新版 自覚と悟りへの道―神経質に悩む人のために

著者 :
制作 : 水谷啓二 
  • 白揚社
4.25
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784826971416

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 事実唯真。自然に服従し、境遇に従順であれ。気分本位。はからい。心機一転。啐啄同時。なりきる。とらわれ。森田正馬の人柄と教養が伝わってくる一冊。

  • 日本で独自の神経症治療を試みた森田正馬、その元患者たちとの座談会をまとめたものが本書である。
    この本では神経症の治療過程が述べられているわけではない。この座談会では神経質の症状や人生について様々なことが話題に上がる。その応答は、師匠と弟子とでもいえるような関係のなかで行われ、人生観に係る内容の「教育」も行われるのだから、二重の意味で「先生」を囲む会になっている。精神疾患について学んでいくと、こういう宗教的ともいえるような団体の話がでてくる。アルコール依存症にとってのAAや断酒会はその中でももっとも代表的なものだろう。
    この本が最初に出版されたのが1959年だが、戦前、戦中をとおして強迫神経症や不安障害の治療団体が日本でできていたことは興味深かった。

  • 森田先生と患者(というより最早弟子)の対話集。
    宗教のようでもあるが宗教ではない。
    ほとんど禅問答。
    読んでいて、感覚的に掴みかける部分もあるが、するするっと逃げていくような感覚はまさに禅問答。
    神経質症の人は何か掴めるものがあるかもしれないから、読むべし。
    しかし、この本って昭和34年に書かれたものだから、時代は変わっても人間の悩みは不変なんだな、と思った。

  • あるがままに。

    祖父の蔵書に、森田正馬全集がある。

    紐解く、気になった、少しだけど。

全4件中 1 - 4件を表示

森田正馬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
リンダ グラット...
マルクスアウレー...
ミヒャエル・エン...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×