日本人はどう死ぬべきか?

  • 日経BP社
3.71
  • (5)
  • (11)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250577

作品紹介・あらすじ

身体を見つめてきた解剖学者と世界を駆けまわる建築家が、現代日本の大問題、「死に方」について考える。

中高年男性の自殺率が世界でもトップレベルになった日本。
「死」が徹底的に排除された都市に住み、「死」について考えなくなった私たちは、
どのように「死」と向き合い、「その日」を迎えればいいのだろうか?

解剖学者と建築家という異色のコンビが、鴨長明の『方丈記』や、東京の歌舞伎座、
そして同じ学校で受けたキリスト教式の教育などをヒントに、ときにユーモアを交えながら、縦横無尽に語り合う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二人の対談本から、隈研吾さんのことを知ったのだった。
    「死」をテーマとしながら、話は違う方へ脱線していく。
    日本という自然災害の多い場所に住んでいる以上、
    家はずっと住み続けるものというよりも、
    変化して流れてやり直せるものであるほうが自然な気がする。
    「死」はつまるところ、2人称(近しい人)の死が一番の問題で
    自分は死んだらおしまいで自分にはわからないのだから、
    今ちゃんと楽しまないでどうすんの、今やることやらないでどうするの、
    という考えが底にあるので、読んでいると気持ちが上がっていく。

  • 図書館より。
    さらりと読了。意外にも面白かった!

    養老先生の語り口、読みやすくて好きです。
    隈研吾氏も建築の本で知っていたけど、こんな人だったとは。
    この二人の対談、他にもあるようなので読んでみたい。

  • やっぱりいい。すごくすごくためになった。

  • 農業の後継者問題で、田舎のじいさんが、「いやー、後継者がいなくて」と、こぼしているんだけれど、「お前がいるからだろう」って、おもわず画面にむかっていいたくなる

    スイス人は、冷蔵庫にいろいろなものをいつまでも貯蔵しておく、へんな人たちだ ジョーク

    マケドニア 1963 大地震 そのあとの復興の国際コンペ 丹下健三が当選 尊敬されている
    駅の地下に 、タンゲケンゾウというバーがある

    方丈記は原稿用紙で24,5枚

    歌舞伎座3階席 3FA 6000 3FB 4000 見通しがいい
    1F 座敷は2万円

  • 114

  • 死をテーマにしているが、どこか他人事で飄々としとしている二人。タイトルほど死について語っているだけではなく、森羅万象なんにでも話は及ぶ。つまりは人の死は宗教から離れたところではすべてどうでも良いことだらけである、というなんだか適当なところに話は落ち着き、それでいいんじゃないかとどこか安心できる。他人の死は悼むことができるけれども自分の死は悼みようがない。そんな根本的な諦観が意外に楽に生きられる秘訣なのかもしれない。

  • 建築家が対談相手なので、海外国内の土地建物や、国内の建築計画のエピソードに絡めて、人の死を考える本です。

  • 対談集
    表題にひかれた(だけ)。

  • 2015年3月新着

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

解剖学者。1937年、神奈川県生まれ。著書に『バカの壁』『遺言。』(ともに新潮社)など。

「2018年 『「農業を株式会社化する」という無理 これからの農業論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人はどう死ぬべきか?のその他の作品

養老孟司の作品

日本人はどう死ぬべきか?を本棚に登録しているひと

ツイートする