アップルのデザイン

  • 日経BP社 (2012年4月19日発売)
3.45
  • (23)
  • (51)
  • (83)
  • (15)
  • (2)
  • 本棚登録 :714
  • レビュー :69
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822264765

作品紹介・あらすじ

デザインの力を活用して、株式時価総額世界一の企業に成長したアップル。
プロダクトのみならず、インターフェース、パッケージ、店舗空間、広告・グラフィックデザイン、知的財産権戦略まで、アップルのデザインの真髄をまるごと解剖。

アップルのデザインの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今直ぐにビジネスに役立つ内容と言うより手元に置いておいて、気付きが欲しい時に振り返ってみる〜そんな大事な一冊になります。

  • ちょっと古い本ですが、アップルの思想がよく分かりました。ジョブス後の今も変わらぬ思想であることを祈ってます。

  • 読み終わったー\(^o^)/
    アップル社のデザイン関連の取り組みのまとめ。
    「デザイン」「機能」によってもたらせる「体験」が大切。

  • 「無垢」
    「未来」
    「特許」

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号007.35||N】【資料ID】91140817

  • B2

  • アップルのプロダクトデザイン、テクノロジーの一部が垣間見える内容でした。
    ですが価格の割には内容が薄いような…

  • シンプルな製品の裏に、デザインへの執念あり。

  • アップルの強さをデザイン面から分析した本。デザインに凝っているらしく、書籍もモノトーンのセンスを感じさせる本だった。iPhoneの分解写真もあったが、<はじめに>にもあるように、経験なども含めた「顧客とのあらゆる接点」をデザインすることに力を注ぐことに注目している。

    内容は、ジョブスにとってのデザインとは、iPhone4Sの分解写真、インターフェースデザイン、アップルストアに挑んだ日本人、アップルの広告の変遷、iMac革命、Galaxyの戦いなどから見えるアップルが守りたいデザイン、ジョブスが夢見た製品(テレビ、ドッグ、ボタン不要のデザイン等々)

    デザイン面からの分析の本は少ないので大変面白かった。

  • 実際のアップル製品の分析(分解)、また関係者へのインタビューを通じて、アップルのものづくりに対するこだわりが浮かび上がってくる。

    アップルはファブレスのメーカーではあるが、自前で加工設備を用意して、それをODMに貸し出すことをしているというのには驚いた。

全69件中 1 - 10件を表示

アップルのデザインのその他の作品

アップルのデザイン Kindle版 アップルのデザイン 日経デザイン

日経デザインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
ジェームス W....
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アップルのデザインに関連するサイト

アップルのデザインを本棚に登録しているひと

ツイートする