クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

制作 : 千葉 敏生 
  • 日経BP社
3.94
  • (57)
  • (63)
  • (50)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 984
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250256

作品紹介・あらすじ

ある調査では、「自分はクリエイティブではない」と思っている人は75%にも上る。だが、どんな人でも自分の中に創造力を秘めている。ほんの少し背中を押せば、仕事でもプライベートでも、その力を存分に発揮できる!

 アップルやサムスン、P&Gなど名だたるグローバル企業の成長を支えてきたデザイン会社のIDEO(アイディオ)。「世界でもっともイノベーティブな企業」にも選ばれた同社を牽引してきた創業者で、スタンフォード大学dスクールの創設者でもあるデイヴィッド・ケリーと、その弟でIDEO共同経営者のトム・ケリーが、本書で最新の「デザイン思考」のノウハウを語る。

 創造力に必要なのは、アイデアと「自信」。その自信は、ちょっとしたトレーニングとアドバイスだけで、簡単に身につき、想像力・好奇心・勇気がみるみるあふれ出す。自分から行動し、人生を変え、イノベーションを起こす!

 5カ国の約5000人を対象に、もっとも創造性がある国を尋ねた調査では、「日本」という回答がもっとも多かった。「日本人はクリエイティブ。もっと自信を持っていい!」と語る知日家の著者による、日本人の背中を押す名著が待望の邦訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イノベーションとデザインのコンサルティングをしている著者による、創造的な発想とその実現についての話。ハーバード的な教育に基づく内容。実例もあってわかりやすい。学術的な理論を重視するのではなく、結局は、セミナーやブレーンストーミングを通じてやり方を身に着け、小さな成功を積み重ねることによって自信を持たせるということだと思う。
    「クリエイティブ・コンフィデンスには、欠かせない要素が2つあります。斬新なアイデアを思いつく人間生来の能力と、アイデアを行動に変える自信です」p1
    「(「天才的な想像力の持ち主は失敗しない」というのは誤り)モーツァルトのような芸術家から、ダーウィンのような科学者まで、天才的な想像力の持ち主は、失敗の数も多い。ただ、失敗したからといって、それを挑戦をやめる口実にしないというだけだ。「天才的ひらめき」が訪れるのは、ほかの人よりも成功率が高いからではない。単に、挑戦する回数が多いだけなのだ」p66
    「(ケン・ロビンソン卿)本来、教育というシステムは、私たちの生まれ持つ能力を伸ばし、私たちを世界で成功させるためにあるはずだ。ところが実際には、あまりにも多くの学生が教育によって才能や能力を抑えつけられ、学習意欲を失っているのだ」p88
    「創造性を手に入れるには、人と比べるのをやめるのが1つの方法なのだ。人と同調すること、他人の成功に追いつくことばかり考えていては、創造活動に付きものであるリスクを冒し、道を開拓することはできないだろう」p91
    「イノベーションの火種になるのは、飽くなき知的好奇心、楽観主義、最終的な成功のために何度も失敗することを受け入れる能力、懸命に働く意欲、アイデアだけでなく行動を重視する考え方なのだ」p111
    「組織、共同体、国家が繁栄するためには、行動を起こし、すばやいイノベーション・サイクルを開始し、なるべく早く実践から教訓を学ぶべきだ。そうすれば、ライバルたちがスタートラインでぐずぐずしているあいだに、全力疾走できるのだ」p166
    「コダックは、20世紀に大成功した化学薬品主体の事業にこだわるあまり、21世紀のデジタル世界への投資を怠った。コダックが経営破綻という結果を迎えたのは、情報不足のせいではない。洞察を有効な行動へ変えられなかったからだ」p173
    「(陶芸教室)教師は、クラスを2つに分けた。作品の質に基づいて成績をつけるクラスと、作品の量に基づいて成績をつけるクラスだ。「質」で評価される学生は、完璧な陶芸作品を作り上げるために全身全霊を注いだ。一方、「量」で評価される学生は、毎回ノンストップでろくろを回し続けた。そして、この実験の結果はもうおわかりだろう。学生たちの直観とは裏腹に、優秀な作品を作ったのは「量」で評価される学生たちばかりだった」p176
    「準備が整う前に、アイデアを世に放つべし。まだ開発作業が残っていても、現実の世界での市場テストは貴重な洞察の源になりうるのだ」p204
    「分析的な頭脳の持ち主は、たいてい行動を二の次にしてしまいます。しかし、何かに興奮したら、とにかく行動を起こすことが重要です」p208

  • クリエイティブな仕事は芸術家ではなく、クリエイティブと知ること。そしてその自己肯定感を認めてくれるコミュニティに身を置くこと。それがないなら作ること。に尽きると思う。

  • 今やどんな業種も知識労働化し、どんな仕事にもクリエイティビティが必要になってきた。

    デザイン思考―デザイナーの見方・考え方をビジネス、特にイノベーションに活用する事例が取り上げられ、世間ではデザイン思考セミナーなども盛んに行われている。

    そんなデザイン思考の本家、デザイン・コンサルティング・ファームIDEOの創業者による、デザイン思考を行うための心がけを説いたのが本書である。

    デザイン思考の手法はインターネットで手に入るし、関連書籍も多数ある。しかしいくら手法を覚えても、自分はクリエイティブだという自信がなければ、よい発想は生まれない。そして本書の一番大切なメッセージは、
    「誰でもクリエイティブになれる!」
    というものだ。

    人々の創造性を阻害しているのは、自分がクリエイティブでないという思い込みであり、クリエイティブ・コンフィデンスを身につけることがまず必要だ。デザイン思考のさまざまなツールは実は、そのためのワークショップである、さあ実践しよう!

    このような著者のパッションが本書のあらゆるページから感じられ、すぐそばで語りかけられるように、今すぐやろう、という気持ちになる。

    何かを変えたい人、変えられなくて停滞している人、とにかく元気が欲しい人、さまざまな人にお勧めしたい。

  • とても丁寧な本だった。翻訳が良かったのか、作者が良かったのかわからない。でも兄弟が病で倒れたときに約束したという本なのだから、それだけ時間が込められていたのかもしれない。もちろん気持ちも。
    最初から最後まで読むのに3日しかかからなかった。自分でも驚き。基本的に遅いはずなのに。
    でも最初から、とてもエネルギーをもらったし、自分の毎日をどのように彩っていくか、ワクワクしながら読めた。これを読んでいるとき、同時に大学院の課題も進めていた。これは、「ホレ、課題かけかけ、大丈夫」とヒゲのおじさんに言われているようでならなかった。それはある意味で癒しであり、キュートな二人のおかげであり、この本はこういう論文のためにあるのだと確信した。それは論文を書くことはクリエイティブであることを証明した一つかもしれない。
    そのくらい熱がこもるこの本。何かあったら読み返して元気の源にしたい。

  • dスクールで教えられている、「デザイン思考」により創造性を開花させる方法論。
    しかし、紙幅のかなりの部分がエピソードで膨らませてある感じで、逆に具体的な方法論が埋没してしまっている。
    クリエイティブになるには、そうした創造性の力が誰にでも(もちろん自分にも)備わっていることを受け容れ、創造性を発揮すると決意すること。現場のユーザーの不便さに寄り添い、様々な可能性のアイデアから解決策を導き、小さなプロトタイプ、できるところから適用してみることが印象に残った。
    14-184

  • クリエイティブな仕事をするための参考書。久々に人にお勧めしたい★5つ!クリエイティブ力は「行動」を起こして力を伸ばし続けないといけない。「計画するより行動しよう」を心がけて頑張ります。『最終的に創造の飛躍を遂げるためには、とにかく始める必要があるのだ。 すぐに結果を出すのは難しい。だからこそすばやく改良を続けていくべきなのだ。』"

  • デザイン思考って流行っているけど、手法的にはラピッド・プロトタイピングの域を出ないわけで、ツール屋に踊らされていると感じる。
    イノベーション・プログラムを成功させるための要素は「技術的要因」「経済的な実現性」「人的要因」。

  • 自己啓発

  • vol.264 クリエイティブマインドセット!好奇心と勇気が目覚める脅威の思考法とは?
    http://www.shirayu.com/news/2014/

  • デザイン思考の考え方を知るのにいい本です。内容としては兄の言葉が多いのではないかと思いました。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

世界的なイノベーションとデザインのコンサルティング会社である「IDEO」の創設者。アップルの初代マウスをはじめ、数々のヒット商品を生み出し、人間中心のデザイン手法やイノベーション文化を組織に広める後押しを行う。スタンフォード大学教授で、「デザイン思考」の実践を学ぶスタンフォード大学内のプログラム「dスクール」を創設。誰もが内に秘めている潜在的な創造力を開花させる手助けをライフワークとしている。こうしたデザイン分野での教育の貢献によって、サー・ミシャ・ブラック賞など多くの賞を受賞している。

「2014年 『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法のその他の作品

デイヴィッド・ケリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
佐藤 優
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法に関連するまとめ

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする