HARD THINGS

制作 : 小澤隆生  滑川海彦、高橋信夫 
  • 日経BP
3.90
  • (137)
  • (165)
  • (114)
  • (20)
  • (9)
本棚登録 : 2210
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822250850

作品紹介・あらすじ

「偉大な会社をつくり、育て、運営したいすべての人に、信じられないほど価値ある本」

マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)

「本書は、意志の力だけで会社を破滅の淵から救えるという証言」

ラリー・ペイジ(グーグルCEO) が絶賛!



目指すものが大きいほど、困難(HARD THINGS)も大きい

シリコンバレーのスター経営者に慕われる

最強投資家からのアドバイス

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スタートアップ経営者は、試練の連続で、どのように乗り越えるのかという話なのだが、ふつうに会社員をしている自分でも面白かった。経営者は、何を管理職に求めているのか、社員にどのような動きをしほしいのか、上の人の目線から自分を見つめ直すことができた。

  • 著者であるベン・ホロウィッツさんが自らの経営者体験で得た知識を惜しげもなく伝えてくれた書籍です。起業、営業、人事、財務等、ホロウィッツさんがビジネスで得られた教訓はとても汎用的なものだと思います。

  • 著書のベン・ホロウィッツ氏が自身が起業した時の体験談をベースに書いた本。
    成功した会社を後になって分析した本が多いが
    本書は、自身がCEOとしての困難への対処法と指南に溢れているので
    他の似たような本よりもリアリティが高く、参考になる部分は多い。
    また、本書の中でも言及されているが、激務しながら沢山の困難にぶち当たる経験をしていないと、深みが出ない。自身にも還元したい。

  • 買ったのに人にあげちゃった

  • 正直なところ、序盤はつまらなかった。
    色眼鏡で見ていたからだろう。これは作者の回顧録みたいなもの、回答のない困難に答えを出す方法を学ぶことを探していたからだ。
    実はそんな方法はないのだと気付いてからは、読むスピードが早まった気がする。

    気になったところ
    p88 自分へのメモ、やってないことは何か?を聞くのは良いアイデアだ。
    p133 われわれの会社が勝つ実力がないのなら、そもそもこの会社が存在する必要などあるのだろうか?
    p248 個人面談で役に立つ質問の例
    われわれがやり方を改善するとしたらどんな点をどうすればよいと思う?
    われわれの組織で最大の問題は何だと思う?またその理由は?
    この職場で働く上で一番不愉快な点は?
    この会社で一番頑張って貢献しているのは誰だと思う?誰を一番尊敬する?
    きみが私だとしたら、どんな改革をしたい?
    われわれの製品で一番気に入らない点は?
    われわれがチャンスを逃しているとしたら、それはどんな点だろう?
    われわれが本来やっていなければならないのに、やっていないのはどんなことだろう?
    この会社で働くのは楽しい?

    p277
    私が起業家として学んだもっとも重要なことは、何を正しくやるべきかに全力を集中し、これまでに何を間違えたか、今後何がうまくいかないかもしれないかについて無駄な心配をすることをやめるという点だろう。

  • 自分で本を書くような成功者のサクセスストーリーには必ずおいしいいくつかの修羅場があります。

    こんな困難を切り抜けてきたと、その困難がきつければきついほど自慢できるという寸法です。

    そんな成功伝からも、もちろん得るものはあるのでしょうが、本書の趣はかなり異質です。

    もちろん、タイトル通りに大きな困難が待ち受けていますし、それをうまく克服もしています。

    大きな違いは、自身の経験を有意義な経験則に落とせる能力でありそれを過不足なく表現できる文章力です。

    文章力については翻訳者のうまさもあるのかもしれませんが、とにかく読みやすくて面白い。

    内容については以下に少し印象に残った言葉や話を列挙してみます。

    「ひと、製品、利益の順で大切」(P145)

    「大組織においては、どの職階においても社員の能力はその職階の最低社員の能力に収れんする、これをダメ社員の法則と呼ぶ」(P226)
    まあ、ボトルネックの人間版ですね。

    会社がつぶれそうになった時、投資家のハーブ・アレンが助け舟を出したが、テクノロジー企業には投資していなかったのになぜ我々を助けたのか?と後日彼にその理由をきいたところ、「多くのCEOは苦境になるとそこから逃げようとするが、君たちは私に会いに来て、決意をみせた。勇気と決意に投資するのが私の流儀だ(意訳あり)」(P277)などは、感動的な場面です。

    会計事務所アーンスト&ヤングの裏切りのエピソード(P336)は、本書が売れれば売れるだけ会社へのネガティブキャンペーンとなりますねえ、仕方ないけど。

    捨てる神あれば拾う神あり・・まさに会社経営には何があるかわかりません。

    2015年に発売されて数々の受賞をしている作品だけのことはあり、読み応えばっちり、そして読めば必ず得られるものがあるはずです。

    満点に近い星4つです。


  • 敏腕経営者のベン・ホロヴィッツが、自身の体験をふんだんに盛り込んで書かれたCEOと組織の在り方の本
    CEOの辛さや波乱万丈さが、体験談付きで描かれているので、大変リアリティがあった。

    (以下 ポイント抜粋)
    <CEOの3つの資質>
    リーダーシップ
    ビジョン
    遂行能力

    - 戦時と平時のCEO
    - 褒め方は人それぞれ(サンドイッチ法などの小手先は逆効果も)
    - 0->1のCEOと、1->10のCEOがいる。
    - CEOが晒される不安は、並大抵ではない
    - (不十分な情報で、決断する必要あり。)
    - ピンチでも、最善を尽くす
    - 意外なところに落とし穴が、逆に意外な助け船もある。

  • ビジネス書大賞から

  • CEOが経験した困難な事象に対する対応方法を具体的にかかれた良書です。

    CEOが会社や部下に対してどのように振る舞うべきなのか?を知るのであれば今まで読んだ本の中で最も良いと思いました。

    一番響いたのは、社内政治について。自分が部長なら、部長は一番仕事が出来ない役員に標準をあわせて仕事をしてしまう。という点。

    そうすると、全ての部長は一番仕事が出来ない役員レベルになってしまって、会社のレベルが下がってしまう。

    うーん、これはまさにそうかも。自分の役職が上がってくると最も蹴落としできそうな一つうえの役職の人物を頭に思い描いた上で、その人物と自分を比較するが、これは愚の骨頂だと思った。比較するなら、一つうえの役職の『最も仕事ができる人物』と比較するべきだと実感。

    そうしないと自分の成長は無いな。と感じた。

  • 2018年ベストビジネス書。中小企業に転職する前の心の準備に最適だった。西海岸らしい明るさが一切なく、最後まで陰鬱に終わるのが良い

全168件中 1 - 10件を表示

HARD THINGSのその他の作品

ベン・ホロウィッツの作品

HARD THINGSを本棚に登録しているひと

ツイートする