自覚と悟りへの道―ノイローゼに悩む人々のために

著者 :
  • 白揚社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784826970105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 強迫観念(考える心)が神経症という心の病気になる様々な事例が載っている。強迫観念は強迫観念として、恐怖は恐怖として、あるがままに受け入れること(感じる心)が大切。神経症患者は病人として扱うのではなく、健康人として扱うこと。現実(事実)と理想(観念)の心の葛藤が病理に発展する。

  • 迷いの中の是非は是非ともに非。

    自分の心の「あるがまま」を受け入れながら、自覚をしていく森田療法は、心理学としても生き方や人生観としても含蓄深いものがある。

    「ある脅迫観念者の告白」に共感するものがあった。

    開き直りは大切。


    昔の本のため差別用語などあるが、神経症への向き合い方は現代にこそ通用すると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

森田正馬の作品

自覚と悟りへの道―ノイローゼに悩む人々のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする
×