ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊

著者 :
  • 日経BP
3.79
  • (42)
  • (59)
  • (49)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 760
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822277857

作品紹介・あらすじ

教養は読書でこそ磨かれる。自他ともに認める"本の虫"がとっておきの本を紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 紹介されている本のうち読んだことある本が24冊。私も人に勧めたいと思う本もかなり含まれている。クアトロ・ラガッツィとかルバイヤート、モンゴル帝国の興亡とか近代世界システム。
    ということは読んだことない本もとても良い本なのだろうな。
    とりあえず積んである『供述によるとペレイラは』を読もう。

  • 読書は知識を得るためではなく、自分の頭で物事を考え判断するためにある。という言葉が印象的でした。

  • 人生の中の自由に使える時間を「人と会うこと」「本を読むこと」「旅をすること」に費やしてきたという筆者。書評はわかりやすく、選ばれている本は単なるビジネスのハウツー本では無く、事実や信頼できる出典元に裏付けされた知識が得られるものである。古典など興味のなかった分野も読んでみたいと思えるものばかりであった。

  • フォトリーディング
    良書を選ぶ

  • ビジネスに効くかは別として、本の虫なだけあって色んな本がテーマごとに紹介されています。
    ここ1,2年で読書に目覚めた私なんか足元にも及ばないほどの読書量の中から厳選された出口さんオススメの本。

    気軽に読める本からちょっと覚悟を決めて読まないといけない本まで幅広く、読者に読みたい!と思わせるような紹介の仕方で何冊かチェックしちゃいました!

  • 出口さんの勧める本はリベラルアーツの良書ばかりで、普通のビジネスマンである自分には目から鱗の本ばかりであり、すごく参考になる。図書館とアマゾンを活用して一冊ずつ読んでいこうと思う。

  • Part9: 生きることに迷った時に傍らに置く本、part10: 新たな人生に旅立つあなたに捧げる本、の項が最も興味をそそられた。さすが読書好きの著者の紹介本は骨太でちょっと近づきがたい印象。
    2016.2.20

  • 何冊かビジネス本の紹介をする本を読みましたけど、この本が一番インパクトありました。
    素晴らしい引用分の抽出、書物に対する深い洞察、分かりやすい言葉の使い方、全て理想に近いです。
    たくさん読書して、自分の身に付けるとこんな素晴らしい本が書けるんですね。

  • ・「自分のアタマで考えよう」ちきりん
    ・「2050年への構想」日本経済センター
    ・「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」早野透
    ・「職業としての政治」マックス・ヴェーバー
    ・「ベルリ提督 日本遠征記」土屋 喬雄
    ・「おひとりさまの老後」上野千鶴子
    ・「アルケミスト夢を旅した少年」パウロ・コエーリョ
    ・「アラン幸福論」アラン
    ・「男性論ECCE HOMO」ヤマザキマリ
    ・「何でも見てやろう」小田実
    ・「スペイン旅行記」カレル・チャペック
    ・「脳には妙なクセがある:池谷裕二

  • 深い本質に迫るような書籍が108冊も紹介されている。古典を読む必要性は感じていたけれど、どこから手をつけて良いかを考える上の指針となりそうだ。著者の出口氏が挙げた書籍はまだ1冊も読んだことがなかった。まずは今の自分に必要だと思う切り口から読み進めてみたい。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立命館アジア太平洋大学(APU)学長

「2020年 『「都市」から読み解く世界史(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊のその他の作品

出口治明の作品

ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊を本棚に登録しているひと

ツイートする