人生を変える!「コーチング脳」のつくり方

著者 :
  • ぱる出版
4.02
  • (21)
  • (13)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 549
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827212785

作品紹介・あらすじ

プロコーチ養成スクールで一数多くの優秀なコーチを輩出する主任講師が教える「コーチングの教科書」。YouTubeチャンネル登録者1万1400人、動画再生回数は465万回以上!コーチングの根本にある考え方と基本的なスキルを解説し、前向きに生きる勇気を与える内容を網羅。学生からビジネスパーソン、企業のマネージャーや、コーチ、カウンセラー、教師、弁護士、社労士までマネジメントや対人支援に携わる人に役立つ1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 思ったよりも読みにくかった。
    サラッと読むより、ワークなどでイメージを膨らませながら取り組むのが適していると思う。

    他の方も言っているが、例として挙げられるクライアントとのやりとりが、やや芝居がかって見えた。講演みたいな内容。もう少し苦労話があっても良さそうな気がするが、そこはコーチのコーチとして、見せられないところなのかもしれない。

    アドラーを知っているのならば、上記のように実践編として捉えるのが良いと思う。

  • 他人のコーチングの前に、自分をコーチングすることの重要性


    ●私が考えるこの本の結論
    ・会社では応用しない方が良いとの記載があり、
     途中からは流すように見てしまった。
     しかし、「自分をもっと深掘る」ことをまずしなければいけないと気づいた。
     加えてアドラー心理学の大切さにも気づいた。

    ①この本を読んだ目的
    ・マネジメントがあまり上手く行っていないと感じているため。
     ("1on1 ミーティング"や"課長2.0"で学んだことを実践はしているのだが...)

    ②学んだこと
    ・「何を目標にしたい?」「どうすればできると思う?」のような質問型で攻める
    ・アドラー心理学では、「人は望んだ通りになる」と考える
    ・より自分を幸せにしやすい「考え方」や「行動」を採用した方が幸せ
    ・自分の行動だけが、望む未来に近づくことができる

    ★アドラー心理学では、「メンバーに言う通りにやらせよう」として「イライラして見せている」と考えるのです。
     意識的に「イライラ」していたわけではありませんが、
     これまでの経験に基づき無意識的に「イライラ」することを選択していたのです。
    →何か原因があるから、感情や行動が起こるという考え方を「原因論」と言う。

    ★GROWモデル
    Goal(ゴール) 「具体的にどんな状態になることを目指したい?」「それは何のため?」
    Reality(現状) 「いますでにできていることは?」「ゴールと現状では、何が違う?」
    Options(選択肢) 「ギャップを埋めるためには、どんなやり方がある?」「ほかの人ならどうするだろう?」
    Will(意思決定) 「どのやり方を選択する?」「具体的に何から始める?」

    ★SMARTゴール(上記GROWモデルと組み合わせたい)
    Specific 具体的である
    Measurable 数値化されている
    Achievable 達成の可能性がある
    Relevant 目的と関連している
    Timed 期限が決まっている

    ★話を聴くだけでなく、「引き出す」ために工夫すること
    ・「個人の中に矛盾や葛藤は無い」ことを「全体論」

    ・定期的に自己理解を深め、目標を設定し直し、取り組み方を見直すことで、
     より自分の人生を生きようとしているのです。
    →自分の人生の生きている度合いを上げる!

    ③読書からのアクションプラン
    ★アドラー心理学学んでみる
    └ 全体論、原因論、、、
    ・質問型1on1(最近どう?は良くない)
    ・1on1の前にマネジメント系の書評読み直す
    ・GROWモデルを1on1に取り入れてみる
    ・話を引き出すことを1on1で取り入れる
    ・1on1ではよりコーチングを意識し、報告を受けるだけではなく、
     こちら側の問いかけによってクライアントがゴールやアクションプランについて考える場にする。

  • 自分がいるだけで、周りの人たちのモチベーションが上がり、みんなが楽しく幸せになる、なんて素敵すぎて、そんなかかわり合いができる自分になりたく読みはじめた本。

  • コーチングって自己啓発やカウンセリングと何が違んだろう?と思い読みはじめた本。

    「コーチングはコーチとクライアントとの対話ではなく、クライアントの自分自身の対話だ」
    という一文が核心をついているような気がする。

    そして、徹底した未来・目的志向。
    人ってついつい原因を探しがちだから、そこに向かうエネルギーを未来に向けられるだけでも意識や行動が変わるのかなと思った。「過去や現在は人生に影響を与えているけれども、人生の結末を決定するものではない」

    とくに、コーチングの基本モデルが参考になる。質問例も豊富で、日常の家族との対話から仕事でのチームビルディングなど、あらゆるコミュニケーションの場面で使えそうな要素がたくさん詰まっていた。

    あとは実践あるのみ!

  • 思ったより読みにくく200頁で読むのをやめた。
    「コーチングとは、コーチとクライアントとの対話ではなく、クライアントの自己対話である」がこの本の主旨ではないか。もっと簡単な内容で図を活用するなど読みやすく何度も反復できる本にした方が良い。キャリア教育の内容も入っており、学術的な印象。

  • コーチングは大切な考え方だとわかった。
    自分は、この考え方をもとにいろいろな人に接していきたい。

    色々なコーチングのテクニックも載っている。

    アドラーの心理学ももう一度、学びたいと思った。

  • アドラー心理学をもとにしたコーチングの解説本。
    読んでいて少しダレたかな。もっと簡潔にまとめると読みやすいかも。

  • 良書。とても良かった。コーチングのhow-to的な内容を期待するとコレじゃない感があるかもしれないけれど、そもそもコーチング自体、小手先のテクニックでできるものではないですよね。これから学ぼうとする人や、人との関わり方、自分の在り方を見つめ直したい人などには非常にオススメ。内容自体は決して目新しいものではなく、GROWモデルやマズローの欲求階層など、既知のものも多いですが、一読の価値あり。アドラー心理学に基づく考えも、要点を掴みやすいです。臨場感があり、ちょっと感動すらします。

  • コーチングは本だけで勉強するのは限界があるので実践が大切。コーチングを一通り習ったヒトが復習がてら本書を読むとすっと腹落ちする内容で、やり方はもちろん在り方を思い出すことが出来ます。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50265919

    プロコーチ養成スクールで1800人以上もの優秀なコーチを輩出する主任講師が教える「コーチングの教科書」。(生命融合科学分野 大塚正人先生推薦)

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮越大樹(みやこし・だいじゅ)
株式会社アナザーヒストリー、取締役・主任講師。2005年会社員時代にコーチングに出会ってチームマネジメントに開眼。2010年には『プロコーチ養成スクール』を開校し1,800人以上のコーチを輩出。登録者数1万1,400人のYouTube『プロコーチチャンネル』も465万回再生と人気(共に2021年3月現在)。アドラー心理学や人間性心理学を背景にした解説や、NLPなどを応用したダイナミックなコーチングのデモンストレーションには定評がある。

「2021年 『人生を変える!「コーチング脳」のつくり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮越大樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×