディロックス時間。無理がかからないほどゆっくり進むが、厳しさを伴うほど速く進む
    ⑥企業が自らに課す規律
    ⑦並外れた一貫性

    財務的指標である必要はない。良い行進の特徴を維持している限り、創造的行進、学力行進、サービス改善行進などの行進形態があってもいい。
    20マイル行進は自信を生み出す。どんな突発的ショックに見舞われても、20マイル行進を徹底する。
    こうすることで「成果を出せるかどうか決定づけるのは、自分が置かれた状況ではなく、自分が打ち出す行動」であると自ら証明できる。
    20マイル行進を実践すると、自分ではどうにもならない制御不能な環境下でも自制できる。

    Q.H&Gにとっての20マイル行進とは何か?

    実証的想像力(銃撃に続いて大砲発射)
    10x型成功の要因は「銃撃に続いて大砲発射」であり、飛躍的なイノベーションや天才的予測能力ではない。
    銃撃とは「低コスト」「低リスク」「低ディストラクション(気の散ること)」の3条件を満たす実証的テストのこと。
    実証的な有効性を確認した上で大砲を発射し、そこに経営資源を集中させる。このように大きな賭けに出ることで大きな成果を狙う。
    10x型企業は標的に命中しない銃弾を大量に撃つ。どの銃弾が命中するのかは事前に分からないからだ。
    精度調整をしたにもかかわらず砲撃に入らないでいると、平凡な結果しか出せない。重要なのは銃撃に続いて大砲を発射すること。銃弾か砲弾のどちらかを選ぶということではない。
    難しいのは厳格な規律と創造力をうまく融合させること。そのことで並外れた一貫性を持ってイノベーションを展開できる。大きく賭けて創造的に飛躍するというのは神話に過ぎない。

    Q.H&Gにとっての「十分な銃弾」とは何か?

    建設的パラノイア(死線を避けるリーダーシップ)
    ①前もって突発的出来事と悪運に備えるために、十分な手元資金を積み上げ「バッファー」を用意する
    ②リスクを抑える
     死線リスク
     非対称リスク
     制御不能リスク
    ③「ズームアウト」に続いて「ズームイン」。状況変化を察知し、効果的に対応するために徹頭徹尾用心深くなる
    10x型リーダーはスピードに特別な思い入れを持っていない。リスクの性質(リスクプロファイル)が変わるまでの限られた時間を使って、用心深く厳格に判断する

    Q.H&Gにとっての想定されるリスクとはどんなものがあるのか?

    SMaCレシピ
    具体的である(Specific)
    整然としている(Methodical)
    そして(and)
    一貫している(Consistent)
    SMaCレシピは永続性のある実践法一式であり、着実な成功を可能とする基盤になる。
    レシピ内容は明確・具体的。
    「何をやるべきか」「何をやってはならないのか」について明示しており、会社全体が一丸となって業務改善に取り組めるように作られている。
    いったんSMaCレシピを手に入れたら、10x型k業はレシピをたまにしか変更しない。

    Q.H&GにとってのSMaCレシピは何か。レシピ変更は必要か。

  • 不確実・カオス的な環境下に置かれながら、業界平均と比べ10倍以上の成果を長期に出し続けている企業である10X型企業がどのようにして生まれたのか調査結果を書いた一冊。

    どんな状況下でも着実に歩みを進める20マイル行進、確実に精度調整済みの大砲を放てるだけの裏付けをとったり、リスクには直面しているが、それに対応できるだけのバッファーを準備していることやSMaCレシピをつくることなど前3作同様に著者ならではの表現で書かれており、非常に勉強になりました。
    また比較対象企業としてアップルが挙げられていますが、スティーブ・ジョブズ以後の戦略についても解説されているところも興味深いものがありました。

    本書では南極探検家のアムンゼンとスコットや登山家のデビッド・ブリーシャーズの話から各企業の話に展開しておりその点も理解が深まる一助となりました。
    あと、巻末の訳者の著者とドラッガーとの比較も非常に興味深いものでした。

    本書では前3作で紹介された概念との比較に関しては本書ではあまり出てこないのですが、SMaCレシピを守り抜くところや運に対する考え方は前3作に繋がるものがあるとも感じました。

    本書の調査対象期間以後にも9.11テロやリーマンショックなど未曾有の出来事が起き、平穏な時代が永続することがない世の中で、本書を含む全4作の概念を守っていき、失敗してもそこから教訓を得て、そして自分の意志で偉大なる道を選ぶことが生きていくうえで重要であると感じました。

  • 良い。希望が持てる。どんな嵐がこようとも、どんな不運に見舞われたとしても、それを理由に衰退・没落するのではない。嵐が来る前から嵐のことを案じ、運不運ともに最終的には良いきっかけになったといえる状態にするのは自分達自身だという事が立証された。ビジョナリーカンパニーは全て読んでいるが、最も好き。

全97件中 1 - 10件を表示

ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になるのその他の作品

ジム・コリンズの作品

ビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になるを本棚に登録しているひと

ツイートする