ディズニーランド―お客様を感動させる魔法の接客サービス

著者 :
  • ぱる出版
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827201826

作品紹介・あらすじ

クセになる"感動マーケティング"が爆発的なリピート力を引き起こす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のディズニーランドを筆頭に、旭川動物園やドンキホーテ等 「成功」している会社をを例にとって、その集客・接客の戦略をあげている。

    文章は読みやすいけれど、似通った内容が繰り返されるし ある程度企業戦略について調べたことのある人にとっては目新しさが無いかも。
    入門書としては使いやすい

  • 内容は想像してたのとは結構違った感じ。
    マーケティングの本にすごく近い。

    サービス内容がどーこー言うんでなくて、ディズニーランドの集客能力がどれくらいすごいことなのかって言う事を他業種の実データを元に比較説明してた。

    データ本としては為になる。
    一例を挙げちゃうと、ディズニーランドの集客は年間2600万人。
    それに比較してプロ野球が1シーズンの集客が年間2400万人。

    同等の集客数なんだけど、プロ野球は全国の球場で開催されているのに対して、ディズニーランドは舞浜一箇所でこの集客。やっぱすごい。

  • ディズニーランドから学ぶ
    コミュニケーション技術

    常に未完成の状態、
    完璧を追い求め、成長を続ける

    驚きと感動を与える


    その姿勢はわたしたち福祉職が
    学ぶところです。

  • あれ?タイトルから考えて、接客サービスに関する本かと思ってたんですが、なんか9割がそれ以外の話(企画とかマーケティングとか)だった…

  • 飲食店とディズニーランド。あまり共通点がないように思われるかも知れませんが、ディズニーランドの接客術は飲食店においても勉強させられることがいっぱいあります。どちらもお客様にたのしんでいただく意味では同じですからね。

全5件中 1 - 5件を表示

河野英俊の作品

ツイートする