“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

著者 :
  • 日経BP
3.86
  • (9)
  • (27)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 214
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822288983

作品紹介・あらすじ

大人気投資ブログ「エナフンさんの梨の木」筆者として知られる会社員投資家が、
年率30%リターンで勝ち続ける、最強のバリュー投資法を実践的に解説。
コロナショック時の逆転勝利、10倍高をゲットした成功例など、
独自に編み出した新しい株式必勝ノウハウを大公開。

◎「はじめに」より
バリューエンジニアリングとは、
「より優れた製品をより安くつくる方法」の研究から発展したビジネスの手法である。
私は仕事で出会ったこの手法が株式投資にも応用できると直感し、独自にその体系化を進めてきた。
バリューエンジニアリングでは、「価値」という概念を体系的に分析する手法に加えて、
インプットである「情報」という概念を厳密に扱う。
この2つは株式投資において最も重要な要素であり、その応用範囲は広い。

◎主な内容
バリュー発生の5パターン/VE投資の方程式/VE投資の3つのキーワード
本質的価値の算定方法/個別株の評価のための情報整理/「あるべきPER」の基準表
『会社四季報』を丹念に読み込む/投資ストーリーを書き残す
VE投資の5原則/7つのバリュー原理/「市場は間違う」という観点から攻める
VE投資の成功と失敗/10倍高をゲットした成功例/VE投資法の売却ルール
未来予測の4パターン/鳥の目、虫の目、魚の目/株式投資はキノコ狩りと同じ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろんな投資本を読んだ中で1番しっくりきた。この投資法が一番あっているってことかも。隠れた強みを見つけることは、知的資産経営にも通じるな。

  • キャピタルゲイン狙いたい人向け

  • 具体的な投資法が書いてあって参考になった。

    現在はインデックス投資しか行っていないが、こういった個別株投資にもチャレンジしていきたい。

  • 奥山本2冊目。思い切って調べ直してみる。グロースとみえるかもしれんけど、小型株を狙ってるわけではないと言う事は結構大事。

  • バリュー株、小型株投資

  • エナフンさん第二弾。

  • バリュー投資の実践本。
    インデックス投資以外は、やったことないので、難しいと思った。
    理解できるまで、何度も読みたいと思った。

  • 本書では、バリューエンジニアリングを株の側面から企業分析に応用してその事例を詳細に記載してくれている。バリューエンジニアリングと言っても高度な話ではなく、非常にシンプルに機能とコストのバランスなのだが、当てはめる数字をどのようにセットしていくのか?と投資ストーリーの設定がコツとの事。

    数字の方は、
    上昇可能性= 本質的価値/ 株価 -1
    という式が提示される。

    例えばある企業一株の本質的価値が1500円で株価が1000円なら、上昇可能性は、50%となる。

    本質的価値という言葉が出て来るのだが、これが具体的に何なのか?についてが、ちと難しい。

    本質的価値は、あるべきPERと実力値ベースの予想EPSに因数分解されますが、あるべきPERの算出の数値を提示(ある範囲に固定)してくれているところが良いのではないかと思います。

    実力値ベースの予想EPSについては、更なる因数分解はこの本ではされていませんが、他のバリュー投資本ではあったりするのであえて触れていないのだと思いました。財務諸表を見てこうやって計算すると出るよということではなく、この本質的価値を自分の頭で個別企業に当てはめて算出していく手法が書かれています。

    投資対象のフィルタリングの手順や投資に至った時の
    投資ストーリーとVE投資一覧表のログを残しておく事など、エナフンさんのノウハウが提供されてます。


    なんか、この手の本を読んでもなかなか四季報とか個別銘柄の情報に気が向かないんですよね… やっすい株じゃない買い物する時には、比較するのに、大損するかも知れない株では、比較しないで気分で動いてしまう…

  • かの有名なエナフン氏の書下ろし。
    アナリストが分析しないような小型株を洗ったり、アナリストの分析や特損などのノイズを除去して自分PERを見定める。
    具体的に買うタイミングにも言及されており、バリュー投資の王道を学べる一冊。

  • 運転免許証を取得する位の勉強をしてから、四季報などを利用して本質的価値と比べて株価が割安な、これから2倍以上に成長するであろうお得な株を見つけ、3〜5年の長期保有して利益を得る。

    投資はインデックスだけでいこうと思っていたけど、もう少し勉強して情報を読み取る力をつけて、3〜5銘柄ぐらいは個別株を長期保有してもいいなと思った。
    年収を増やしたくて、副業とか、何か手段がないかなと思っていたけど、株なら今の仕事をしたままでもすぐ始められる。株を勉強しよう。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

会社員投資家。高校2年から株式投資を始め、投資歴は約30年。大阪大学経済学部に入学し、故・蝋山昌一教授のゼミで証券理論を学ぶ。卒業後、大手企業の社員として堅実なサラリーマン生活を営むかたわら、ピーター・リンチに倣い、成長株に中長期で投資し、数億円の資産を築く。2008年5月からは、株式投資の正しい知識を広める目的で、ブログ「エナフンさんの梨の木」の執筆を続ける。同ブログを立ち上げるとともに、自らの投資内容をブログで公開するための口座を資金100万円で新たに開設し、バイ&ホールドでの運用を開始。13年後の2021年9月6日現在、その口座の運用金額は2842万円を突破した。著書に『“普通の人"だから勝てる エナフン流株式投資術』『“普通の人"でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法』(日経BP)などがある。

「2021年 『割安成長株で勝つ エナフン流バイ&ホールド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥山月仁の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×