地図の記号論―方法としての地図論の試み

  • 批評社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784826501101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出版社/著者からの内容紹介
    地図とは何か? 地図は立体的な多層空間を一枚の平面に置き換え、無限の想像世界を可能にする。地図の想像世界と実用世界が交錯する空間を様々な角度から解読する地図論の新展開。
    目次
    地図をかさねる―地図論への視座 津野海太郎 /上野―復興日本の原点 永野恒雄/燃えつきた地図のはざまに 野崎六助/李朝時代の古代世界地図 田中勝也/地図の恣意性―デマゴギーについて 塩見鮮一朗/「地図論」

  • 地図には恣意性やコード、コードからの逸脱が深く関係している。縮尺・記号の使い方・道幅の設定・等高線の処理・色彩の選び方などは、地図作成者の恣意性に委ねられているので、地図も一種の表現手段だと考えられる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1938年岡山県生まれ。作家。河出書房新社編集部を経て著述業に。主な著書に『浅草弾左衛門』『車善七』『江戸東京を歩く 宿場』『弾左衛門の謎』『異形にされた人たち』『乞胸 江戸の辻芸人』『吉原という異界』等。

「2018年 『最後の弾左衛門 十三代の維新』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩見鮮一郎の作品

地図の記号論―方法としての地図論の試みを本棚に登録しているひと

ツイートする