ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則

  • 日経BP社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822255558

作品紹介・あらすじ

子どもたちを真のデジタルネイティブである「クリエイティブ・シンカー」(創造的思考力・発想力を身に付けた人)に育てるにはどうしたらよいのか――。
そのために、大人たちはどのように振る舞えばよいのか――。
プログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」の開発者が世に問う、人生100年時代の新しい教育論。


世界が、子供だけでなくすべての人にとっての創造的な思考と学びの大切さについて理解し始めるにつれ、メディアラボにおけるミッチの役割とライフロング・キンダーガーテン・グループの取り組みは、ますます重要になっています。
(中略)
ミッチが掲げる4つのPの原則(Projects, Passion, Peers, Play)は、メディアラボの大学院生の教育プログラムはもとより、世界中で数百万の子供たちが利用しているプログラミング環境(言語でありコミュニティでもある)スクラッチ(Scratch)の基盤となる考え方です。
(中略)
私の願いは、この本が「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」としての役割
を果たすことです。
――日本語版序文より


この本は、子供、学び、創造性を気にかける人たち、子供たちのために玩具やアクティビティを選ぼうとしている保護者たち、生徒が学ぶ新しい方法を探している教育者たち、新しい教育体制を取り込もうとしている学校管理者たち、子供のための新しい製品やアクティビティを生み出そうとしている開発者たち、あるいは単純に子供、学び、そして創造性に興味を持つ人たちに向けて書かれています。
――第1章 創造的な学びより

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これからの子供の教育を考えていく上で非常に参考になった。

  • これは決してscratchやプログラミングの本ではなく、創造的な学びについての本。
    ティンカリング、という言葉を初めて知ったけれど、LEGOや物語を作りながらどんどん改造していくところは、息子はティンカラーなのかなと。
    もしそうだとすると(もちろんそうでなくても)子供に対して、私たち親が、息子の創造的な学びをどう伸ばしたりサポートできるか、日々の対応や環境選びなど、充分なリサーチの必要を痛感した。
    あと、子供だけではなく、私自身も、職場の同僚や部下たちも、ケーススタディにない場面に遭遇したときに解決できる策を見出すための方向性、考え方のヒントとして、得られるものが多い本だった。

全2件中 1 - 2件を表示

ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則のその他の作品

ミッチェル・レズニックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
シーナ・アイエン...
エリック・リース
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする