ブラックスワンの経営学 通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディ

著者 :
  • 日経BP社
3.41
  • (8)
  • (17)
  • (24)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 249
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250294

作品紹介・あらすじ

ここに、1つの逆説的な事実があります。前述したようにマネジメントの学会では、現在の統計学の大ブームが起こる前から統計学をベースにした研究が主流であり、多くの論文が学術雑誌に掲載されてきました。記憶に残らないような示唆しかもたらさない仮説であっても、それを検証できれば掲載されるという統計調査の方が有利で、掲載比率では、全体の約9割を占めています。つまり事例研究の掲載比率は1割にも満たないのです。量的には存在感が薄いといえるわけです。
しかし、その反面、ベストアーティクルとして学会賞を受賞するような論文となると、事例研究の存在感がぐっと増します。最近の傾向を見ると、米国の学会、アカデミー・オブ・マネジメントが発行する『アカデミー・オブ・マネジメント・ジャーナル』(Academy of Management Journal、通称AMJ)では約50%が事例研究によるものです(2000年代から2013年現在)。マネジメント関連で、権威ある学術雑誌として名高い『アドミニストラティブ・サイエンス・クオータリ』(Administrative Science Quarterly、通称ASQ)では、発行後の5年間の影響力を評価して最優秀論文賞を決定しますが、受賞論文の約70%を事例研究が占めています(2000年以降から現在)。
(中略)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名著「ブラックスワン」の中で著者のN・タレブは、予測できなかったにも関わらず、いったん発生すると「後づけ」で「それらしい説明」がなされるため、予測可能だったと思ってしまう事象を「ブラックスワン」と名付けた。そのブラックスワンが“予測”できる可能性を「事例研究」の手法に求め、経営学界の優秀論文を題材に、実務にも応用できる要点を解説した一冊。

    数値データから相関関係を分析する統計学的手法と異なり、「コンテキスト」(脈絡や状況)や仮説思考といった定性的要素を重視しつつ、様々なバイアスを排除することで客観性を高めた事例研究では、仮説を逸脱した事例を排除することなく、さらに異なる視点からの分析を重ねることにより、“それまでの常識では計り知れなかった新たな因果関係のメカニズム”(=ブラックスワン)を明らかにすることができる。

    デジタル技術の力で膨大なデータから相関関係さえ抽出できれば、仮説も因果関係も必要なし、という「ビッグデータ」のような手法とは対極に位置する「アナログな」やり方ではあるが、人知の限界への挑戦という意味では、事例研究も統計学同様、進化し続けていることがわかる。「データサイエンティスト」の双璧として「コンテキストサイエンティスト」が出てきてもおかしくないのかもしれない。

  • 内容がブラックスワンかどうかは別として、事例研究で留意すべき視点について、示唆に富んでおり、非常に参考になる。

  • 学術から1年遠ざかっているとこうも咀嚼感がないものかと感じた。決して内容が悪いのではなく、今の自分には響かなかった。

  • 資料ID:98150069
    請求記号:335.1||I
    配置場所:工枚普通図書

    2015年ITエンジニア本大賞ノミネート

  • 日本ではあまり盛んでない事例研究の本。ありえない事象「ブラックスワン」から既存のルールをくつがえすビジネスの在り方を発見する道を説く。日本企業も欧米礼賛や懐古主義にひたるくらいなら、ブラックスワンを発見することを必死に頑張ってみるべきだ感じる。

  • 自分自身、1年前まで経営専門職大学院に通っていただけに、在学時代に出会いたい本であった。
    経営学における「ブラックスワン(=ありえないような発見)」は、統計分析による研究よりも、事例研究によって明らかになることが多い。
    著名なマネジメント学会誌『アカデミー・オブ・マネジメント・ジャーナル(AMJ)』の受賞論文の多くは後者によるものであり、本書ではアワードにおける最優秀論文の解説を通じて、“通説”を覆した事例研究とその方法論を解説している。

    「ブラックスワン(という事象)」に関してというよりは、「ブラックスワンを発見するに至るまでのアプローチ」について書かれているため、経営学を学ぶ大学生・院生や研究者向けの本と言えそうだが、一般のビジネスマンには役立たないかといえばそうではない。

    むしろ筆者は「ビジネスに携わっている実務家が、普段あまり意識することのない調査方法について、改めて考えるきっかけを提供したかった」と述べている。
    最終章において述べられているのが、学術と実務の違いについて。
    学術の使命は、真理の探究と学界における新しさの発見であり、論文が1つのゴールであるのに対して、実務は実践によって効果を上げること、あるいは問題解決がゴールである。その違いを意識し、「こだわるべき部分」と「わりきってよい部分」を区別しつつ、事例研究の知的作法を学んでほしいということである。

    どのような事例に対して、どのような研究アプローチを行ったのかを書き出して、今一度個人的に整理してみようと思う。

  • ブラック・スワン=ヨーロッパで「ありえない」ことの象徴。この本ではマネジメントの「アカデミー賞」受賞作品を事例に、事例研究の中で「ブラックスワン」を見つけるための方法を示唆。統計学と事例研究の違い、事例研究が持つ有用性について言及。事例として取り上げられているそれぞれの論文はいずれもわかりやすく、初級の入門書ともいえそう。事例を研究することは大事だけど、そこから「ブラックスワン」を見つけ出すための読解力、仮説立案の力が必要なのは当然であり、自分にそこが足りないのは痛いところ。

  • ケーススタディは経営学の最強スキル! 世界で最も影響力のある経営学会、アカデミー・オブ・マネジメントが選んだ最優秀論文を紹介する。

    第1章 「UFOが来る」と信じる人にも理由がある
    第2章 凋落した教会で起きた「例外的な再生劇」
    第3章 新聞社の意思決定に生じた「ねじれ現象」
    第4章 ハリウッド脚本家の「創造性判定」
    第5章 「優れた医療イノベーション」が普及しない理由
    第6章 ベンチャー企業のM&Aにおける「裏切り」
    第7章 ビジネスの実務に役立つ事例研究の方法

  • 事例研究の効果、方法論、ノウハウを示しながら、最近の興味深い学説ストーリーを語る。カルト団体が予言が外れても存続する理由は認知的不協和にある、組織が脅威に直面したときにねじれ現象がおきる、など。

    研究者向けには事例研究の方法論ですが、一般人には、ともに語られる様々なストーリーの面白さ、です。

  • 5つの経営の常識に反するケーススタティを取り出して説明している。
    1. 凋落している教会の再生事例。リーダーシップ(通常、変革には最も重要とされる)とは異なる細かいアクションの積み重ねで組織の方向性が大きく変わった。
    2. オンラインに対する新聞社のアクション。複数社が同時に同じ経営課題に対処し、論争のある環境変化に対して硬直的加重なんかという疑問に対してそのケースでは、素早く行動する経営と硬直的な経営の2つの相反する行動がそれぞれの新聞社で見られた。8社中ほとんどがオンライン子会社など新組織は素早く設立したが、その新組織に対してはトップダウンで行動を決定し、結果としてそのオンライン対応新組織は本社の利害に縛られ柔軟な行動が出来ずコストを食っただけとなってしまった。
    3. ハリウッド脚本家の創造力測定。新規脚本家を採用する際の面接のチェック事項。プレゼンだけではなく、プレゼンに対して面接官がどのようなアクションをとったかが、その面接官の判断にフィードバックされて印象を決定づける。その点で実験と実際は異なる。プレゼンターは面接官を同志(上下関係ではく)としてプレゼンに参加させることが重要となる。
    4. 医療技術の普及の差異。優れた技術が必ずしも普及するとは限らない。その理由としては、専門家(領域、病院/プライマリー)の壁が多くあり、それを超えるような人々への働きかけが重要。
    5. ベンチャー企業のMAの買い手売り手の裏切り行為の理由。買い手と売り手双方に調査したのがポイントで、2者に信頼/非信頼の4通りのパターンが存在するが、相手は自分を信頼しているが、自分が相手を信頼できない時買い手は裏切る。
    細かい事例が多い割に5例は少ない。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

早稲田大学商学学術院教授1992年横浜国立大学経営学部卒業。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008年から現職。2011年9月から独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、2012年4月から2014年3月までペンシルバニア大学ウォートンスクール・シニアフェローを兼務。2003年経営情報学会論文賞受賞。専門分野は、競争戦略とビジネスシステム(ビジネスモデル)。主な著書に、『ブラックスワンの経営学』(日経BP社)、『情報技術と事業システムの進化』(白桃書房)、『事業システム戦略―事業の仕組みと競争優位』(共著、有斐閣)などがある。

「2017年 『模倣の経営学 実践プログラム版 NEW COMBINATIONS 模倣を創造に変えるイノベーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブラックスワンの経営学 通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディのその他の作品

井上達彦の作品

ブラックスワンの経営学 通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディに関連する談話室の質問

ブラックスワンの経営学 通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディを本棚に登録しているひと

ツイートする