HARD THINGS

制作 : 小澤隆生  滑川海彦、高橋信夫 
  • 日経BP
3.90
  • (137)
  • (165)
  • (114)
  • (20)
  • (9)
本棚登録 : 2215
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人、製品、利益の順に大切にする。
    とてもシンプルで、難しく、重要な優先順位。自分が働く会社もそうであってほしい。けど、大事にしたいと思ってもらえるような人材でい続けられるよう、最大限の努力を常にしないといけないのは当たり前のこと。自分がどこまでできているか、自分からの目線、経営層からの目線でときどき振り返る必要がある。

  •  起業家が書いたビジネス書、自己啓発書はサクセスストーリーを紹介しているものが追い。本書の著者ベン・ホロウィッツ氏もITベンチャーのCEOとして成功体験を持つが、本書は起業家にとって「しんどいこと」にフォーカスしている。どちらかと言えば忘れてしまいたいようなしんどい経験を赤裸々に語り、その対処法を紹介している。日本とビジネス慣行が異なるため、直接あてはめにくい部分もあるが、起業するとはどういうことかを追体験するのに好適だろう。

  • ぐんぐん引き込まれてページを繰る手が止まらなかった。親友を降格させるとき、なんて書いてある本が他に存在するのだろうか。個人面談で役に立つ質問の例も書かれている。いつか使う時がくるかもしれないし、この本は大切に持っておこうと思う。経営者は非常に大変である。

    以下、本書より抜粋。
    「ひとりで背負い込むな。」
    「単純なゲームではない。」
    「長く戦っていれば、運をつかめるかもしれない。」
    「被害者意識を持つな。」
    「良い手がないときに最善の手を打つ。」
    「何にでも効く魔法の銀の弾丸ではなく、鉛の弾丸を大量に使う。」
    「やるべきことに集中する。」

  • ベンチャーキャピタルの創業者である著者がITベンチャーを立ち上げその経営を行った際に様々な困難から得た教訓や経験を書いた一冊。

    重厚な一冊で起業家CEOとしての役割を苦難に立ち向かうための心構えが書かれていました。
    会社の売却や事業内容の変更など次々と押し寄せる危機からの経験はリーダーとしての立ち居振る舞いや精神というものを教わることができた
    また、平時と戦時や「ワン型」や「ツー型」などその時に応じて適性が変わることを本書で学ぶことができました。
    精神的な部分だけでなく報酬や昇進などの社内の制度もどのように整えていくかも書かれており実践的な内容であるとも感じました。

    常に困難がつきまとうこと、真実をありのまま話すこと、重要な役職の責務は1人に集約すること、人選や会社を売却する際の基準など経験に裏打ちされた活きた知識を得ることが出来ました。
    そして本書は優れたリーダーについてのヒントが書かれていたと感じた一冊でした。

  • マネジメント部分について部分的に読んだ。起業あるある、創業者あるあるは書かれていたがマネジメントの具体論のより詳しくはhigh output managementを参照というところか。

  • - 人、製品、利益の順で大事
    - 良い会社を作る。よい仕事場にする
    - 部下を教育をする

    - 大企業の人材とのミスマッチ
    - 大企業では仕事が来るのを待つ → ペースのミスマッチ
    - 大組織を動かす、新たに組織を作るは違うスキル

    - 採用
    - 自分が欲しいものを知る
    - 正しい野心をもった人材(会社の勝利を目標)を採用する

    - ワン型とツー型のCEO
    - ワンは会社の向かうべき方向を決めるのが得意
    - ツーは決められた方針に沿ってパフォーマンスを最高にするのが得意

    - リーダーシップ
    - ビジョンをいきいきと描写する
    - 正しい野心を持つ(天性のもの)
    - ビジョンを実現する

    - エグジット
    - a) 市場の潜在的規模は現在より一桁以上大きいか?
    - b) そこでナンバーワンになれるか?
    - a) b)ともイエスでないなら買収に応じることを検討

  • 起業家必読

  • 2015年、話題になったビジネス書。ちょっと時間が空いてしまいましたが、読んでみました。まえがきにヤフー小沢さんも書いてましたが、規模は違えどベンチャーあるあるが詰まった一冊。

    成功を高らかに語っている本はたくさんあるけど、地獄を見た話しをここまで赤裸々に語った本はそんなにないと思う。会社が瀕死の状態になり、能力の問題で親友に解雇を言い渡さないくらいの状態になったら、自分なら正常な気持ちでいられるだろうか。。。

    選択と集中。
    何をするべきかを選んで集中すると思いがち。でも、本当は「何をしないかを選択する」ことなんだな!と。

    久しぶりに読みながら、たくさん書き込みして、たくさん耳を作ったな。その部分だけを読み返すだけでも、意味がありそうだ!

  • SkypeやFacebookへの投資を成功させた著名なVenture Capitalistである筆者の、自らの起業経験をもとにした経営論
    。巷の経営書と大きく異なるのが、①「戦時」に焦点を当てている点、②具体性。組織のリーダーの多くが直面するきわめて具体的な「困難な問題」について、ホロウィッツが自らの体験から割り出した対応のヒントが書かれており、読んでいるだけでも冷や汗をかいてしまうような場面を筆者がどう切り抜けたか、そこからどういう示唆が得られたか、が語られており、何度も読み返そうと思っている本の一つ。

  •  

全168件中 41 - 50件を表示

HARD THINGSのその他の作品

ベン・ホロウィッツの作品

ツイートする