KINDLE解体新書

制作 : 日経BP社出版局  日経BP社出版局  倉骨彰 
  • 日経BP社
3.06
  • (3)
  • (9)
  • (11)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 98
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822284282

作品紹介・あらすじ

無料の書籍、世界の名作、最新ニュース、ツイッター、オーディオブック、ゲーム、語学学習…Web上の無限のコンテンツがタダで利用し放題。日本語フリー書籍やドキュメントの利用も自由自在。全米で大ヒットの電子ブックリーダーは驚くべき能力の携帯端末だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Wed, 30 Jun 2010

    キンドルの説明書がわり.
    っていってしまえば,終了な感じがする.

    kindleの使い方や,うまく使うための無料サイトや,
    ハックの仕方,裏話などが載っている.

  •  星五つ。

     ただし条件があって、日本でキンドルがiPadに淘汰されずに住み分ける、という観測を持つ人にゃ必携の書。そうじゃなくて、iPadひとり勝ちだろう、という考えの方にはまったく必要のない一冊。

     キンドルを使うがわにもコンテンツを供給する側にも、的確に情報をまとめてある一冊だと思います。もちろん、このキンドルがもっともっと日本語のレイアウトに対応するようになったときには事情が違ってきますが、今現在可能なこと、もしくはいまから電子出版に関わってみたいいきたい触りたい、という向きには恰好だというわけです。とりあえずWordがあってそこそこ英語が読めればあなたもAmazonで本が売れる。

     筆者個人としてはキンドル、ゆくゆくは書籍に変わる部分もあると思います。ただ、そのためには老若男女に膾炙しなきゃいけないし、そのためにいくらかのヴァージョンアップを経ねばならないだろうというわけです。
     なんかけっこう、博打みたいな気持ちではある。

  • 日本語に対応してからか。読む限り便利な感じもしない。

  • kindleはすべて英語で書いてある。だから、英語を読めない僕はとても参考になった。

  • kindle4がそろそろ出てくるとのことで、軽く目を通してみました。多くの英文書籍が格安かつ迅速に手に入るのは魅力的だけど、カーソルを合わせて辞書を調べるのは面倒。Kindle4ではぜひタッチパネルにして欲しい。フォント組み込みのPDFではなく、ネイティブに縦書きに対応して欲しい。日本語入力がでれば尚可。ということで今は様子見。

  • 雑誌に書かれていることをまとめたような仕上がり。

  • 図書館で借りました。
    Kindle はそのうち ePubをサポートするんだろうか?
    AZWの仕様はどうして非公開なんだろうか?
    音声で朗読する機能は、なぜ著作権を侵害する可能性があるのか?
    道路と同じようにFreeの無線LANが行き渡ったら何が起こる?
    Foxconnの製造技術はすごい
    micro USB が日本であんまりはやっていないのはなぜ?
    Amazonすごい

  • 図書館で借りて読んだ。書かれてる内容は、最新のKindleではないけど、Kindleがどんな感じなのか参考になった。

  • kindleユーザーなら必読です!

  • KIndleの魅力と、使い方が詳しく紹介されている。

全16件中 1 - 10件を表示
ツイートする