FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 日経BP社
4.95
  • (20)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 862
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822289607

作品紹介・あらすじ

ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。
世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。
世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作、待望の日本上陸

ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛!
「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」 ビル・ゲイツ
「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」 バラク・オバマ元アメリカ大統領

特にビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど。

◆賢い人ほど、世界についてとんでもない勘違いをしている

本書では世界の基本的な事実にまつわる13問のクイズを紹介している。たとえば、こんな質問だ。

質問 世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

質問 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

答えは本書にある。どの質問も、大半の人は正解率が3分の1以下で、ランダムに答えるチンパンジーよりも正解できない。しかも、専門家、学歴が高い人、社会的な地位がある人ほど正解率が低い。
その理由は、10の本能が引き起こす思い込みにとらわれてしまっているからだ。

◆教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、世界の正しい見方をわかりやすく紹介

本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。
これらのテーマは一見、難しくて遠い話に思えるかもしれない。でも、大丈夫。著者のハンス・ロスリング氏の説明は面白くてわかりやすいと評判だ。その証拠に、彼のTEDトークの動画は、累計3500万回も再生されている。
また、本書では数式はひとつも出てこない。「GDP」より難しい経済用語は出てこないし、「平均」より難しい統計用語も出てこない。誰にでも、直感的に内容を理解できるように書かれている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んで学べる事は、事実に基づいて話そう語ろう考えようと言う事だけではなく、むしろ自分の思想や主張に対して批判的になることだと思う。
    1つ疑問に思った事は、この本の中ではたくさんの未来予想があるのだけれど、これらのいくつかはきっと外れることになる。でもそれはファクトフルネスと言えるのだろうか。データも結局は確からしいと言う事しか言えないし、そのデータに基づく推論にも誤謬が入る。僕たちに出来る事は、なるべく客観性の高いデータを根拠とし、論理矛盾のない推論を積み重ねること。そして何よりも自分が抱いている思想や主張を批判的に見続けることである

  • 『FACTFULNESS』一気読み。早くも今年のベスト本かもしれない。曇りなくありのままに世界を見つめる技法が具体的にまとまってる。著者が人生の使命を魂とともに一冊にしたのが伝わる。ある意味で『ホモ・デウス』の副読本としても。だから読書はやめられない。

  • いかに誤った思考法で世界を捉えているか、ということにハッとさせられた一冊でした。個人的に、大学時代に「開発途上国支援」に従事したいと公言していたのですが、実際にはその現状も深く正確に理解していなかったな、と反省することばかりでした。誤った思考法を意識して改善し、日常や仕事に活かしていきたいと思いました。

  • ファクトフルネスとはまさしく「思い込みを捨てて、データに基づいて世界を正しく見ること」。扇情的なニュースが台頭する現代、全員がもつべき心構えだと思う。
    自分の思い込みを戒めるとともに、他の人にもこの本を勧めていきたい。

  • 人間の目はバイアスあり。
    それは治すことは難しいので、ファクトに基づく姿勢が大切。

    あと常に知識をアップデートすることも必要だ。

  • けんすーのおすすめ。

  • 世界を正しく見よう。そのために自覚しておくべき人間の10個の本能とそれを抑えるための話。著者の経験に基づきながら読みやすく進められた。
    発展途上国はいつまで発展途上国なんだろって思っていたので、序盤からハッとさせられる。自分の常識は常にアップデートを意識していかないといけない。子どもに読ませたい本。

  • 現代を生きる我々が、世界を正しく捉えましょう、という本。
    衝撃なのは、世界の捉え方をほとんどの人間が間違えてた知識に基づいて行なっている点。それは、世界の現状を伝えていくべきジャーナリストや政治家、果てはWikipediaにも及んでおり、みんな、古い知識を元に議論を進めてしまっている。難しいのは、これら古い知識のアップデートは、正しい知識を与えれば良いというわけではないと著者は指摘する。これらが理解されないのは、人間の本能的な部分が関連しており、その本能的な部分がどういったものかを教えてくれる本。

    良本。

  • 物心ついたときから経済が成熟した国に暮らしている現代人の必読書
    特に政治家、企業の役員、マスコミ、マーケター、投資家、フェイクニュースに騙されたくない人にはおすすめ

  • 評判どおりの良書だった。

全11件中 1 - 10件を表示

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣のその他の作品

ハンス・ロスリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
リンダ グラット...
中島 岳志
有効な右矢印 無効な右矢印

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする