8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

  • 日経BP
3.27
  • (13)
  • (27)
  • (59)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 425
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822274382

作品紹介・あらすじ

NHK「ためしてガッテン」や「名医にQ」でおなじみの専門家が、理想の眠りを解き明かす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    脳は深い睡眠の間によく冷えるため、こま切れにとると、冷却の効率が悪くなって脳がしっかり休めません。16

    睡眠は乱射しないで大砲でドーンと撃つのが大事。メジャースリ-プを崩さないようになるべくまとめてとってください。17
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    成長ホルモンが出るのは深い睡眠の間です。

    深い睡眠は眠りはじめの3時間ぐらいまでに出るわけで、何時から何時までというリズムは関係ありません。21
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    「深い睡眠は、砂時計型といいまして、最初のうちにガーッと取って、砂時計みたいに全部落ちてしまえば、後は出てこなくなる、そういう睡眠なんです」119
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • 眠ることが大好きで、どんな状況でも居眠りしてしまう。そんな自分はロングスリーパーだと確信していて、8時間寝ないと不健康な気がしていた。しかしもう少し自由な時間が欲しい。タイトルにひかれ、健康的な睡眠時間の根拠を求めて購入。

    適正な睡眠時間は人それぞれ、日中眠くなったり、作業が出来なくならないければOK。というのを参考に、11時就寝5時半起床を数日続けているのだが、今のところ快調。おそらく私は6時間半で充分なのだと安心した。

    「休みの日、一日中寝ても起きた時すっきりしない、逆に徹夜をするとなんだかハイになる」、というのは私もしょっちゅう体験している。
    うつ病の人が不眠になるのは寝ないことで抑うつ気分を晴らそうとしている、という説は興味深い。

    本を読んでから、長すぎる昼寝を避けたり、起床時間をなるべくずらさないようにするなど、少しずつ工夫をするようになり、使える時間を増やすことが出来た。

    特に不眠には悩んでいないので、私自身の参考にはならなかったのだが、「寝なきゃ寝なきゃと思うほど却って不眠が悪化する、眠れないときは布団から出るべき」という話を知るべき人はたくさんいるんじゃないだろうか。
    睡眠になんらかの悩みを持っている人に勧めたい一冊だ。

  • 睡眠に関する最新の科学的知見を教えてくれる本。
    本書の大部分は、睡眠研究の権威が語った話を文筆家が聞き語りの形式で書いており、まるでエッセイを読んでいるかのような読みやすさだ。それでいて、世間で“常識”とされている様々な通説をバッサリと斬り捨てていくのが痛快ですらある。睡眠に関する本は何冊も読んできたけれど、これまで学んだ知識の一部はやはり間違いであることが分かった。

    健やかな睡眠のための12の指針:
    1.睡眠時間は人それぞれ。日中の眠気で困らなければ十分。
    2.刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を。
    3.床に就くのは眠たくなってから。入眠する時刻にこだわらない。
    4.同じ時刻に毎日起床。
    5.光を利用。目覚めたら日光を入れ、夜の照明は控えめに。
    6.規則正しい三度の食事、規則的な運動習慣。
    7.昼寝をするなら15時までの20〜30分。長い昼寝はかえってぼんやりの元。
    8.眠りが浅い時は、睡眠時間を減らし、遅寝・早起きにしてみる。
    9.激しいいびき、呼吸停止、足のぴくつきやむずむず感などは要注意。
    10.十分眠っても日中の眠気が強い時は専門家に相談。
    11.睡眠薬代わりの寝酒は不眠の元。
    12.睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全。

  • オトナは、平均で8時間も寝る必要はない。
    不眠症の場合、寝室に行ってベッドで眠れないのに横になっているのはいけない。10分で眠れなければ、寝室を出て行くべき。
    夜に、覚醒するような活動をするのが睡眠障害の原因になる。運動、明るい照明に照らされるなど。

  • 結局、何時間寝れば一番よいのかは個人で違うということ。5時間でも平気な人がいれば10時間寝ないとしんどい人もいる。自分のことは自分で理解しておきましょう。

  • 不眠初心者向け。話題は全年代に渡るが老人向けが少し多いか。

  • 最近の睡眠の科学。
    それでもちょっと古い。
    書き手の主観が多いのでオーバーだが読みやすい。
    起床時間を固定して眠たい時眠る今時の要素はいってる。
    年齢とともに起床時間が短くなるデータ興味深い。
    知ってることが多いが、この手の思い込み排除と不眠の時の認知処方の効果がお手軽なのがよい。

  • 2017.03.27 吉岡さんのブログより。どうも寝不足気味につき、本書を読めば何かヒントが得られるかもしれない。

  • <b>睡眠にまつわる研究者と作家の対談スタイル</b>

    残念ながら、最新トピックスと言いながら目新しいものはなかった。
    人体時計サイクルが24時間10分程度というのも、24時間超過した値であることは旧説の25時間と同じ。
    良質の睡眠を取るためのポイントも、少しでも睡眠で悩んだことのある人には全く新鮮味に欠けている。

    フルタイムの母親の幼児の就寝時刻が遅くなっているという統計は興味を引いた。
    もし、成長に影響が現れる要因だとしたら子供のために長時間働いている母親の子が皮肉にも悪影響を受けることになる。亡国か。

  • 特に睡眠で悩んでいるわけではなかったのだけれど、周囲には不眠で悩んでいる方もそこそこいたし、そもそも6時間以上寝ると体調不良になる不思議がわかるかな?とも思って読み始めた。

    「日本人の体内時計は平均で24時間10分」
    「部屋の明るさが睡眠に影響をもたらすなど、現代社会ならではの問題点」
    などがわかって面白かった。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川端 裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。
その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識のその他の作品

川端裕人の作品

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識を本棚に登録しているひと

ツイートする