すいません、ほぼ日の経営。

  • 日経BP社
4.40
  • (10)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822257866

作品紹介・あらすじ

ほぼ日の経営について、
まるごと糸井さんに聞いてきました--。

糸井さんは、もともとフリーのコピーライターで、組織に身を置いたことはほとんどない。
それなのに、活動の幅を広げる過程で事務所を立ち上げ、100人以上が勤める企業をつくりあげた。
一方の私は、大学卒業後に伊藤忠商事の事業会社のひとつである
伊藤忠ファッションシステムに入社して35年目。
転職をしたこともなければ、フリーとして活動した経験もない。
根っからの組織人であり、よくも悪くも日本企業の価値観が、骨の髄(ずい)までしみこんでいる。
そんな私が、糸井さんにほぼ日という会社の目指す先を聞いていった。
インタビューは、驚きと発見の連続だった。
事業、人、組織、上場、社長--。企業の根幹を支える部分について、
なにを考え、どのように向き合っているのか。
糸井さんが語ってくれた話の数々は、長年の会社員生活を通じて、
私の中にインプットされた常識をくつがえす内容ばかりだった。--まえがきより

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の創刊から20周年。
ジャーナリストの川島蓉子さんが、ほぼ日を率いる糸井重里さんに、「ほぼ日の経営」について、まるごと聞いてきました。
ほぼ日の「これまで」と「今」。
なぜほぼ日では、魅力的なコンテンツ、サービス、商品が、次々に誕生しているのでしょうか。
糸井さんとほぼ日にとって、事業とは、働くとは、そして会社とは--。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 糸井さんの語り口がものすごく気持ちいい。

    スピード感をもって誰よりも早く手をつけて成功しろという時代の流れに対して「もう少し落ち着いてもいいんじゃないでしょうか」と語りかけてくれる。

    ホッとしながら読めるビジネス書。

  • 物語みたいな、素敵な言葉を寄せ集めた「ほぼ日」経営のお話。既成概念を根本から疑う姿勢に感心します。誰かと何かをもう一度「おもしろく」やりたい気持ちにさせてくれる本。

  • もともと何がきっかけで興味を持ちだしたのかは忘れたが、かれこれ2.3年前からウェブサイトの方はちょくちょく見ていた。それが昨年。2回目の六本木ヒルズでの「生活の楽しみ展」の開催期間中にたまたま東京に滞在していて、そのことを当日の朝に知り、急きょ行くことにした。そしたらその時に出店してた水沢ダウンのお店で引いたガラガラで一等の「中に着るダウン」を当ててから勝手に一方的に縁を感じて、東京に行った時や京都に行った時にTOBICHIに行ってみたり、ほぼ日5年手帳を買ってみたりする中で、今年は大阪初開催の梅田阪急での楽しみ展にアルバイトで参加させてもらった。残念ながら糸井さんと直接お話しさせてもらう機会は得られなかったが、この経験を経てからこの本を読むと「ほぼ日」という組織がますます好きになった。と同時にやはり自分が居たら邪魔になる、自分とは色が違う、けど好き。みたいファンのようなストーカーのようなごちゃまぜの感情になった。僕も今まで1度も組織に属したことがない「フリー」の人間なので会社や経営のことなど何も分かっていないが、外から見てても何かを生みだすクリエイティブに関わる組織集団として、かなり斬新でオリジナリティ溢れるおもしろい組織づくりだと思う。そしてその中にいる乗組員と呼ばれる社員さんたちは、文中にあったように「農業」をするような感覚で、「手仕事」をする「職人」のような感覚で、とても丁寧に仕事をされている。とても良い企業風土が浸透している。自覚的に楽しさを発信している。生き方がじょうずだと思った。今後も自分の活動の参考にさせてもらうと同時に関わらせてもらえるよう、その時まで自分自身がもっと「考えること、考え続けること」を続けて実力をつけていきたい。あー就職したい。

  • 糸井さんの視野の広さ、何歳になっても常に自分を疑う姿勢、変える/変えないを判断するバランス感覚にはいつも驚かされる。
    特に歳を取っていくと難しいのは「疑う力」を維持することで、うまくいっていると感じるときほど「思考停止して安心な場所に落ち着いていないか」を考えるようにしたい。

  • おもしろい。糸井さんがフリーから会社組織へ、そして上場するに至った思考過程がわかる。インタビュー後のまとめもコンパクトに要点が書かれていて読みやすかった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

新潟生まれ。早稲田大学商学部卒業。
ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。
ファッションという視点で消費者や市場の動向を分析している。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載をもつほか、「日経トレンディ」「繊研新聞」「ブレーン」などに定期的に寄稿。
『伊勢丹な人々』(日本経済新聞出版社)など著書多数。

「2018年 『ルミネは、なぜ選ばれるのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すいません、ほぼ日の経営。のその他の作品

川島蓉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐藤 雅彦
ベン・ホロウィッ...
ジェームス W....
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

すいません、ほぼ日の経営。を本棚に登録しているひと

ツイートする