手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資

著者 :
  • ぱる出版
3.50
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827206647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • IRR推進派の意見本

    著者のほかの本と違い賃貸統計データベースも付いている
    2019年版に更新されているかわからないが(まだ見ていないため)、考え方のヒント集めとして参考にしようと思う

    全てを数字に置き換え、簡潔明瞭にすることが投資において失敗しないコツであるのは間違いない。

    しかし、未来が見えない以上、どんな投資手法も自分自身を言い聞かせる材料にしかならないことは理解しておいた方がいい。

  • IRR=内部収益率

    NOI利回り=経費を引いた利回り。減価償却は考慮しない。

  • 不動産投資を始める前に出会っておきたかった一冊です。
    要は「投資」なのだということを教えてくれます。セールストークの「ローンが払い終わったら悠々自適の生活が待ってます」とかどうでもよく、投資としてどう計画して評価しなければならないかを学ぶことができます。

  • いろいろ、きちんと調査して、しっかりと腰を据えないと
    不動産投資は難しい。
    ということがよくわかる。
    勘では、難しいということだ!

  •  統計的な不動産投資術という感じでしょうか。実用性が高くバランスも悪くない。おまけのエクセルシートがどれくらい使えるかはこれから試してみます。今後も参照するという意味で★は5つにしておきました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

玉川 陽介(タマガワ ヨウスケ)
コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役
1978年、神奈川県生まれ。学習院大学卒業。コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役。
大学在学中に統計データ処理受託の会社を設立。同社を毎年増収増益で成長させ、2006年にM&Aで上場会社に売却。その資金で本格的に不動産投資を始める。
現在は、都心を中心に多数の投資物件を保有し、宅建業者として売買仲介も手がける傍ら、『週刊ダイヤモンド』など経済誌への記事執筆も行っている。
著書に『手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資』『勝者1%の超富裕層に学ぶ「海外投資」7つの方法』(共にぱる出版)がある。


「2013年 『不動産投資 1年目の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

玉川陽介の作品

手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資を本棚に登録しているひと

ツイートする