プラットフォームの教科書 超速成長ネットワーク効果の基本と応用

著者 :
  • 日経BP社
3.69
  • (9)
  • (20)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822255091

作品紹介・あらすじ

これからのビジネスを考える上での最重要コンセプトであるプラットフォームについて多角的に解説。
プラットフォームは、デジタルエコノミーの勝者と敗者を分けるものである。

プラットフォームは次のような特徴を持っている。

・急速に成長することができる
・一人勝ちすることがある
・一人勝ちが突然くつがえされることがある

なぜ、こういう特徴が生じるのか? その要因は主として次のようなものである。

・レイヤー構造
・ネットワーク効果
・エコシステム
・アマチュアエコノミー

プラットフォームに関連する技術の進歩や新興勢力の出現は、古典的産業では考えられないほど速い。
だからプラットフォームでの戦いに挑むには、常に「次」を考えておくことが欠かせない。
本書では、その「次」を考えるためのヒントも提供したい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユニコーン企業トップ10(2017年10月時点)のうち、プラットフォームをビジネスモデルとする企業は8つを数える。ユニコーンとは企業価値が10億ドルを超える非上場のベンチャーを指す。UberやAirbnbが代表格。圏外であるが日本企業では、メルカリが有名だ。プラットフォームビジネスがなぜこれほど急成長し注目を浴びるのか、紐解くため手にとる。

    プラットフォームの特徴としてレイヤー構造、ネットワーク効果、エコシステム、アマチュアエコノミーの4つが挙げられている。急成長という意味では、レイヤー構造、ネットワーク効果、アマチュアエコノミーのどれも重要だが、最も頭を悩ますのがエコシステムだろう。例として挙げられているのが、任天堂のファミコン。自前でゲームソフトをつくることもできたが、自社以外にも機会を提供し、その代わりゲーム機とソフトとの接着技術を特許化しロイヤリティ収入を得るビジネスモデルを構築したといった具合だ。

    但し、勘違いしやすいのは、ロイヤリティ収入を得るエコシステムを構築する余り顧客ニーズを軽視してしまうことだ。これは載ってはいないが、同じゲーム業界で3DO(スリーディーオー)の事例が当てはまるだろう。任天堂より安いロイヤリティでサードパーティを集めることを目論んだが、小売価格が54,800円と高額だったため失敗に終わった。

    プラットフォームの急成長が特に欧米で目立つのは、旧来型のビジネスに新しいエコシステムで、いかにゲームチェンジ(変革)を仕掛けていくかという視点を持ち合わせているからだと、エコシステムのwikiを併せて読んで納得がいった。そういう意味では規制が厳しい日本では既存産業を守る方向に力学が働き、生まれにくい環境になっているのかもしれない。メルカリで盗品や現金が出品されていた問題が起こったとき、メルカリが日本のみを市場としていたら、マスコミによって潰されていただろう。

    最後に、プラットフォームの一人勝ちの条件や、反対に阻害要因を整理していたりと、企業同士が競争していく視点で書かれているのはビジネスをしている立場にとって嬉しい。プラットフォームのビジネスモデルを理解する上で読んでおきたいー冊だろう。

  • 仕事に関係するので読んでみた。なんとなくプラットフォームについて、あいまいな部分がはっきりした。わかりやすいと思います。
    ■本書の整理
    ・プラットフォームの定義について
     「他プレイヤー(企業・消費者)が提供する製品・サービス・情報と一体になって初めて価値を持つ製品・サービス」
    ・プラットフォームの特徴
     -急成長する可能性
     -一人勝ちしやすい(WTA:Winner Takes All)
     -突然シェア逆転することもある
    ・プラットフォームの特徴の要因:
     ー技術が優れている製品が勝つわけではない。
      =>日本人のものづくりはすごいが、非技術部分の戦略が苦手なのか。。
     以下の非技術要因が大きい
     -レイヤー構造(<->バリューチェーン)
    -ネットワーク効果(利用者が増えれば増えるほど価値が高まる)
     -デバイス転換(PCからスマホ)
    ■個人的にメモしたいところ
    ・マネーサイドとサブシディ(subsidi:補助金)サイド
     ex.ゲームにおける購入者を集めるのはサブシディサイド(ハードの値段を下げてでも利用者を集めたい)マネーサイドはソフト会社(ロイヤリティで利益)
     =>サブシディサイドについて今まで考えたことがなかった。新たな視点。
    ・エコシステム(プラットフォーム+補完製品群)を発展させるには、View(展望、世界観)が大事。=>自身のプラットフォームを使ってもらうために考える。
    ・アマチュアエコノミー:企業ではなく個人が参加。
     

  • それとも、キー技術を押さえられてしまうのか気にしながら見てみたいと思います。

  • 非常にわかりやすい本です。にもかかわらず、自分の語彙力(ターム)と理解力のなさを痛感します。
    プラットフォームはランチャーなど複数の言葉に置き換えられるものと思います。
    ビジネスモデルの構造としてのプラットフォームの説明が体系的に書かれています。
    もとは学術論文で、それを一般向けにわかりやすく再構築リライトしたものとのことです。
    ここのところ、ネットや新聞ではGAFAを始めとするプラットフォーマーという言い方の方が多く見受けられるように思いますが、その元となるものがプラットフォームです。
    ここで言われるプラットフォームとは目新しいモデルではなく、ベースとなる大きなシステムがあり、それにアタッチメントとしてのサブシステムが乗っかるということです。
    最近それが顕著に観られるのがITの分野であり、例えばOS上を走らせるアプリケーションソフトがそのモデルにあたります。
    現実にはさらに多様性があり、複雑になっていきます。
    印象に残ったタームとしては「スイッチングコスト」「マルチホーミング」などがありました。

  • 過去事例の分析・整理にとどまっている感がややあるが、プラットフォームビジネスの俯瞰を提供してくれている

  • 1. 目的
     プラットフォームの意味を理解し、自身の活動に応用する。
    2. 得たこと
     けっこう意味が広い。妖怪うぉっちのプラットフォームはメダルだったのか。
    3. アイデア
     楽描き会の企画をプラットフォーム化して、アイデアを広げていく。

  • プラットフォームを活用したビジネスの解説。プラットフォームも時代とともに変わり、かつてはPC98、Windowsの時代があり、iPod、iPhone、Googleときて、いまでは、AirBnBなどのシェアリングが中心になってきている。本書では、プラットフォームをビジネスに活かす基本形の後にこれらの事例をあてはめながら説明してくれるので、とてもわかりやすい。なんでもかんでもプラットフォームといわれる昨今だけど、基本形を確認するのは大切ですね。

  • 誰もがなんとなく理解している内容だが、ブレークダウンされ論理的に整理されているところに価値がある。
    プラットフォームと補完プレーヤーの関係は、お互いの利害が一致することが重要で、蟻とアブラムシなど、動物の世界で行われていることと似ていると思った。

  • プラットフォームの基本的な考え方が記載されている。
    たまに読み返すのがよさそう。

  • プラットホームとは何か(駅の話じゃないです)、どのように発生し、拡大するのか、シンプルに分かりやすく書かれています。

    まだこの世に存在しないプラットホームを作ること。
    現存のプラットホームからの置き換えを狙うこと。
    そのための理論や手法が紹介されています。

    「そうか!プラットホームを目指せばビジネスで成功できるのか」
    と思いながら読み進めているうちに、

    「あれ?私にとって成功するとは、WTA(winner takes all)=独り勝ちすることだったっけ?」
    という疑問がムクムクと湧いてきて…

    世の中のプラットホームを作りたい!
    WTAを目指したい!
    という大きな野望をお持ちの方には、具体的な事例もたくさんあり、とても参考になるいい本だと思います。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

早稲田大学ビジネススクール教授。京都大学文学部卒業(哲学科)、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。鉄鋼メーカー、英ハル大学客員研究員、文教大学などを経て2001 年より現職。早稲田大学IT戦略研究所所長、早稲田大学大学院経営管理研究科長、経営情報学会会長、国際CIO学会副会長、CRM協議会副理事長などを歴任。著書に『プラットフォームの教科書』『ビジネス思考実験』『事業創造のロジック』(いずれも日経BP社)『IoT時代の競争分析フレームワーク』(編著、中央経済社)『プラットフォームビジネス最前線』(編著、翔泳社)など。

「2017年 『対デジタル・ディスラプター戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プラットフォームの教科書 超速成長ネットワーク効果の基本と応用のその他の作品

根来龍之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

プラットフォームの教科書 超速成長ネットワーク効果の基本と応用を本棚に登録しているひと

ツイートする