10分でわかる ITビジネスキーワード

著者 :
  • 日経BP社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822279974

作品紹介・あらすじ

『ITってどうビジネスに活かすの?

クラウド、モバイル、ビッグデータ、ソーシャル…など、

知っているようで知らない、今話題のIT・49キーワードを厳選解説!』



新しいITサービス・技術が登場した背景から、どのように社会や生活に関わり、

ビジネスで活かせるか、を説明します。

IT企業の社員と顧客の会話形式で、自然と理解できるため、

ITビジネスに関わる方だけでなく、IT知識ゼロの方にもおすすめです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年の著作。日経BP社の「ITPro」に連載されていた「新人D太と先輩M子のITのビジネス日誌」を再構成したもの。

    01.IoT
    02.磁気テープ
    03.センサー
    04.CDO
    05.データサイエンティスト
    06.DMBOK
    07.ドローン
    08.BI/BA
    09.予防保守
    10.量子コンピュータ
    11.顔認証
    12.クラウド型セキュリティソリューション
    13.CSMS/EDSA
    14.CSIRT
    15.シャドーIT
    16.水飲み場型攻撃
    17.BYOD/CYOD
    18.リスト型攻撃
    19.インターネットバンキング
    20.ウエアラブル端末
    21.オンラインストレージ
    22.O2O
    23.SDN
    24.M2M
    25.SIMフリー
    26.デジタルサイネージ
    27.テレビ会議
    28.ネットワークカメラ
    29.BLEビーコン
    30.無線LAN
    31.OpenStack
    32.仮想デスクトップ
    33.拡張現実
    34.クラウド型PBX
    35.データ仮想化
    36.DaaS
    37.ユニファイドコミュニケーション
    38.クラウドファウンディング
    39.健康経営
    40.コード・フォーX
    41.CITP
    42.ストレスチェック制度
    43.オープンデータ
    44.スマートシティ
    45.テレワーク
    46.農業クラウド
    47.ハッカソン
    48.マイナンバー

  • IT会社(SIer)に務める若手営業部員とその先輩SEを中心にITビジネスキーワードについて説明する書籍。あまり、ビジネスと直結しなさそうな用語もあったけど。
    磁気テープの容量が大容量化をとげて、ハードディスクの容量を抜いてるということを初めて知った。バリウムフェライトという素材を使ったことにより、進化したらしい(ググったら富士フィルムに関するページばかりでてきた)。化粧品といい、すごいな富士フィルム。
    健康経営として導入する、健康管理システムはいいなと思った。まあ、健康診断に行ってない自分が言うのもなんだけど。
    そういや、うちの会社ではマイナンバーについて何も言われてないけど、どうする気なのだろうか。来年の1月からスタートするそうだけど……と思ったら、企業が従業員のマイナンバーを知っておく必要があるのは、マイナンバー制度が始まって一番最初の源泉徴収票の時期、つまり2017年1月なので、それまで(だいたい、2016年10月ぐらいまで)にマイナンバーを集めておけばいいんだとか。そうだったのか。

全2件中 1 - 2件を表示

10分でわかる ITビジネスキーワードのその他の作品

小林秀雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊賀 泰代
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする