ベビーブック―もの、こと、おはなし

著者 :
  • 角川SSコミュニケーションズ
3.56
  • (14)
  • (18)
  • (44)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827530162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供に全く関係がなかった独身時代に広告で見て、
    「かわいくて、長く使える本物を集めた本かな?」と
    気になっていた本。

    結婚し、出産してからこの本の事を思い出したものの
    タイトルが分からず読んでみたくて仕方なかった。

    でも、やっと見つけて読んでみて・・・
    正直ちょっとがっかり。

    確かに可愛い。確かに良いものも多い。
    だけど、5ケタの金額の物が異様に多い。
    安価なミニマッシャーなんかはすでに使っていたし、
    あまり参考にならなかった。

    出産前にわくわくする気持ちを高めるためには
    良いかもしれないけど・・・読む人の考え方で、
    評価が大きく分かれる本だと思う。

  • 可愛くて、実用的で、長く使えそうなものがいろいろと紹介されています。
    子供が生まれたら、と夢の膨らむ一冊ですが、紹介されているものを買うかとなると、微妙です。
    高価だなと思うものが多かったので。
    ただ、モビールやミニマッシャー、蓋付きゴミ箱などは買い揃えてみようと思いました。

  • かわいい写真とちょこっと文章があっておしゃれな本だった。妊娠や子育てに夢がもてるというか、「楽しみ!」と思えそう。出てるものがちょっとおしゃれすぎて、庶民にはちょっと・・・。と言う感じもあるが(笑)
    でも、小さなマッシャーとか(離乳食つくりとかに使う)、離乳食用に大物を買い込まなくてもこれでいいよな、スプーンでつぶすのも食材が逃げてめんどくさそうだし、ちょうどいいよな、とか思った。

  • これいいな、これ欲しいな。と思うものが見つかる。
    出産祝いを探すにも便利な一冊。

  • この本の写真をとっていらっしゃる、
    写真家の方が好きだったので、買いました。

    こどものものって、小さくて可愛い。

    使えないのに、見ているとほしくなります。
    外国のものでも、日本のものでも。
    こどもを大切に、愛おしく思う気持ちはおなじなんだなあ、と。

  • 妊婦の時にワクドキしながら読んだ。

  • ベビーのものでも長く使えるものを紹介してくれています。とても素敵なものばかり。
    作者が「おわりに」に書いている言葉もうんうんわかるーと子供を産んで初めてわかる気持ちにも共感。産まれる前も産まれてからもベビーグッズを買うときは、すごく考えて考えて購入してしまうものです。この本はそのひとつの参考にもなります。

  • 伊藤まさこさんらしいセレクトがいっぱい詰まった本です。

  • 自分が妊娠したらやっぱり欲しくなって買った本です。柔らかい雰囲気でなごみます。

  • 「赤ちゃん用品」の認識がかわりました

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年横浜生まれ。
料理や雑貨など暮らしまわりのスタイリストとして雑誌や書籍で活躍。
自他ともに認める食いしん坊。
おいしいものを探して、日本の各地、海外へと飛び回っている。
著書に『ザ・まさこスタイル』『白いもの』『おべんと探訪記』(マガジンハウス)などがある。

「2019年 『フルーツパトロール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤まさこの作品

ツイートする