落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)

著者 :
  • 角川SSコミュニケーションズ
3.25
  • (6)
  • (30)
  • (55)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 298
感想 : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784827550535

作品紹介・あらすじ

落語家が高座に上がるまでにやっていること、高座の上で考えていることを、自らをモデルに明かす。タイトルの「落語家はなぜ噺を忘れないのか」に始まり、「どうやって噺を面白くするのか」「どんな噺が難しいのか」等々、落語にまつわる創意工夫を公開。あまり明かされることのない、落語家の頭の中、手の内を見せる。祖父であり、人間国宝ともなった五代目柳家小さんからの教えも随所に登場。柳家一門および一門を超えて受け継がれていく落語の伝承が感じられる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 題名はかなりミスリーディング。

    花緑氏の落語論。

    噺の具体的な覚え方を知りたかったので、How To 要素はほとんど無かったのは残念…



  • 自己啓発
    思索

  • <a href=\"http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081125/178213/\">30分のネタを4分半にするには〜『落語家はなぜ噺を忘れないのか』 柳家花緑著(評:朝山実):NBonline(日経ビジネス オンライン)</a>

  • 落語に向き合う姿勢、高座の上で何を考えてるのか。同じ噺でも、噺家が違えば雰囲気が変わってしまうこと。また重ねた人生でも変わっていくこと。落語を聞きたい。

  • 著者の落語人生と落語に対する様々な思いが詰まった本。
    読むと落語が聞きたくなる。
    ちなみに著者は噺をイメージで覚えているので忘れない模様。他の落語家も同じだろうか。

  • タイトルはあまり関係なかった笑。
    持ちネタは何個あるのか、どういうジャンルなのか、どのようにネタを増やすのか。
    こうした、落語を聞く中での疑問が解消された。

    面白くすぐ読めてしまった。本を読んでいるというよりは、落語家の話を聞いているような感覚。編集がうまいと思う。

  • 柳家小さんの孫、花緑が書いたエッセイ。まず、タイトルがいい。タイトルだけで買いたくなり、中身も分かりやすくていい。肝心の、「なぜ忘れないか」は結局のところよくわからないが、話の作り方、古典への寄り添いかた、はとても興味深く読めた。

  • 謎の書き込みに惹かれBOOKOFFで購入
    なぜ「2~5回さらえば高座にかけられるネタ」に追加書き込み?
    かなを振るのはいいけど時々間違ってる
    勝手にセリフを書き足したり
    なんなんだ

    花緑さんはとっても真面目そう
    …めんどくさそう(笑)
    今書いたら少し違うんじゃないかなどと思いつつ

  • 柳家花緑さんの『落語家はなぜ噺を忘れないか』読了。記憶術の本かと思いきや花緑さんの落語に対する姿勢の話が大半で興味深かった。花緑版『笠碁』全文収録。

  • ○落語家の柳谷花緑氏の著作。
    ○自身の落語家としての経歴や話の選び方、覚え方などを通じて、落語への向き合い方を紹介した作品。
    ○落語が「芸道」であるということがとてもよく分かった。

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年、東京都生まれ。9歳の頃から落語を始め、1994年に戦後最年少の22歳で真打に昇進。古典落語はもとより、劇作家による新作落語や、洋服に椅子というスタイルで口演する“同時代落語”にも積極的に取り組む。また子供むけの落語会への出演も多く、幅広い年代からの支持を得ている。趣味はピアノ、ダンス。近年では、読み書きが苦手である自身の経験を生かし、学習障害(LD)の社会的理解を深める講演会なども行っている。

「2020年 『もじをよむのが にがてなんです』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳家花緑の作品

ツイートする
×