クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

制作 : 千葉 敏生 
  • 日経BP社
3.96
  • (52)
  • (59)
  • (43)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 876
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250256

作品紹介・あらすじ

ある調査では、「自分はクリエイティブではない」と思っている人は75%にも上る。だが、どんな人でも自分の中に創造力を秘めている。ほんの少し背中を押せば、仕事でもプライベートでも、その力を存分に発揮できる!

 アップルやサムスン、P&Gなど名だたるグローバル企業の成長を支えてきたデザイン会社のIDEO(アイディオ)。「世界でもっともイノベーティブな企業」にも選ばれた同社を牽引してきた創業者で、スタンフォード大学dスクールの創設者でもあるデイヴィッド・ケリーと、その弟でIDEO共同経営者のトム・ケリーが、本書で最新の「デザイン思考」のノウハウを語る。

 創造力に必要なのは、アイデアと「自信」。その自信は、ちょっとしたトレーニングとアドバイスだけで、簡単に身につき、想像力・好奇心・勇気がみるみるあふれ出す。自分から行動し、人生を変え、イノベーションを起こす!

 5カ国の約5000人を対象に、もっとも創造性がある国を尋ねた調査では、「日本」という回答がもっとも多かった。「日本人はクリエイティブ。もっと自信を持っていい!」と語る知日家の著者による、日本人の背中を押す名著が待望の邦訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今やどんな業種も知識労働化し、どんな仕事にもクリエイティビティが必要になってきた。

    デザイン思考―デザイナーの見方・考え方をビジネス、特にイノベーションに活用する事例が取り上げられ、世間ではデザイン思考セミナーなども盛んに行われている。

    そんなデザイン思考の本家、デザイン・コンサルティング・ファームIDEOの創業者による、デザイン思考を行うための心がけを説いたのが本書である。

    デザイン思考の手法はインターネットで手に入るし、関連書籍も多数ある。しかしいくら手法を覚えても、自分はクリエイティブだという自信がなければ、よい発想は生まれない。そして本書の一番大切なメッセージは、
    「誰でもクリエイティブになれる!」
    というものだ。

    人々の創造性を阻害しているのは、自分がクリエイティブでないという思い込みであり、クリエイティブ・コンフィデンスを身につけることがまず必要だ。デザイン思考のさまざまなツールは実は、そのためのワークショップである、さあ実践しよう!

    このような著者のパッションが本書のあらゆるページから感じられ、すぐそばで語りかけられるように、今すぐやろう、という気持ちになる。

    何かを変えたい人、変えられなくて停滞している人、とにかく元気が欲しい人、さまざまな人にお勧めしたい。

  • とても丁寧な本だった。翻訳が良かったのか、作者が良かったのかわからない。でも兄弟が病で倒れたときに約束したという本なのだから、それだけ時間が込められていたのかもしれない。もちろん気持ちも。
    最初から最後まで読むのに3日しかかからなかった。自分でも驚き。基本的に遅いはずなのに。
    でも最初から、とてもエネルギーをもらったし、自分の毎日をどのように彩っていくか、ワクワクしながら読めた。これを読んでいるとき、同時に大学院の課題も進めていた。これは、「ホレ、課題かけかけ、大丈夫」とヒゲのおじさんに言われているようでならなかった。それはある意味で癒しであり、キュートな二人のおかげであり、この本はこういう論文のためにあるのだと確信した。それは論文を書くことはクリエイティブであることを証明した一つかもしれない。
    そのくらい熱がこもるこの本。何かあったら読み返して元気の源にしたい。

  • dスクールで教えられている、「デザイン思考」により創造性を開花させる方法論。
    しかし、紙幅のかなりの部分がエピソードで膨らませてある感じで、逆に具体的な方法論が埋没してしまっている。
    クリエイティブになるには、そうした創造性の力が誰にでも(もちろん自分にも)備わっていることを受け容れ、創造性を発揮すると決意すること。現場のユーザーの不便さに寄り添い、様々な可能性のアイデアから解決策を導き、小さなプロトタイプ、できるところから適用してみることが印象に残った。
    14-184

  • クリエイティブな仕事は芸術家ではなく、クリエイティブと知ること。そしてその自己肯定感を認めてくれるコミュニティに身を置くこと。それがないなら作ること。に尽きると思う。

  • creative confidence
    創造力への自信

    誰でも創造的になれる
    失敗を恐れたりする必要はない
    プロトタイプと言ってしまって、どんどん実験し、失敗しながら学んで行けばいい

  • デザイン思考実践のための基幹本。


    メモ
    ・クリエイティブな力を伸ばすために
    1 クリエイティブになると決意する
    2 旅行者のように周囲のものを新しい視点で考える
    3 リラックスした注意を払う。新しい接点を考える
    4 エンドユーザーに共感する。
    5 現場に行って観察する
    6 なぜで始まる質問をする
    7 問題の枠組みを捉え直す。視点を変える
    8 心を許せる仲間のネットワークを築く

    ・問題の枠組みを捉え直すには
    1 明白な解決策から離れる ねずみをとるのでなく寄せ付けない方法をかんがえるなど
    2 焦点や視点を変える
    3 真の問題を突き止める
    4 抵抗や心理的な否定を避ける方法を探す
    5 逆を考える

    ・計画をなるべく減らし行動をなるべく増やす。

    ・行動するための刺激
    1 助けを求める
    2 周囲からの圧力を生み出す
    3 聞き役を集める
    4 本気でやらない。下手なものをまず作る。
    5 ハードはを下げる

    ・毎日最高の気分だったのはいつだろう?仕事にもっとのやりがいを感じたのは?と自問する時間を設ける。

  • 読みやすく、面白くて、この1週間は毎日の通勤時間がこの本のおかげで楽しみだった。d.school、他デザインスクールのreading listに載っている必読書。(2018.3.31現在)

  • 心持ち、まさにマインドセットを説いた本。日常生活にどう生かすかを継続的に考える必要がありそう。

  • クリエイティブであるためのコツをメモした本です。
    以下のようなコツや考え方が記載されています。

    ・クリエイティブとは画期的なアイデアを創造する能力のことである。クリエイティブであるためには、クリエイティブになることを宣言し、実際に行動しプロトタイプを生み出すことが肝要だ。行動し、実験を行い、フィードバックを得る過程でクリエイティブにアイデアを創造するきっかけが潜んでいる。

    ・制約が大きいほどアイデアが必要になり、クリエイティブであることが求められる。〆切りがあるから仕事が進む理屈と同じである。

    ・人が近くにいるれば創造への圧力を感じ、効率が上がる。

    ・予算を少なく、日程を短くしてアイデアを追い求める。

    ・準備が整う前にアイデアを世に放ち、トンチンカンな考えか確かめる。


    *************
    目次

    序章 人間はみんなクリエイティブだ!
     創造性こそビジネス最大の武器
     生き方が変わる
     世界をよりよくする旅にでよう

    第1章 デザイン思考で生まれ変わる
     column デザイン主導のイノベーション
     デザイン思考は組織をクリエーティブにする
     column 人々を宙返りさせるために dスクール誕生秘話
     クリエイティブに考えられる人材を育てる
     しなやかマインドセット
     宇宙に衝撃を与えよ

    第2章 恐怖を克服する
     失敗のパラドクス
     勇気のデザイン
     column 顧客インタビューの恐怖を乗り越える
     ゲームなら失敗しても怖くない
     失敗しても許される環境を作る
     自分の失敗を認める
     粘土の馬の悲劇
     人と比べるのをやめる
     ペンをつかんで立ち上がろう
     column 人間のスケッチを描く
     子供が初めてすべり台をすべるとき

    第3章 創造性の火花を散らせ!
     クリエイティブな力を伸ばす
     クリエイティブになると決意する
     旅行者のように考える
     column 共同黒板を設ける
     「リラックスした注意」を払う
     エンド・ユーザーに共感する
     column ビッグデータの世界における共感
     現場で観察する
     「なぜ」で始まる質問をする
     column インタビュー・テクニック
     問題の枠組みをとらえ直す
     column 問題の枠組みをとらえ直すテクニック
     心を許せるネットワークを築く
     創造のセレンディピティを育む

    第4章 計画するより行動しよう
     「何かやってみる」という考え方
     column 「バグ・リスト」を書き留める
     計画はやめて行動を起こす
     column 行動するための刺激
     制約があるからクリエイティブになる
     学ぶために試してみる
     1時間でプロトタイプ
     column 簡単動画を撮影するためのヒント
     共有体験をプロトタイプにする
     column サービスをストーリーボードで表現する
     実験するために行動する
     リリースしてから学ぶ
     行動を伝染させていく
     「実験」と呼べば成功の確率が高まる
     自分でニュースを作ろう

    第5章 義務なんか忘れてしまえ
     「良くは見えるけど、良いと感じられない」のワナ
     ボーイングはうんざり
     労働?キャリア?それとも転職?
     情熱を求めて転身する
     スイート・スポットを見つける
     column 1日に 点数を付ける
     本業以外の活動を試してみる
     勇気を出してジャンプする
     絶対にできないと思うものは、もうない

    第6章 みんなでクリエイティブになる
     職場にカラオケ・コンフィデンスを築く
     column dスクールの過激なコラボレーション
     column イノベーション・チームを育てるには
     場所の持つ力
     言葉が思考を作る
     イノベーションを起こす増幅型リーダー
     column チームの影響力を増幅させるには
     巨大組織の文化を変える
     みんなが秘めている創造力を活かす

    第7章 チャレンジ
     ①意識的に思考の幅を広げ、クリエイティブに考える
     ②想像力のアウトプットを増やす
     ③アイデア創造セッションをジャンプスタート!
     ④人間の行動を観察して学ぶ
     ⑤建設的なフィードバックを促し、受け入れる
     ⑥グループの雰囲気を盛り上げる
     ⑦上下関係をなくして、アイデアの流れを活発化する
     ⑧顧客、従業員、エンド・ユーザーに共感する
     ⑨取り組む問題を定義する
     ⑩グループにイノベーション思考を理解してもらう

    第8章 その先へ

  • Kindle版読了。creativity(創造性)について、たいへん示唆に富む内容でした。
    著者は、原書のタイトルである“Creative Confidence” の重要性と、それを手に入れるための考え方や態度、クリエイティブな生き方などについて、多くの事例やstanford大学の教育プログラムを示しながら述べていきます。

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

世界的なイノベーションとデザインのコンサルティング会社である「IDEO」の創設者。アップルの初代マウスをはじめ、数々のヒット商品を生み出し、人間中心のデザイン手法やイノベーション文化を組織に広める後押しを行う。スタンフォード大学教授で、「デザイン思考」の実践を学ぶスタンフォード大学内のプログラム「dスクール」を創設。誰もが内に秘めている潜在的な創造力を開花させる手助けをライフワークとしている。こうしたデザイン分野での教育の貢献によって、サー・ミシャ・ブラック賞など多くの賞を受賞している。

「2014年 『クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法のその他の作品

デイヴィッド・ケリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
エリック・リース
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法に関連するまとめ

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする