統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

  • 白揚社
3.56
  • (7)
  • (10)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 287
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784826901116

作品紹介・あらすじ

ニュース、世論調査、政治家の演説…なぜインチキな数字がこんなにもはびこるのか。どうすれば見抜けるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いかに統計が人を欺くかについて例を挙げながら説明しています。内容は全く難しくないです。常々、この統計ってあやしいなあ、と思うことも多い天邪鬼なところがあったので、内容には全く同意です。その分、驚きや新鮮さは少なくなっているのかもしれません。

    これを読むと、子供の学力や住みやすさやらの国別ランキングとか、ニートやホームレスの数とか周りには統計数値が溢れていますが、鵜呑みにしちゃいかんなと改めて思った次第です。

    続編が出ていますが、読むかどうか微妙なところです。

  • 数字マジック
    大抵の人は数字オンチなので、数字を出されると「正しいんだろう」と信じてしまう。
    メディアに出されたものは誰か権威のある人による検証をされているもの、という思い込みが助長する。
    この本に書かれている読み方を実践できなくても、どのように「誤った数値が一人歩きするか」を知っておいて、損はない。

    質問の仕方ひとつで、統計は操作出来る。
    使用者に都合のいいところだけ、使うことも出来る。
    統計がどのようにして計測されているのか。
    どうやって、誰が、作ったのか。
    引用されていて出典もとが別であるならば、出典もとは信用出来る数値を出しているのか。
    そういうことを、例示して、見るべきポイントをわかりやすく解説。


    ポイントを列記した箇処を抜き書きすると。

    数字の出所はどこか
    どうやってこの数字を出したのか
    この数字を出したのは誰で、どんな利害があるのか
    計測時のキーワードは、どのような定義か(広いのか、狭いのかなど)
    どのような計測方法があって、どれが選ばれたのか
    統計の母数はどれくらいか(何人への調査?)
    どのようなサンプルが集められたのか(人種、性別、年齢、職業等)
    適切なサンプルか
    競合する統計があるか(比較対象の有無)
    競合(ニアリーイコール)対立する統計があるなら、そちらを用いるひとたちはどのような利害があるか




    この本は「統計」の本なので書かれていないけれど、「平均値」も、トリックのひとつ。
    平均ではなく、頻出数値があればそちらも確認したいもの。
    「分布」という。

    たとえば、ある部屋に集められた人、10人の平均年齢が35歳だったとする。
    「30代~40代が多い」とは、決まっていない。

    10歳以前と、70歳代の人だけ10人集めても、平均年齢35歳に出来る。
    この場合、年齢分布を知らなければ、正しい状況がわからない。
    30代~40代が多くて35歳ならば、それは頻出だが、そうでないなら、「都合のいい数値」にして、見る人に提供している恐れがある。

  • 社会統計に対するリテラシーを身につけるために読む本だ。

    本書では主に以下のことが述べられている。

    統計には必ず目的があること、
    社会問題と社会政策をめぐる政治闘争の武器になること、
    社会についての知識は物理学の知識と比べ、ソフトファクトであること、
    暗数について、
    活動家は事実を誇張する傾向があり、数字を大きく見積もること、ある数字がひとたび受け入れられ、受け売りされることで既成事実化する(ナンバーロンダリング)、
    統計を算出した個人が自らの自尊心により、新たな統計から自分の統計を擁護する傾向にあること、
    定義の広さによって数字が上下すること、
    標本は概して母集団より小さいこと、
    多くは無作為標本とはほど遠い標本に基づいていること、
    統計はしばしば改変されること、
    社会統計を解釈する際、分析者が統計に与える意味は分析者のイデオロギーによって決まること


    本書がこの種の本で一級品のものかはわからないが、文章はわかりやすく、信頼が置けそうな印象だ。

  • 統計は社会問題と社会をめぐる政治闘争の武器となる。社会についての情報は政府が賢明な政策を立案するうえで屋k脱客観性を重視するようになった。数量化によって研究のち密さを高め、多くの情報おw要約することができた。やがて社会研究は理論亭な面gあ小さくなり、定量的な面が大きくなっていった。

  • 2017.09.09 Dainさん

  • 統計リテラシーを高めるための入門書。統計についての数学的な説明はない。統計が意図して、あるいは意図せずに違った結論を論者に出させる。批判的に統計を見る目を養うことが大切だと感じた。

  • 世に溢れる統計が何もかも信頼できるものではないという本。何かの意見を裏付けるために出された統計は、その論者の意見を出すために導き出された(捏造とは言わないにしても)ものの可能性が大きいということ。 とりあえず疑ってかからないといけないというのは分かったけど、何もかも裏取って確認するのは無理がある。だから少なくとも鵜呑みにしないっていう姿勢が重要なのだと思う

  • 社会問題を作り出す活動家による数字の歪み。
    リンゴとオレンジを比べること、、、自分の仕事にも言えることだし、普段の情報のとりかたにも参考になる内容

  • 和訳なので読みにくいが、内容は面白い。
    社会調査の嘘に似ている。というか、言いたいことは同じ。

  • 統計は人が作る。その意図は何か。当て推量、怪しい定義、突然変異、不適切な比較はないか。自分を擁護する意見には無批判になりがち。注意せよ。

全21件中 1 - 10件を表示

ジョエル・ベストの作品

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする