世界「倒産」図鑑 波乱万丈25社でわかる失敗の理由

著者 :
  • 日経BP
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784822289973

作品紹介・あらすじ

■「倒産」は教訓と知恵の宝庫である

リーマン・ブラザーズ、エンロン、コダック、トイザラス、MGローバー、山一證券、そごう、タカタ……日米欧の25事例を徹底分析!

■なぜ一時代を築いた企業は破綻に至ったのか

良い会社かどうかを判断する時、我々は過去の実績や経営指標などのデータを重視します。しかし、数字だけでは見えないこともあります。
経営者も一人の人間であり、例えば急成長の後の油断や甘え、変化に対する焦り、恐れなどによって迷い、時には不正に手を染めてしまうことも……。
倒産に至る過程を、人間ゆえの弱さを軸に見ていくと、また新たな発見と気づきがあります。

■ 教訓満載!『世界「倒産」図鑑』25事例のラインナップ

Case01●そごう 「勝利の方程式」が逆回転して倒産
Case02●ポラロイド 「分析体質」が行き過ぎて倒産
Case03●MGローバー 非効率体質を改善できずに倒産
Case04●ゼネラルモーターズ 政府頼みの末に倒産
Case05●ブロックバスター 重要なタイミングを逃して倒産
Case06●コダック 希望的観測を抑え込めず倒産
Case07●トイザラス 新規事業の入り方を間違えて倒産
Case08●ウェスチングハウス 技術を過信して倒産
Case09●鈴木商店 事業意欲が先行し過ぎて倒産
Case10●ベアリングス銀行 不正取引にとどめを刺されて倒産
Case11●エンロン 「不正のトライアングル」に陥り倒産
Case12●ワールドコム 自転車操業の果てに倒産
Case13●三光汽船 ギャンブルに勝ち続けられず倒産
Case14●エルピーダメモリ 「業界のイス取りゲーム」に負けて倒産
Case15●山一證券 プロセスを軽視し過ぎて倒産
Case16●北海道拓殖銀行 焦りに追い立てられて倒産
Case17●千代田生命保険 見たいものしか見ずに倒産
Case18●リーマン・ブラザーズ リスクの正体をつかめず倒産
Case19●マイカル 風呂敷を畳み切れず倒産
Case20●NOVA 規律が効かな過ぎて倒産
Case21●林原 雑な経営管理により倒産
Case22●スカイマーク 攻め一辺倒が裏目で倒産
Case23●コンチネンタル航空 経営を単純化し過ぎて倒産
Case24●タカタ 経営者が現場を知らずに倒産
Case25●シアーズ 現場不在の経営により倒産

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カジュアルなタイトルですが、いわゆる失敗学の書籍です。25社の事例を大分類2つ小分類5項目に分類して、まとめられています。各事例末ごとに3要点程で、まとめが掛かれていて、ライトな内容で非常に読みやすいです。(集中すれば、2,3時間では読み終わる文量)

    非常にライトで、あっさりと読み終わるけども、咀嚼反芻して、何度も何度も読み直して、「自分が今陥っているミス」に気づくために良いな!と思いました。

  • 倒産理由を戦略とマネジメントと分けているが、そこでは分けられない。あまり上手い分け方になっていない。戦略での失敗はある程度仕方がない、そのリカバリーが大事だから。

    読んでいて釈然としない本。

    過去の成功に対する過信、わからないものを都合よく解釈する、すなわち謙虚さの喪失が本質だと思う。

    前半の戦略の方は流し読み、後半のみ読んだのでまとめ

    マネジメントの問題
    ◯山一
    ・株が上がればチャラにできると考えて損失を子会社に付け替える飛ばしの意思決定をしたこと。結果重視で逸脱したプロセス。
    ・1965年に危機に陥った時に政府の資金で救済、株が上がって完済という成功体験を引きずった。

    ◯北海道拓殖銀行
    ・バブル期低金利で貸出先が無い。新興企業へ融資。営業と審査の部門が一体化されており甘い審査体制
    ・焦りに対するリスク管理の甘さ。

    ◯千代田生命保険
    ・健全な審査機能を無くし、ガバナンスを形骸化させ、リスクある投資先に融資をしていく。

    ◯リーマン・ブラザーズ
    ・複雑で中身のわからない金融商品を、みんなが儲かっていたからと投資した。
    ・誰かが考えているだろう、グループシンク(集団浅慮)

    ◯NOVA
    ・前金ビジネスが故キャッシュフローは安定したが、獲得顧客の満足度を高める努力を怠った(講師数が足りず予約できない問題)
    ・規律のなさ。顧客価値に関係ない豪華な設備、堕落のサイン

    ◯林原
    ・いざとなったら不動産という絶対的自信から来る雑な経営管理。経理のブラックボックス化、社長は財務諸表を全くみていない。
    ・不正会計して銀行から融資を得ていた。

    ◯コンチネンタル航空
    ・コストカットで短期的利益を追求し、企業価値を上げて次の買収へ。実態は内部崩。従業員のモチベーションと労組との関係が最悪。
    ・極度の単純化、これさえやれば結果が出るという傲慢さ、全能感

    ◯タカタ
    ・大規模リコール、インフレーターから金属片が飛散する。04年にホンダから報告されたのに検証を怠った。08ホンダリコール、14年アメリカ公聴会、その後全米リコールを飲まされ、1兆円以上の負債で倒産。
    ・社長は最後まで品質責任を認めなかった。
    ・設計日本と生産北米の距離、品質管理ができていない。
    ・オーナーの強権、役員でも反論できない。

    ◯シアーズ
    ・なってはいけないCEOランパード。出社は年一株主総会、億万長者の隠れ家からテレビ会議で部下のデータの不具合を問い詰める日々。現場を知らない経営者

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

株式会社学びデザイン 代表取締役社長株式会社フライヤー 取締役COO1975年生まれ。1998年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、住友商事入社、人材育成に関わる。2003年、グロービスに入社。法人向けコンサルティング業務を経て、グロービス経営大学院でオンラインMBAの立ち上げや特設キャンパスのマネジメントに携わる。2015年、グロービス経営大学院副研究科長に就任。2018年、グロービスを退社後、株式会社学びデザインを設立し、代表取締役に就任。書籍要約サービスのフライヤー取締役COOも務める。著書に『ストーリーで学ぶ戦略思考入門』(ダイヤモンド社)、『見るだけでわかる!ビジネス書図鑑』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

「2019年 『世界「倒産」図鑑  波乱万丈25社でわかる失敗の理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木博行の作品

世界「倒産」図鑑 波乱万丈25社でわかる失敗の理由を本棚に登録しているひと

ツイートする