東大の先生が実践する確率思考のコツ

著者 :
  • ぱる出版
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827205374

作品紹介・あらすじ

「n人の中から最適な結婚相手を選ぶ方法は?」直観を大切にして生きたい人にこそオススメしたい「わからない部分」と「わからないなりにわかる部分」に状況を整理するテクニック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 統計家の西内氏本。
    人生の意思決定の際に確率的な思考を使うことで、客観的で冷静な判断を行うことができる。

    要約すると以下のような内容。
     人間の直観はあてにならず、しばしば誤り、結果として損をすることにつながる。モンティーホール問題や、メンタルアカウントなど。
     自分が見ている情報はその時の時流や生存バイスなど常に偏る可能性がある。バイアスがかかっていることを疑うべき。
     モデルを仮定することで未知の問題に対しても大まかな推測をすることが可能。フェルミ推定
     検定における推定
     幅を考えることによるリスクの可視化

    西内氏の本にしては数式があまりなく(あっても小学生レベル)、数学が苦手でもすいすいよみすめられる。

    確率や統計が日常的にどのように使われるかを知る意味でこれらを勉強する傍らにちょっと読んでおくと勉強が楽しくなるかも。

  • 風邪 ウイルスが原因、自己管理が悪い→膨大なウイルス、万能なライフスタイルはない

    確率を知って行動①後悔をなくす→最良だとおもってチャレンジ→失敗しても自分の価値を損なわない②不安をなくす→ベストを尽くし確率的に起り得る失敗→状況を整理すれば不安を覚える必要はない

    モンティホール問題

    犯罪者の98%が食べていた→ご飯が該当 ニュースの一面だけの話

    心の会計 出所によってお金の使い方を変えてしまう 高い買い物では金額差が気にならない 臨時収入でつい買い物☆株高になったとき

    定期預金をしながら家のローン☆=バカ→自分で計算すること
    人は数字以上の意味をラべリング 学資ローンを取り崩すなんてとんでもない!→×
    あぶく銭が入ったときに無駄使い→同じ1万円だと思うこと

    お金に対する直感的な理解がお金という数字と離れてしまう→確率への不理解ともあいまって人はお金で失敗

    海外で「有名な日本人は?」→松井、中田…→アンケートがニューヨークやローマで実施していただけ
    情報を真実から遠ざける偏り=バイアス

    テレビゲームはバカになる説→母親に都合がいいから
    ソニータイマー 毎年新製品を発売しているのである意味当たり前 ささいな故障も気にする人が出てしまう チャレンジングな製品である限り少しは故障がしやすい

    木を見て森を見ず→確率思考 木が見えなくても森が見える。

    シカゴにピアノの調律師は何人か?

    モデル①全人口×熱心な演奏者の割合
     熱心なピアノ演奏者×調律の頻度×調律料=シカゴ全体のピアノ調律料
     シカゴのピアノ調律料×利益率=平均年収×調律師の人数

    細かくモデル化
    全人口で熱心なピアノ練習者=小中学生の割合×小中学生のピアノ練習者+全人口で高校生以上の割合×そのピアノ練習者の割合

    平均寿命75歳 各年代とも1%の人口 少子化のため小中学生に×0.8
    クラスで1,2人はピアノを熱心に練習
    9/75*0.8*1.5/40+48/75*1/100=1/100
    シカゴの人口300万人→熱心は演奏者=3万人

    熱心なピアノ演奏者(3万人)×調律の頻度(1)×調律料(1.5万円)=シカゴ全体のピアノ調律料(4.5億円)
    シカゴのピアノ調律料(4.5億円)×利益率(0.8)=平均年収(400万円)×調律師の人数
    調律師の数=90人

    いつ結婚すべきなのか?
    自分は生涯n人の結婚対象相手と出会う→最初に出会う3分の1とは結婚せずそれ以後現われたこれまでで最良の人へプロポーズすること
    残り3分の1になったらこれまでで2番目以内の相手だと思ってもプロポーズしないと誰とも結婚できなくなる。

    霊、UFO→科学的にあり得ないと切り捨てたくない 科学では割り切れないと逃げの姿勢をとることが残念
    霊感に頼らなくてもある程度未来は予測可能→気象、心理学、コミュニケーション

    可能性を見える化すること→目的意識

    ナンバーズの必勝法→ほぼデタラメ ×偶数が続いたので今度は奇数
    買われていない数字は配当が大きくなる→キャリーオーバーした回の数字と同じ買い方→同じ数字はないだろう…間違い、関係なし

    民間の保険会社の保険は加入すべきでない
    30代0.5%死亡 年間10万円の保険、死亡時に1,000万円
    10万人加入していたら500人死亡
    1人当たり5万円の黒字
    保険を売るセールスマン=最悪の想定 残された家族は?子どもにそんなに教育費がかかるのか?

  • 自分の直感を現実とのズレを把握
    ⇒客観的なデータを収集できること

    自分の不正確さを認識して、より間違えの少ない決定ができるようになること。

    確率思考によって、不安と後悔をなくす。メンタルを良い方向に。確率によって、最良な選択をする。それによって失敗しても自分の価値を損なわない。また、不安を覚えることもない。

    信じる前にバイアスを考えること。
    その情報が出た背景や思惑も考えること。

  • なんとな~くわかったような
    コツってわけだから完全に理解する必要はないんだよね。うん、
    わからないなりに検討を付けるってことが大切なんだよ。

  • ほとんどの内容が基礎の基礎。
    7章くらいからちょっと新しい内容に踏み込んでいて面白かった。

    ちょとひっかかったのは、
    「努力は必ず実るとは限らない。だから人生は面白い」
    という最後のメッセージ。
    このメッセージ自体は圧倒的に正しいし僕も共感するのだけど、一方で思うのは
    「こういう類のメッセージが吐けるのは、基本、著者が強者だからだよなあ」
    ってこと。

    もう切羽詰っている「弱者」に、このメッセージは響かないだろうし、たぶん呪いの言葉のように残酷なものなんじゃないか、と思う。
    なにがしかのメッセージを発するとき、「何を発するか」よりも、「誰が、誰に対して発するか」の方が重要なんだよな、と、本の趣旨とはまったく違うところで納得していたりするのである。

  • 信頼区間や有意度のことをかみ砕いて説明した本を探していて、工学系の確率統計分野の本が並んだ本屋の書棚で、たまたま、肩の力の抜けたいい本に出会った。


    探していた内容は
    ・”わからないなりに目星をつけよう〜「推定」の話”
    ・”わからないなりに白黒つけよう〜「検定」の話”
    の章が一番近かった。統計学という視点で専門的には述べられておらず、実践的ではないけれど、「ああそういうことなのか」という考え方をざっくり知りたいときには、最適な内容に思える。


    本文のレイアウトは「日経ビジネスアソシエ」に近い。読みやすさを重視しているようで、いろんな人に読んでもらおうか、というスタンスが現れているようにも感じる。確率なんて何の関係もない生活を送っている、と思っている人に「こういう考え方は意外と身近にあるんですよ」と伝えたい内容になっていると思う。

  • 入門書。考え方の大きな枠は分かったけど、実践までいかない。

  • 「確率思考のコツ」というよりも、「漠然とした不安や後悔のない人生を送るための確率思考」というような内容で、自己啓発本のように感じました。図書館などでサクッと読むには程よいと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1981年、兵庫県生まれ。統計家。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバードがん研究センター客員研究員を経て、2014年11月に株式会社データビークル創業。自身のノウハウを活かしたデータ分析支援ツール「Data Diver」などの開発・販売と、官民のデータ活用プロジェクト支援に従事。著書に『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)、『1億人のための統計解析』(日経BP社)など。

「2017年 『ベストセラーコード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東大の先生が実践する確率思考のコツのその他の作品

西内啓の作品

東大の先生が実践する確率思考のコツを本棚に登録しているひと

ツイートする