儀式でうたうやまと歌 木簡に書き琴を奏でる (はなわ新書84)

著者 :
  • 塙書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827340846

作品紹介・あらすじ

大和の丘に響く和琴と歌声
大型の木簡に書かれた歌句を琴で伴奏して日本語の歌をうたう

五七の句を繰り返すやまと歌は、七世紀に儀式の音楽として生まれ、木簡に書いて飾り、祈りを込めて和琴の響きとともにうたった。
日本語の歌と儀式とのかかわりを中心として「和歌以前」の姿を描き出す。

著者プロフィール

1948年愛知県生まれ。
東京教育大学大学院博士課程単位取得退学。
博士(言語学)。
美夫君志会理事。

「2017年 『儀式でうたうやまと歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

犬飼隆の作品

儀式でうたうやまと歌 木簡に書き琴を奏でる (はなわ新書84)を本棚に登録しているひと

ツイートする