新版 SEを極める50の鉄則 マネジメント編

著者 :
  • 日経BP
3.50
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822262518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SEがマネジメントを行う上での行動指針、考え方を示したもの。非常に参考になった。実践できるかが課題か。

  • [所要時間]
    二時間半

    [本の概要]
    メインメッセージはステークホルダーと良好な関係を築きましょうという本。そのための方法や効果が詳細に書かれている。

    [感想]
    著者の会社が私と関係していることもあり、読みやすかった。馬場さんのもとで働いて見たかった。今後のアクションとして自分の意見を言う。締め切りを守るということは最低限やらなくては。

    [気になった箇所の覚書]
    ・独りでぶらっと顧客を訪問して顧客から信頼を得ること
    ・プロジェクトや仕事をレビューし、部下から信頼を得ること
    ・日本人は二十八歳で衆議院議員になれる。議員になれる年齢の君にこの仕事ができないはずはない。
    ・情報を即座に関係者へ、自分の意見を必ず述べる。
    ・体制図は客に出すな。

  • おじいちゃん向け

  • 全体を通して「顧客訪問」の重要性」を強く説いている。

    日常業務に忙殺されているマネジャの方は
    ぜひ一度読んでみればいいと思う。
    全部実践するのは難しくても、
    ヒントがたくさん散りばめられているので、
    何らかの気づきはある。

    個人的には「信念を強く主張すること」が課題か?

    以下、備忘録。
    ■リーダーシップのための12の行動
    ・独りでぶらっとお客様を訪問する
    ・ビジネスの話をして販売活動に強くなる
    ・プロジェクトを自分でレビューする
    ・社内の関連部門に顔を出す
    ・部下の報告書に必ず適切なコメントを書く
    ・仕事の価値観を徹底指導する
    ・部下全員に同一の内容を伝える
    ・情報は即座に関係者へ自分の意見を必ず添えて伝える
    ・締切日は厳守する
    ・My Positionを貫け
    ・右腕のスタッフを作れ
    ・表彰・昇進を意識したジョブアサインを行う

  • PM、SEが読んで参考になる本。
    特に、中堅SEには心に響くものがあると思う。
    PM経験者には物足りないと感じるかもしれないが、内容は正論なので、
    気を引き締める意味でも読んで損はないと思われる。

全8件中 1 - 8件を表示

新版 SEを極める50の鉄則 マネジメント編のその他の作品

馬場史郎の作品

新版 SEを極める50の鉄則 マネジメント編を本棚に登録しているひと

ツイートする